プレミアムMSX

MSXパソコンのプレミアなブログ&MSXノベルソフトウェア「県立UKITAのrinkaさん」のブログ。

新作MSXソフト製作状況(12.10.27):「MSXとコラボ」のrinkaさん。

2012年10月27日 21時07分08秒 | 新作MSXゲーム作り
 その昔、「MSXを擬人化する」という企画を各所で拝見し、なるほどなぁと感心しておりましたが、そろそろ自分でも描いてみようかということで、日ごろの疲れの小休止気分で即興で描いてみました。本編用ののCGも、ちゃんと頑張っている中ですよ。

 で、やっぱり衣装の色は、この2色でしょうね。さらに、背景となるものも、フロッピーディスク、これしかありません。
 ただ、それだけだとコラボに見えにくいので、大きなフロッピーディスク型のクッションを2人のUKITA学園の女子生徒に持ってもらっている構図にしました。背景はやっぱり16色以上を使うことになりかねないので、秋色単色でごまかし。

 このCGで説明すると、色番号0は不使用。衣装で3色。女子生徒で、髪2色・制服6色。フロッピーのシャッター部でさらに1色。それに3人の肌の色で2色。最後の背景単色で1色。という感じで全16色のMSXスクリーン7のCGが完成となります。意外に、「ふちどり」の部分をしっかりとしないと、最低限の見栄えすらしない完成度に(私の場合)なってしまうんで。

 これに、服のシワやら人の影やら、髪の毛の書き込みやら・・となると、かなり厳しいですね。


 さて、「県立UKITAのrinkaさん」ですが、「オープニング」に加えて、「シナリオ1」と「シナリオ2」のテストプレイを行っています。シナリオとCGがあまりにもミスマッチなシーンの修正を行っています。それと、シナリオの分岐点のシナリオ追加。結論から言うと、どの選択肢を選んでも話は進んでいきます。重要な内容を聞き洩らす、といったことは原則ありません。原則・・ですが。

 あとは、キー入力の変更。当初は「A$=INKEY$」方式を採用したんですが、どうやら実機やMSXエミュレータでテストプレイしてみると、タイミングがうまくいかないケースがあって、「読み終わらないうちに次のシナリオが表示されてしまう」という現象がでています。手を加えます。

 という風に、製作が進んでいても、なかなか完成しません。スミマセン。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MSX新作製作状況(10・20):「CGを描いてますが・・・」

2012年10月20日 21時58分44秒 | 新作MSXゲーム作り
 SAIを使ってCGを描いてはBMP2MSXでコンバートしてみるんですが、なかなか元の色合いで表示されない悩みが続いています。なんとか15色以内で描いても、実際にコンバートすると・・・。スクリーン8や12だとかなり精度が上がるんですが、スクリーン7だと、各種パロメータとかをいじってはみるんですが・・・、ちょっと使えなさそう。

 それと、人物(キャラ)を描くだけで15色の大半を使ってしまうため、背景まで描くと厳しいという現実も見えてきてしまった・・・。

 予想外に、いや予想以上にCGで深みにはまってます。ウーン。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加