早稲田建築AO入試 空間造形力エキスパートコーチ 高橋順一の日記:合格最短の秘密

早稲田建築AO入試ブログ。国内外有名美大デザイン受験指導32年約1000名累計合格率89.9% 空間造形コーチ高橋順一

「建築入試AOで合格するための13ステップ」 NO.8-B・・“建築と意匠・デザイン 

2017-02-27 16:35:56 | 早稲田建築AO受験マスタ−コーチの秘密

NO.8-B・・・“建築と意匠・デザイン 

デッサンとドローイングの2つの意図と表現技術の必要性“

 歴史に残る日本と海外の建築デザインに見る意匠と意図は、全てイメージが起点であり、それが絵画や彫刻、そして広告や生活を美しいパッケージデザイン、グラフィックデザイン、Webデザインや情報デザイン、空間造形分野の建築、インテリアデザイン、都市計画、あるい映像表現

である映画やCM、appleやポルシェ、椅子や照明器具など工業製品などのプロダクトデザイン、ファッション、デイズニーランドなどの大形商業施設、美術館でもポンピドーセンター、あるいはフランク・ロイド・ライトが設計したNYグッゲンハイム美術館や最近では、フランクゲイリーのグッゲンハイム・バルセロナなど、前衛的な建築芸術作品が注目されています。

 これらのデザインの最初はデザインする人の頭の中のイメージをまず紙に描くことスケッチして、そのアイデア素描(アイデアドローイング)がサムネール・スケッチでありマスタ−・ドローイングとも呼ばれます。

 言葉でいくら説明しても分からない世界が視覚表現領域では、スケッチが

人に考えを伝える唯一の手段であり方法なのです。線や量感を伴い平面(2次元)である紙に立体(3次元)のイメージを描く専門的技術です。

 だから、とにかく最初は自然物や身の周りで興味があるモノを観察して描く練習をする事がスタートラインです。沢山描いてゆく事でだんだんと

頭の中に浮かんだイメージやインスピレーションを描く事が簡単にできるようになります。ここで受験生の描いた“木の枝”と私の描いた“動物“の素描を添付します。

 

➡ 高橋 順一 公式サイト(公開)

 https://www.junichitakahashi.info/index.html

 早稲田建築AO/サイトアドレス

https://kenchiku-ao1.xsrv.jp/

 美大合格塾サイト

https://www.bidaigokaku.com/index.html 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「建築AO入試で合格するた... | トップ | 「早稲田建築入試AO入試で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL