プレミアムMSX

MSXパソコンのプレミアなブログ&MSXノベルソフトウェア「県立UKITAのrinkaさん」のブログ。

ジャレコと日本デクスタの関係って?

2006年05月01日 01時28分57秒 | ソフト並べ
「忍者くん」からスタートする「ジャレコ」のMSX達。「シティコネクション」や「エイリアン8」、画像の「ストレンジループ」などを発売していたのは疑う余地がないのですが、次第に「ジャレコ/日本デクスタ」になってますよね。で、「ジャレコ」はこの後「ミシシッピー殺人事件」や「熱闘野球88’」を発売し、「日本デクスタ」は「妖魔降臨」などを発売します。
 これはやはり、「ジャレコ」から1グループが抜けて「日本デクスタ」を作ったということですか?この辺に詳しい方がいたらコメントでお願いします。
ジャンル:
レトロ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コナミ「激突ペナントレース... | トップ | 忘れじのMSX応援団198... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ケリー)
2006-05-21 09:58:54
タイトーとニデコの関係にとても似ていますよね。ただ日本デクスタの場合はジャレコが作った会社である可能性もあると思いますが、どうだったんでしょうね。私も知りたい
単に (いぬぞり)
2006-07-29 12:55:38
ライセンス販売なんじゃないの?



知名度のない会社がオリジナルつくるよりも、ネームバリューのある作品を、なんちゃって移植したほうがたくさんうれるでしょうから。



すくなくともニデコはそうでしょ。今もある会社だし、マイコンでこづかいをつまみたかったけど、「箱入り娘」のコンピュータ版なんかつくってても売れるはずないし、有名作品を堅実に(キャリーラボに作らせて)儲けようとおもったのがタイトー作品シリーズのきっかけでは?



一回「取引先」になったら、その後も契約がしやすいってくらいなんじゃないかと思いますが。



デクスタがジャレコ、ニデコがタイトーのスピンアウトとかだったとしたら、MSXに於けるポニーをセガから1グループが抜けて設立したのでは、とか言ってるような感じになっちゃうんじゃないですか?

ニデコが本業の業界関係者以外への知名度が高いとはいえない点がポニーと違うかっただけで。
Unknown (biturbo-R)
2017-05-15 23:51:03
1985年4月設立。ニデコからスピンオフした高橋征克氏と、関東電子からスピンオフした小屋町昭信氏が中心となり、5人でスタートしたそうです。
11年前の記事に、コメント感謝です! (夏冬 春秋)
2017-05-21 22:44:52
 書いた本人ですら、記憶の片隅だった事柄に対して、コメントいただきまして誠にありがとうございます!!

コメントを投稿

ソフト並べ」カテゴリの最新記事