早稲田建築AO入試 空間造形力エキスパートコーチ 高橋順一の日記:合格最短の秘密

早稲田建築AO入試ブログ。国内外有名美大デザイン受験指導32年約1000名累計合格率89.9% 空間造形コーチ高橋順一

美大デザイン科受験や早稲田建築AO入試を考えている人へ......アドバイス

2017-02-12 13:41:19 | 早稲田建築AO受験マスタ−コーチの秘密

美大デザイン科受験や早稲田建築AO入試を考えている人へ......アドバイス

 

これから自分の将来を決める時に、現在高校2年生やあるいは3年生、もしくは受験して

志望校ほか合格しないで、苦しんでいる浪人生のかたへ、

受験生が一番悩むことは、学科力だとある程度予測がつきますが(受験専門のトレーナがいて

傾向と対策でやれば、それだけ効果が出ます)しかし、美術やデザインの場合は過去問の傾向と対策だけでは、100点は取れません。なぜか、それは過去にすでにある解答を記憶して、再現するという手法そのものが、すでに陳腐であり専門家の間ではもはや唾棄すべきものだからです。

アートはものまねではなく、自分の心の中にある理想へのかたちや、ある想いや言葉ではどうしても表現できない領域であり、感じや、そのアーテイストのスピリチュアルな想いをかたちにする事であり、新たな魂の経験でもあるのです。むろん、大学受験ですので専門的似必要な基本的な表現

技術も必要であり、厳しい自己管理能力である目的へ達成のための、集中力や忍耐力、あるいは

時間や目的達成のための自己管理能力も必要です。

 

しかし、一つのわかり易い図式化をすると、早稲田建築AO入試や他の建築工学系大学の入試で

空間造形表現能力を考査される大学であれば、要求水準はさまざまですが基本的な事は

デッサン能力(自分の考えを絵を表現できる能力)と、立体造形や建築模型などの能力を

事前に知りたいと考えていることは確かです。


 





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エピソードその2:奇跡の”音... | トップ | 美術史の天才たちはどういう... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL