junjunのはなまる日和&ネパール探訪

日本での日々の暮らし・・ とネパールへの行き来のこと、観光地・人々のこと、生活のことなど・・・。

“79歳の大冒険” の次・・・ 

2016-10-29 14:33:39 | ちょこっとお出かけ
 2016.10.28(金)

昨年の11月3日に  “79歳の大冒険” と題して歩き仲間の亀田さんがオペラのコンサートを開きましたが、今年はお仲間と3人でのコンサートです。

会場は去年と同じ、船橋市勤労市民センター大ホール。

昨年以上にたくさんの方がお見えになっていました。
 

こんなに素敵な緞帳があったなんて・・。 昨年の写真ファイルにはありませんでした。


少しズームしてみました。

緞帳はどこのものも素晴らしいものが多いですが、これもいいですね~!



14:00いよいよ開演です。

最初に出てきたバナナマン二人と長い布のヒラヒラしたダンス?に王様の出てきた場面は意味が分からず写真も撮りませんでしたので省略を・・・。


「魔笛より」侍女の三重奏。 左から亀田さん、脇田さん、坂本さん。


今年は歌うだけでなく演技も入るとお聞きしていました・・・

                 ヒラヒラダンスののちに倒れた王様に扮した村澤先生↑
 

オペラの指導をしていらっしゃり、司会をして下さった村澤健一先生と今日の主役のお三人とはもう20年以上ものお付き合い(師弟関係)とのこと。

とても愉快な先生で、お話の中に「後期高齢者なので・・・」などという言葉も飛び出し会場を沸かせて下さいますが、きついジョークも難なくスルーできる人たちが残って長い付きお合いになったようです。


このときに最初のダンス?(演技?)の説明がありました。 「魔笛より」侍女の三重奏 のストーリーの導入部として、龍と闘う王の場面 を表したものだったのだけれど、龍のかぶり物が手に入らなかったためバナナになってしまった・・とのこと。 あのヒラヒラは龍が舞っている姿を表現していたのだと納得)


お一人5曲を歌われるとのこと。(最初の「侍女の三重奏」を入れると6曲に)

トータル16曲の伴奏は村澤先生の奥様でプロのオペラ歌手の緑川まりさんがすべて弾いて下さったのですが、これが又すばらしく・・・。

一人に一人のスタイリストさんが付いたとのことで、一曲ごとに衣装を替え、見ごたえあるコンサートとなりました。 


79の次の・・・ 亀田さん。


       



脇田さん。






それぞれの方が先生とデュエットなさったのですが、写真がうまく撮れていません。

坂本さん。

 
          





最後に村澤健一先生の伴奏で奥様の緑川まりさんが歌って下さいました。 ご夫婦で息もぴったりです。


さすがにプロの方の歌声は素晴らしいです!! 見とれる・・でなく聞き惚れる・・です。



終ったあと、ホールでお客様個々にご挨拶なさっていらっしゃいました。



先生のお話にもありましたが、このお年でこれだけのことをやろうという心意気と努力は素晴らしいことですね! 

私もあと10年、何とか元気にネパールに通いたいと思っています。 そのあとのことはまたその時に考えるといたしましょう・・・。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とねるずで関東鉄道常総線 北... | トップ | あれから一週間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。