プレミアムMSX

MSXパソコンのプレミアなブログ&MSXノベルソフトウェア「県立UKITAのrinkaさん」のブログ。

ファミ通コミッククリアで「のうコメ第17話」が公開されましたね。

2014年10月04日 14時48分26秒 | のうコメ
 「まろに☆え~る」のキャラデザイン他担当の「一葵さやか」先生が「ファミ通コミッククリア」で連載している「のうコメ」の第17話が公開されました。
 (ネタバレ注意)

 記憶を取り戻した「ショコラ」が、再び記憶を失う(?)までの一連の話となっており、過去最長の40ページとなっております。確かに「前編後編」に分けづらいところだったとはいえ、書く方は大変だったと思います。読む方はその分、より楽しめますね。

 今回分までが11月に発売予定の「単行本4巻」の内容とのことです。となると、この後「単行本作業」として作者近映とか後書きとかの出筆があるわけですね。こちらの発売も待ち遠しいですね。

・ファミ通コミッククリア「のうコメ」…http://www.famitsu.com/comic_clear/se_noucome/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファミ通コミッククリアで「のうコメ第16話(後編)」が公開されましたね。

2014年09月05日 14時02分37秒 | のうコメ
 一葵さやか先生のWEBコミックの「のうコメ」。ファミ通コミッククリアのサイトで第16話(後編)が公開されました。物語の岐路となりそうな、「ショコラ」の記憶復活シーンを含んでいます。ネタバレになってしまうので内容は書きませんが、相変わらずの可愛いキャラや原作に忠実な「ボケツッコミ」が満載です。ごうぞ、お楽しみください。

ファミ通コミッククリア…http://www.famitsu.com/comic_clear/

WEB「のうコメ」…http://www.famitsu.com/comic_clear/se_noucome/


 ちなみに、原作をWEBコミック(電子アンソロジー)化されるというのは、原作主筆者にとってどんな気分なんでしょうねぇ。まあ、これだけの画質でやってもらえるなら、この上ないでしょうが。

 そんな私の投稿ショートホラーノベル「『サクラ』の花びら舞い踊る」も、閲覧数70を超えておりました。ありがとうございます。「50」を越えたので、ちゃんと「MSX」の文字を追加、タグにも「MSX」を追加しておきましたよ。次は「80」を越えたら、「しかもA1GTだ。」の文を付け加えます。だいぶ、閲覧ペースも落ち着いたので、到達しないと思いますが。

 私の駄作以外にも多くの投稿作品がありますから、合わせてご覧くださいな。

投稿サイト「upppi(ウッピー)」の私の作品…http://upppi.com/ug/sc/item/7633/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファミ通コミッククリアで「のうコメ第16話(前編)」が公開されましたね。

2014年08月01日 14時13分13秒 | のうコメ
 「一葵さやか」先生のファミ通コミッククリアで連載中の「のうコメ」の第16話(前編)が公開されました。物語としては「対抗戦」が終わって、新たな「章」へと移りつつ、いよいよ「脳内選択肢」の秘密が明らかになってくるようです。
 まあ、原作のライトノベルを読めばいいんですが、私個人にとっての「のうコメ」は一葵さやか先生が描いた「のうコメ」なので・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファミ通コミッククリアで「のうコメ第15話(後編)」が公開されましたね。

2014年07月04日 08時37分25秒 | のうコメ
 「一葵さやか」先生が「ファミ通コミッククリア」で連載中の「のうコメ」の第15話(後編)が公開されました。今回はストーリーとしては「対抗戦・完結編」ということになります。「後編」でありながら、全36ページのボリュームですからたっぷりと楽しめます。
 今回はほぼ「エッチ」なシーンは無いので安心して読むことができると思われます(笑)

 春日部タケルさん原作のライトノベルなのですが、個人的にはさやか先生のコミックを楽しみにすべく、「原作を一切読んでいません。」そして、言えることは「原作を読んでいなくても十分面白いです。」

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「一葵さやか先生」のデジタルコミック「のうコメ」第3巻発売された!(6/13)

2014年06月15日 22時53分31秒 | のうコメ
 「まろに☆え~る」のキャラデザイン「一葵さやか」先生が「ファミ通コミッククリア」で連載している「のうコメ」のコミックス第3巻が6月13日に発売されました!

 私は前日12日、栃木県内某書店にて入手。早速、読破して、日付の変わった13日に「AmazOn」のほうにレビューを投稿させていただきました。

 是非、買っていただきたい&読んでいただきたいです。MSXは出てきませんが。(笑)

 第1巻から読んでいただきたい&買っていただきたいです。MSXは出てきませんが。(笑)

 第2巻は正直、人目を気にしなければならない場面(ページ)が多かったのですが、第3巻はほぼ大丈夫ですから。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファミ通コミッククリアで「のうコメ第13話」公開された♪

2014年04月05日 08時08分11秒 | のうコメ
 「まろに☆えーる」と並んで「一葵さやか」先生のお仕事といえば、「のうコメ」ですね。ファミ通コミッククリアで最新話「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」の第13話が公開されました。

 原作ライトノベルを引き続き全く読んでいないのでアレなんですが、一葵先生がツイッターで「雪平の本性が見られる雪平な回です」とのことです。早速、みんなで見に行きましょう。

 個人的には、今回のような「H」のない回が多いと、多くの人に勧めることが気兼ねなく出来てイイのですが・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファミ通コミッククリアで「のうコメ第12話」公開されてた!

2014年03月08日 00時09分00秒 | のうコメ
 そして、そんな私の絵の師匠(と勝手に解釈しているだけ)の「一葵さやか」先生の「のうコメ」の第12話が「ファミ通コミッククリア」のホームページにアップされております。

 私はアニメを結局1話も見ていないうえに、原作も読んでいないので、何もかもが「初見」なので楽しく拝見させていただいております。

ファミ通コミッククリア「のうコメ」・・・http://www.famitsu.com/comic_clear/se_noucome/

 ちなみに、一葵先生のツイッターより、「ポロリもあるよ☆」とのこと。

どんな「ポロリ」かは、是非ご覧になってくださいね。念のために言っておきますが、「のうコメ」は「18禁作品」ではありません。念のため。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファミ通コミッククリアで「のうコメ第11話(前編)」公開!

2014年01月03日 21時25分37秒 | のうコメ
 珠玉の無料コミックが読める「ファミ通コミッククリア」のサイトで、今回最新話が公開されたのが「一葵さやか先生」がコミカライズしている『俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している』の第11話(前編)です。

 正月三が日という最中、「のうコメ」を含め2作品のみの最新話公開という状況。ということは、サイト内の週刊コミックランキングでトップを獲るチャンスでは!?

 ぜひ、皆さんに読んでいただきたい!

「ファミ通コミッククリア」『俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している』サイト

・・・http://www.famitsu.com/comic_clear/se_noucome/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とりあえず、更新。(13.9.7)

2013年09月07日 12時09分41秒 | のうコメ
 ちと、本業が忙しくって、2週間ほど更新ができませんでした。以前ならば、それくらい平気だったんですが。かといって新ネタは無いので、本業に合間(昼休み)に描いたアナログ絵を掲載。

 キャラクタは「rinkaさん」登場キャラで、制服は「のうコメ」の「私立晴光学園」をお借りしました。
左手の角度が変なので修正しようと思ったのですが、そんな時間すらないので、ごめんなさい。

 近況として、コンセントを増設して、常にMSX(ターボR)のコンセントも常時差し込んだままの状態になりました。今までは使う時に他の何かを抜いて、という状態でしたから。まあ、いちおう、我が家ではMSXは現役でございますが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日はユーストリームを見つつ、アナログで絵の勉強をしました。

2013年08月16日 20時55分17秒 | のうコメ
 今日はいっぱいブログの更新やツイッターが出来てます。仕事が休みなのと、猛暑のため外出を遠慮したためです。お昼までは家の用事を済ませ、午後は待ちに待った「一葵さやか」師匠のユーストリーム配信をじっくりと見ることが出来ました。拝聴中はPCが使えないので、自分は昨日に気合でゲットした「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している①」の中表紙の「ショコラ」さんをアナログ(鉛筆)で模写。

 結果、ご覧の通りに「残念な画力による残念な結果」に。用紙の下のスペースがあるにもかかわらず、両足の付け根の方が描いてないのは、元絵がそこで終っているから。想像で描けよって言うツッコミが入りそう。

 これでは「のうコメ」の魅力が伝わらなくて申し訳ない!!

 なので、単行本では「①ショコラ」となっている部分を変更して、お詫び。

 よく考えてみれば、MSX版「県立UKITAのrinkaさん」も「3択」で話が進行していく学園モノのライトノベルウェアソフトなので、考え方は似てる!?ってな勘違いなことを書くと、各所から集中砲火を浴びそうです。(苦笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加