早稲田建築AO入試 空間造形力エキスパートコーチ 高橋順一の日記:合格最短の秘密

早稲田建築AO入試ブログ。国内外有名美大デザイン受験指導32年約1000名累計合格率89.9% 空間造形コーチ高橋順一

「早稲田建築AO入試(創成入試)で合格するための13ステップ」 パート2:自分の潜在的な芸術的な可能性に挑戦する。

2017-03-09 10:02:40 | 早稲田建築AO受験マスタ−コーチの秘密

1次試験(書類審査と鉛筆によるドローイング)

 過去問題は早稲田大学のサイトから創造理工学部 建築科AO入試のところでPDFがあるので、必ず過去問題は最初に実際の時間2時間半で、資料等を見ないで解答してください。

 今回は解答手順と注意点をまとめたものを、添付しますので良く読んで実際に解答してください。

1.問題の意図と何を求められているか?

2.新しい提案か?それとも問題文にある状況を視覚的に描写するのか?いずれにせよ、文章を読んで自分の頭に浮かぶイメージを鉛筆で絵にする訳です。

3.また、自分の意図を作文する欄もあるので、何を伝えたいのかを明確にして作画しましょう。この文章を書く時間も全体の2時間半という中でうまく配分してください。絵を描く時間と文章を書く時間のバランスを取ってください。

➡ ここに、ヒントとなるように、空間造形表現におけるドローイングのヒントを、掲げますので参照にしてください。

 ■早稲田建築科が望む学生は“創造性豊か”で指導力がありチームをまとめる活発な学生とあります。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「早稲田建築AO入試で合格す... | トップ | 「早稲田建築AO入試(創成入... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL