プレミアムMSX

MSXパソコンのプレミアなブログ&MSXノベルソフトウェア「県立UKITAのrinkaさん」のブログ。

「おじゃま館」の12月5日号で、MSXコントローラー(連射付き)買取が!

2015年12月08日 18時42分13秒 | MSXグッズ
 当ブログでもお馴染みの大阪にある「おじゃま館」が恐らく2015年最後となる「レトロゲーム高額買取価格表」を更新されました。

http://www.ojamakan.com/kaitori/retro151205A.pdf
(PDFファイルですのでご注意ください。)

 いよいよ、「MSX ROM」は「箱・説明書無し」の価格が掲載されております。確かに、「箱・説明書」が残っているほうがだんだんと少なくなっていますし、むしろロムカートリッジだけ残っていた人にとっては売りやすくなった感はあります。それでも、いい感じの買取金額ですね。もちろん、「箱」や「説明書」があれば、ここからプラス査定になるということでしょうし。

 そして、遂には「MSX用コントローラー(連射つき)買取金額が!

http://www.ojamakan.com/kaitori/retro151205B.pdf
(PDFファイルですのでご注意ください。)

 なんと、3000円!!!!コントローラーの中でも1番の高値!!連射機能無しの場合は??ですが。

 ツイッターでの「長居店」の情報では11月30日に約50本のMSXロムを店頭に追加したようですし、ますますMSX熱は高まっているようで、「MSX強化のために、なにかアイデアはないかな?」といっていたのは嘘じゃなかったのですね!!

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MSXハード置場に行ったです。7(2015.10.22)

2015年10月22日 17時41分38秒 | MSXグッズ
 間を挟んでしまい、失礼しました。で、結論から言うと、MSXの何を持っていて何を持っていないかを把握していないので、私は「コレクター」ではないな、と。(笑)

 「東芝熟語ロムカートリッジ」と「MSXシリアル232」の2ショット画像とか、ニーズも無いのに撮影してみたりとか。そうそう、東芝の商品って、MSXに使えるのに「MSXマーク」が付いていなくって、「これって、本当にMSXで使えるのか?」と、ビビリながら買ったりしてましたね。「熟語ロム」に1780円の値段が付いてるし。今のほうが安いか??

 とういことで、短時間ながら「我がMSXハード置場」を覗いた報告でした。「MSX光線銃」とか「マウス・ジョイスティック」とか「配線コード」とか、整頓されていないので整頓しに来たいです~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MSXハード置場に行ったです。6(2015.10.22)

2015年10月22日 16時47分07秒 | MSXグッズ
 しかし、やはり持つべきものは「MSXターボR」、特に「FS-A1GT」でしょ。なんといってもMSX実機の最終機種ですから。ということで、「A1GT」の付属されている説明書や解説書(全4冊)の4セット、計16冊の画像を撮影してみました。(笑)これは見たことない、オモシロさだ。

 「黄色」が取扱説明書、「水色」が「ワープロ関係」、「ピンク色」が「BASIC」、「緑色」が「MSX-View」という構成。



 それと「A1GT」の「箱&説明書付き」が2セットありました。あらあら。

 一番左はビクターのMSX2「HC-90」ですね。「VHDソフト」を使うときには欠かせないMSXですね。「BEEP@秋葉原」様で好評発売中のパイオニア製MSX「PX-V60」もありますが、珍しくないと思ったので画像は撮影しませんでしたよ~。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MSXハード置場に行ったです。5(2015.10.22)

2015年10月22日 16時34分01秒 | MSXグッズ
 とはいえ、「箱&説明書完備」のMSXだけではもちろんありません。道端に無造作に置かれていたMSX本体を買ったこともあります。おお、サンヨーのMSX2+「WAVY35」を早速発見。下から4つ目です。良くみていただければわかりますが、上から3つ目です。基本的には紙袋やプチプチに包んで保管してあると思ったら、むき出しになっているMSX本体も多いなぁ。メンテしたいなぁ。

 「箱&説明書」がなくてもMSX本体の扱いで困る機種と言うのはそんなには無いですからね。でも、「箱&説明書」がないと凄く安く買えましたから。「FS-A1(MSX2)」が500円とか。今より安い!?

 ただし、私はメカには強くないので、購入するときに1箇所だけ確認する場所があります。「ジョイポートの端子」です。意外と盲点ですが、「折れている」「欠けている」物があります。私では修復が不可能なので、ここが「ジャンク」だと手を出しません。ディスクドライブ不良は「ベルト交換」すれば改善されることが特に多いので何回か取り替えた経験があり、予備のパナソニック製の「ゴムベルト」は今でも少なくとも5本は確保してあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MSXハード置場に行ったです。4(2015.10.22)

2015年10月22日 16時12分29秒 | MSXグッズ
 MSXの後期に発売され、何とか現役でも使える「カラープリンタ」といえば、パナソニック製の48ドット熱転写カラープリンタ「FS-PC1」かと思います。今でも「ヤフオク!」などで出品があり、手ごろなお値段で落札も出来ているようです。しかし、それまでにも様々なMSX対応プリンタが発売されてはおりました。時代的に「ワープロ」が全盛期だった頃と重なり、MSXでも文書を印字するニーズがあったということでしょうか。

 印字方法も「プロッタ」「熱転写」「サーマル」など、いろいろありましてMSXの実機に負けず劣らず種類も多かったです。MSX本体は発売していない「ブラザー」などのメーカーからも発売されておりました。「インクリボン」を使うタイプでは、すでに「インクリボン」の入手が困難化と思われますので、現在の活用は難しい機種もありますし。なかなかこちらを特集しているページというものは検索しても引っかからないですね。

 画像ではMSX用としてはソニーが(恐らく)最後に発売した「HBP-F1C」と日立のカラープリンタ「MPP-1022H」が写っております。

 画像にはそれと、ソニーのMSX2+である「F1XDJ」と「F1XV(が2台)」が箱説明書完備で保管されてます。「XDJ」は箱が潰れてましたので撮影後に直しました。それとパナソニックの「A1WSX」もMSX2+ですね。上と左のプチプチに包まれているものもMSX本体ですね。機種までは確認しませんでしたが。ちなみに、「サンヨー」製のMSX2+で比較的レアらしい「WAVY35」もどこかにあります。ディスクドライブがないMSX2+なので使用する機会には恵まれませんでした。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MSXハード置場に行ったです。3(2015.10.22)

2015年10月22日 13時04分13秒 | MSXグッズ
 MSXの時代でも「OEM供給」ということがあったそうで、「三菱ML-G30(MSX2)」が日立から発売されたのが「MB-H70」というMSX2。日立なのに「MB」という記号だったのはこのためかな?

 気づけば「週アス+」の記事でも「レアなMSX機種」のものがありましたね。「へ~、凄いなぁ。」と思ってみてましたが、持ってるとは・・・。

「週アス+」(2013年8月13日)・・・http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/164/164109/

 しかし、こうなるとますますきちんと保管し直さないと駄目ですね。かといって、これらが日の目を見ることもないとは思いますけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MSXハード置場に行ったです。2(2015.10.22)

2015年10月22日 12時41分05秒 | MSXグッズ
 MSX本体は100機種以上が日本国内でも販売されましたが、例えば「パナソニックFS-A1(MSX2)」のように(比較的)よく見かけるMSX本体もあれば、なかなかお目にかかれないものもあります。

 私も、別に「コレクター」というわけではなく、単に「安かったから」買ってしまったMSXなので、自分でMSX本体をいくつ持っているかやどれを持っているかは把握していません。ましてや、「このMSX本体はレア!」とかいう発想もなく、「MSXマーク」が付いているとつい買ってしまった結果が現在に至っております。

 で、画像のMSX2は「ナショナルFS-4600F」です。すみません、埃かぶっちゃいました。しかしながら、「ワープロ機能充実の~」という「帯」はちゃんと残っております。(笑)同時期に「FS4700」が発売されており、数字の大きさから言って「4700」のほうが高性能かと思いきや、「4600F」のほうがメインRAM128K(「4700」は64K)ですし、内蔵ワープロソフトも高性能な「3」バージョンを搭載(「4700」は「2」バージョン)しているという不思議さ。「F」のついていない「4700」のほうもフロッピーディスクドライブは内蔵されているので、「4600F」の「F」の意味が良くわかりませんし。「4700」のほうは「RGB21ピン端子」になっていますが「4600F」のほうは8ピン端子になっているとか、細かい違いもあります。

 ナショナル製の最高級MSX2として「FS-5500F2」があるので影が薄いのですが、プリンタ内蔵のMSX2パソコンとしては結構な上位機種だったのかなぁ。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MSXハード置場に行ったです。1(2015.10.22)

2015年10月22日 12時13分24秒 | MSXグッズ
 自宅から結構遠いところにあるのが、我が「MSXハード置場」です。もちろん、自宅には「MSXターボR(パナソニックA1GT)」が2台あり、1台は液晶テレビに接続して常時使える状態で、1台は収納してあります。それ以外にも「サンヨーWAVY70FD2(MSX2+)」などのMSX本体も収納してありますが、正直言って収納しきれないため、殆どのMSX本体やハードは「置場」に置いてあります。格安とはいえ「家賃」を払ってますが。

 そんな「MSXハード置場」に久しぶりに行ってきましたが、埃の積もり具合が凄かった(泣)掃除したかったのですが、そこまでの時間が作れませんでしたので、次回は計画的に訪ねて掃除をしようと思います。とりあえず、「BEEP@秋葉原」様のツイッターで「MSX本体祭りをやる」みたいなコメントとともに数々のMSX本体の画像がありましたので、それに触発されたかのように幾つか画像を撮ってまいりました。

 まずは、こちら。初期のMSXソフトといえば「カセットテープ」媒体で供給されたものも多く、また海外のMSX1ソフトも「カセットテープ」版が主流と言っても過言ではなかったかと思われます。そんなソフトをロード&セーブするのに欠かせない「データレコーダ」も各社から発売されておりました。

 ナショナル製の「QR8050」や三菱、サンヨーから発売されたものは「箱・説明書付き」で保存してあります。これ以外にもデータレコーダは幾つかありますね。稼動するかは分かりませんが。黄色い箱のものは一般的な「カセットテープレコーダー」ですが、「リモート端子」がついているタイプなのでパソコンにもおすすめなタイプです。ゲームによってはリモート端子が無いと余計にロードが進んでしまってゲームが続かない、みたいなモノもあったような気がします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「生命惑星M36」のミニポスターなどのMSXグッズがでてきた。

2015年04月16日 00時00分02秒 | MSXグッズ
 先日、ちょっとだけ紹介したMSXソフト「生命惑星M36」ですが、パッケージには「ミニポスター」が同梱されていました。ソフトのパッケージを開けたときは無かったのですが、別にある「MSX書類入れ」のほうを見たらありました。探してみるものですね。ついでに、この「MSX書類入れ」にこのほかにもいろんなMSXグッズがありましたので、小出ししていきます。(笑)



 これは「ソフトベンダーTAKERU」のメモ帳ですね。未使用ですよ。



パナソニックのワープロ事業部から発行された「MSXターボR A1GT」のカタログだ。(笑)



おやおや、「MSX FAN」のマウスパッドが2枚。手前のほうは残念ながら少し変色が見受けられます。



これは「T&Eソフト」の「MSXだけのカタログ」ですね。珍しい気がします。


 こういったものは「ひとやまいくら」という感じで譲っていただいたものばかりなので、自分でもいつ手に入れたかなどはわからないし、「こんなもの持っていたんだ。」という感じです。まだあるんですが、また後日に。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たなMSX買取店発見!「おじゃま館 長居店」

2015年01月18日 22時10分53秒 | MSXグッズ
 MSXソフトや本体を買い取り販売しているお店がなかなか無いなかで、新たに昨年末、大阪市住吉区にある「おじゃま館 長居店」がMSXソフトと本体の買取&販売を開始いたしました!

 12月24日現在で約40本の「裸ロムソフト」が、27日には更に10本が追加。今月は9日、10日、17日にも入荷した模様。「A1スピリット」も入荷したようですよ。

 というか、これに先駆けて12月20日に発行された「買取表」には「MSX」の文字がたくさん!!
 しかも、その買取価格も凄い!まあ、パッケージや説明書の有無や状態レベルで「査定ダウン」されてしまうんでしょうけれど。

 一例をご紹介しますと、
・「スペースマンボウ」16000円
・「幽霊君」26000円
・「メタルギア2」18000円
・「モンモンモンスター」16000円
・「三つ目がとおる」11000円
・「ファミクルパロディック」12000円
 そして、「お約束」になってしまったのでしょうか。
・「忘れじのナウシカゲーム」が50000円と最高値になっております。

 ただ、この他のMSXソフトの買取価格を見ると、(個人的には)それほど詳しくない人が他の買取店の表を見るなどしてつけたのかなぁ、というようなモノもあります。個別にはお答えしませんが、「高すぎ」「安すぎ」が入り乱れている感じ。売る立場とすれば、「高すぎ」なものだけを売れば、他よりは確実にお得!です。

 しかしながら、現在でもちゃんとMSXソフトと本体を扱ってくれるお店というのは本当にありがたいです。

・「おじゃま館」・・・http://www.ojamakan.com/index.htm
・「おじゃま館 長居店」のツイッター・・・https://twitter.com/ojamanagai

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「MSXゲームリーダー」で、MSXゲームを楽しもう!

2014年10月28日 19時54分55秒 | MSXグッズ
 今さらMSX実機は入手が難しいとか、MSXを繋げられるテレビやモニターが無いという人のために発売されたのが「MSXゲームリーダー」。これで直接ロムカートリッジソフトを挿したり、外付けディスクドライブを挿してディスクソフトが使えたりと、まだまだMSXの豊富なソフトたちが(もちろん、別にパソコンが必要にはなるんですが)楽しめる!ということで発売されました。

 これは必要だ!ということで「2台」購入!

 が、結局現在になっても使っていない始末。そりゃそうですよ、「A1GT」が現役なんですから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「T&Eソフト」のソフトカタログVol.3が出てきた。MSXももちろんアリ。

2014年10月27日 22時29分56秒 | MSXグッズ
 MSXに限らない資料として「T&Eソフト」のソフトカタログが出てきました。掲載されているソフトでは、グラフィックツールソフト「DD倶楽部」の前身に当たる「ピクセル2」(このあと「3」もあるけど)や「3Dゴルフシュミレーション」「ハイドライド」も「Ⅱ」の頃のものです。
 そうかぁ、「3Dゴルフ…」はMSX版では「高速版」がありますが、他機種では「パート2」というのがあったんですねぇ。個人的には「MSX」以外には全く興味がないので、他機種ではどうだったとかの知識は持っていません。はい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とある「MSXFAN9月号」と思いきや・・・

2014年10月26日 23時12分57秒 | MSXグッズ
 さらに出てくるMSX資料。今度は一見すると「MSXFAN誌」。ところが実は、書店などで掲示されるポスターでございます。

 日本ファルコムの「ドラゴンスレイヤー英雄伝説」がメイン攻略の号。なので、表紙もこんなカンジでした。このほか、「クリムゾンⅢ」や「ソリッドスネーク」など、大作がゾクゾクの頃ですね。「ディスクステーション」も当然ながら「9月号(#16)」です。

 こういった販促物はなかなか残っていなくって、書店で掲示されたものは画鋲の穴のあるものとか、セロテープの残骸とかが付いているので、この「未使用」のようなものは貴重だと思います。イベントとかで配布されたりしたものは残っているかもしれませんけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MSXのカタログも出てくる出てくる。「サンヨーWAVY」その3:MSX1でのグラフィック

2014年10月24日 10時24分00秒 | MSXグッズ
 そして、この「SANYO」のカタログの「ナイトライフ」を凌ぐ内容が、こちら。

 MSXグラフィック拡張ユニット「MPC-X」&「KA-MPC-X」の紹介。多分、古いMSXマガジンのSANYOの広告でも紹介されていたかと思われますが、MSX1の世界最高グラフィックスは「256x192ドット」ではなく、「512x204ドット」だということです。

 横のドット数は「256」から「512」へ倍増ですが、縦のドット数は「192」から「204」へとビミョーな増加(笑)
 それでも、使用できる色数も512色中から自由に16色を選べるのですから、MSX2のスクリーン5も真っ青!!(大笑)

 なかなか見ないMSX周辺機器として「MSX-AUDIO」とかが挙げられますが、その比ではないくらい、実物を見たことないです。どなたか、お持ちの方、いらっしゃいます??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MSXのカタログも出てくる出てくる。「サンヨーWAVY」その2:「ナイトライフ」

2014年10月24日 10時17分55秒 | MSXグッズ
 その「SANYO」のカタログの紹介リストに掲載されているものは、特に「SANYO」が何かしたというようなことはなく、ビミューにセレクトされたゲームがカテゴリー別に並んでいるんですが、「アダルト」のところには「KOEI(現コーエーテクモゲームス)」の「ナイトライフ」の文字が…。
 上のほうには「MSXロボット」の文字も見えますねぇ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加