SNOW WIND blog

我が愛車“PEUGEOT307SW”を中心に、日々のくらしを綴った日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

札幌を離れることになりました

2014-11-26 17:48:45 | 家族
晴天の霹靂ではありますが、このたび人事異動で札幌をはなれることになりました。

12年の札幌生活、いろいろあって楽しかったですが、ここいらで一度ピリオドを打つことになります。

いわゆる単身赴任ですが、奥様が運転するにはちょっと大きい車なので、おそらくプジョーは処分することになりそうです。
そういう訳でして、一度このブログも終了することにします。新しいブログは、また新年度から新しい形でお送りします。

新ブログが整いましたら、ブックマークの皆様にお知らせいたします。

長い間、ありがとうございました。また、どこかでお会いしましょう。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

今年度最終戦

2014-11-24 11:52:16 | 弓道
今年の弓道、最後の公式戦に出場してきました。

今回の試合は「職域対抗戦」。いわゆる実業団の試合に則った形式の試合でした。札幌在住の勤労者およびそのOBならば参加可能ということで、道場で参加希望者をを募っての参加でした。

この試合は、普通の試合とは少し違っています。一番の違いは「的」です。弓道には大まかに3種類のまとを使います。
  
一番左が「霞的」で、これが一般的です。真ん中が「星的」で、大学生ではこれを使います。そして右が「色的」で、今回使った的で実業団の試合で使用されます。

試合は得点制で黄色が10点、緑が7点、赤が5店、白が3点となっており、総得点で勝敗を決めます。一回で4射。これを今回は4回繰り返しました。
白に3本中っても黄色に1本中ったほうが得点が高いという形になるので、的中だけでは勝敗が決まらない、なかなか楽しいルールでもあります。

今回は、1-1-3-2 という的中でしたが、赤-白ー緑・赤・白ー赤・赤 と比較的真ん中のほうに中りましたので得点は良く、個人で入賞することが出来ました。

これで今年の公式試合は終了しました。これから冬のオフに入ります。来年度の公式戦は5月からになると思います。その間に、自分の射を見つめなおし、進化させていければと思います。来年は全道大会と札幌市の大会で入賞することを目標にします。がんばろっと。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アベノミクスは失敗だったのか?

2014-11-17 20:32:43 | 政治
ここのところよく「失敗だった」との意見が聞かれます。野党あたりがこぞって発言しています。揚げ足取りというとてもレベルの低いご意見だと思います。

「アベノミクスによって格差が生まれている」ということを盛んに喧伝していますが、まずはこれが大きな間違いです。格差を助長しているのは確かですが、格差を生んだのはもっと以前の政策です。お金が廻り始めたことで富裕層は潤ってきているのは確かです。この点では格差を助長していると言えなくもないですが、これまで停滞していた経済が廻り始めているということは紛れもない事実であり、これはアベノミクスの効果にほかなりません。

小泉時代に進んだ格差社会。それまで富裕層:中間層:低所得者層は3:4:3くらいの比率でした。しかしながら格差が進み二極分化が進んだことで、その比率は2:1:7くらいに変化しています。この比率の中で以前と同じような政策を行っても、低所得者層にはあまりメリットが生じません。世間の感覚は低所得者層に属する人たちの数が多いことから、今景気が良くなっていると体感できない人が多い理由はここにあります。

さて、それでは「失敗か」というとそうではありません。経済を廻さなければ、資金が循環しません。資金を循環させることには成功していると言ってよいでしょう。まだ道半ばなのだと言う事です。

これからの課題、これが一番難しいのですが、中間層にいかに富の分配を行うかということになります。低所得者層に落ちていった元中間層の人達を、再び中間層に引揚げること、これが景気浮揚策でもっとも大切なことです。一番お金を使う層に多く供給することで、景気の上昇が体感できるようになり、それがさらなる経済の活性化を生んで行きます。

これが出来るかどうか、これはこの政権に限った話ではありません。しかしながら民主党や公明党などは経済オンチの集団と思います。格差是正のためには万民に等しく分配することが必要という考えは、残念ながら経済をメインで考えるなら二流の考え方です。予算が潤沢ならばそれも可能でしょう。しかしながら景気の低迷で予算そのものが少ないとき、もっとも効率よく使える景気刺激策が何なのか、政治家はもっと頭をひねるべきでしょう。そして、批判を恐れずに実行すべきなのです。

安倍ちゃん、それが出来るか????
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

VAN

2014-11-10 21:53:09 | 服飾関係
VANという洋服のメーカーを知っている人は、いわゆる“アイビー”と呼ばれたファッションをよく知っている人だと思います。時代を創ったメーカーですが、いまは以前と比べると細々と「通」だけを相手にして商売を続けているように感じます。

札幌には、南1条にVANショップがありました。でもそれは閉店してしまいました。もう一軒、狸小路にある「T・C・BOX」というお店が北海道での唯一の路面店のようです。少し前にそのお店の存在を知り、ちょっと覗いて来ました。おもわずウキウキ、ニヤニヤしてしまいました。値段はそこそこ高価ですが、昔から好きだったアイビーの臭いがぷんぷんするファッションは、やっぱりいいなと思います。

で、三つボタン段返りのスーツをオーダーで注文しました。色はネイビーを選択。久しぶりのアイビーモデルです。出来上がりが楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NEW 308

2014-11-09 15:44:17 | peugeot
11/5に発売となった新しい308を見にディーラーへ行って来ました。プジョ-札幌南では、HBの試乗車が一台導入されていました。内覧会は今度の週末を予定しているとのことでそのときにはSWも展示車として導入されているとのこと。

早速、試乗させていただきました。


試乗車は上級車種のシエロでした。HBの全長は4,260mm、全幅は1,805mm、全高は1,470mmと旧308と比べると特に車高が低くなった印象。パッと見た感じのイメージはアウディA3のスポーツパックです。良く言えば上品。ワールドスタンダードを目指している表れとも言えます。悪く言うとプジョーらしさが無いというところでしょうか。

乗ってみて感じたのは、これまでよりもさらに上級化した雰囲気と乗り心地でしょうか。プジョーらしい足回りは試乗では体験出来ませんでしたが、いわゆる猫足という感じはしなかったです。とはいうもののガチガチに固い訳でもなく、その辺は上手く味付けされているように思いました。タイヤサイズが225/45/R17だったので、16インチを履くともう少し柔らかな印象になるかもしれません。

エンジンは1,200ccの3気筒ターボ。最高馬力は130psとのことで、動力スペックはまずますの感じです。3気筒のチープさは感じませんでした。ただ、スポーツモードになると排気音をスピーカーから増幅させて音を感じさせる機能が装備されていますが、これはかえってしらけるように感じましたね。マイナス部分を認識しているからこその演出だとは思いますが、ならば1,400ccとか4気筒にするとかそういった形にするべきじゃないかと思いました。


左側に250kmまで刻まれたスピードメーター。右側のトルクメーターは右から左へ針が回り、スピードメーターとあわせると外から内に針が動く形になっています。目が慣れるまで大変かも。

308は6速のトルコンATを採用しています。とてもしなやかで変速ショックは全く感じません。208のシングルクラッチセミATと比べるとやっぱりトルコンATのほうがいいですね。ツインクラッチを採用するかと思いましたがトルコンは意外でした。本音を言うと208や2008でもトルコンATを採用して欲しいですね。シングルクラッチも良い出来ですが、抜ける感じはやっぱり残念に思ってしまいます。

308はホイールが5穴になっています。これまで5穴というと605、607、407、508といったその当時の最上級機種にのみ採用されていました(407と607は被った時期があったかな?)。今回試乗してみて感じましたが、この308はこれまでの3シリーズよりも上級に位置する車になるようです。5穴という選択もおそらくはその辺を汲んでのことなのでしょう。ただ、これまでの3シリーズユーザーからみると、ホイールを流用できないのは非常に残念ですね。メーカー側としてはプジョーユーザーの乗換えは意識していないのかもしれません。新規顧客を捉えるための車なのでしょうね。パークアシストなどの新しい装備はまさにそれを感じさせます。

総じて良く出来た車だと思います。これで一番安価なグレードで2,790,000円。オプションは多少必要になると思いますが、価格的にはアウディA3あたりとは十分に勝負できると思います。

ただ、プジョーらしさという点では、やっぱり物足りない車かもしれません。アクが無い、よくできた優等生というのはドイツ系の車で十分ですし、どこかにフランス車の香りが欲しいところですね。SWも含めて、もう少しその辺を探ってみたいと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月度例会

2014-11-03 16:25:20 | 弓道
今月の例会は 1-1-0-1-1 の4中。結局は以前と変わらずでした。原因ですが・・・・外した矢のほとんどは的の9~10時方向にすれすれでハズレていました。離れの時に微妙に狙いがズレていくのか弓を捻り過ぎているのか、だいたいそんなところかと思います。弓を捻り過ぎるクセは以前から指摘されていて注意しながら引いているのですが・・・。

うまく調整していたつもりですが、まだまだのようです。難しいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イタリアワイン会(テヌータ サン ピエトロ社)

2014-11-03 14:36:58 | ワイン


先週、北イタリアはピエモンテのワイン生産者「テヌータ サン ピエトロ」のワイン会に行って来ました。レサンでイタリアワインの本格的なワイン会に出席するのは初めてかもしれません。
ピエモンテを代表する白ワインと言えば“ガヴィ”です。コルテーゼ種を使った酸と果実味のバランスがとても素敵なワインです。個人的にイタリアの白ワインでいちおしのワインでしたので、今回は楽しみにしていました。



生産者の輸出責任者の女性の方も来日されており、一週間掛けて日本各地で宣伝活動をされるとのことで、かなり力のこもった説明をされました。

ガヴィというワインを私が知ったのは、イタリア料理の本の中でした。まだ独身だったころに「パスタを美味しく作れるようになろうかなぁ」と思って購入した本のなかにあったのがこのワイン。で購入してみて飲んだところ、とても美味しいワインだと思いました。あれから20年ほど経ちますが、今でも美味しいワインの一つとして人に勧めるワインです。

今回はコルテーゼを中心に白3種、赤2種、プラスαでしたが、生産者としては「ウチはガヴィがメインですので、是非ともガヴィを飲んでください!」と売り込みがあったようにガヴィをとにかく飲んで欲しいという想いが感じられたワイン会でした。

あらためてガヴィの美味しさを実感したワイン会でした。札幌のワインショップでは沢山の種類のガヴィを見つけることは難しいです。もっと沢山の輸入商が注目して欲しいワインだと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

辞職したほうがいいのに

2014-10-30 16:16:47 | 政治
小渕氏「職務を全うする」(時事通信) - goo ニュース

まずは議員辞職したほうがいいと思います。野党もろくでもない人間ばっかりだし、政治家っていうのはみんなこんなレベル7なんだと思いますし・・・。

賄賂とかは関係ないので「お金に汚い」というレッテルは少なくとも貼られてはいないだろうし、一旦“みそぎ”を受けたほうがスッキリすると思うんだけどな。

任命責任とかいろいろ言われているけれど、野党にしても「どっちもどっち」の感があります。もっと大事なことを国会では論議して欲しいです。特に野党、あら捜しはうざいだけ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

50射会

2014-10-19 21:23:56 | 弓道
今日は道場での50射会の日でした。文字通り“50射”してその的中を競うものです。学生時代は毎日60本は当たり前に引いていたのに、今は週に二回で一回20本ほどしか引いていません。50射はなかなか厳しいものになると思っていました。
結果は25中。丁度半分でした。もう少し中るかと思っていましたが、まあ順当な感じかも。どうやら何となくですがつかめて来たようです。後はしっかりと狙ったとおりに離れが出せるかどうかといったところでしょうか。精進していかねば。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クライマックスシリーズ

2014-10-18 10:14:28 | スポーツ
日ハムファンを辞めると公言したので、あまり気にしていませんでしたが、第二ステージは今のところ五分の状態ですね。

シーズン中盤から、ハムは1番から4番の打者を固定しました。これで繋がりが生まれましたね。昨年から私が感じていた(ブログで発言もしていました)ダイカンを1番から外すこと、これにようやく気づいたアホ栗山。やや遅すぎの感があり3位となりましたが、本来なら2番手あたりには入れたはずです。

投手陣は若手が台頭。打者陣も若手が出てきましたし、なかなか良いチームになってきました。あとは選手層がもう少し厚くなれば、来年は期待できそうです。アホな采配さえ無ければですけど・・・。

クライマックスも正念場です。個人的予想ではハムは3勝までは行くけれど日本シリーズはSBだと思っています。順当ならば・・・・。最後の大失速がSBの運命をどう変えたのか、その辺が見ものです。

セリーグは阪神に分がありそうです。柱になる投手がいない巨人は厳しいですね。打の力で勝利をもぎ取れるのか?巨人の戦いに注目しましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加