やっつけ鬱病!!

私が昔戦った鬱病。今友達と従兄弟が鬱病と戦ってます。その応援をこめて・・・
【治る】って事を少しでも信じてください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

どうやって欝とバイバイしたか。。。

2006-01-30 14:42:10 | つぶやき

これをよく聞かれる。


「どうやって治したの?」


っと・・・
う~ん・・・
今となっては・・・
過去のお話で、自分がそこまで悪かったのかなんて
思ってしまうくらいに、元気だ。
あの過去を消し去ってしまいそうなくらいな
私が居る。

思い出したらそりゃ、泣いてしまいそうだけど

あの頃に比べたら100%違う。


本当に、本当にどうやって治したかっていわれたら・・・

自分の気合なんだよなぁ。

負けたくない!!って
病気に負けたくないって
自分に負けたくないって
周りに負けたくないって
ずっと思ってた。

私が辛いときに笑ってる人とか
楽しみたいのに病気が邪魔したりとか
そんなものたちに、負けたくない!!!!
って、すっげー思ってた。

一番大きいのはそれだったと思う。

あとは・・・
支えてくれた人たち。
私の病気を知りながらもそっと
支えてくれた人たち。

家族、友達、好きな人

そんな人たちがいたから
救われてた。

この二つが大きな勝因だったって
今思う。

病院なんかに頼りたくない。
薬なんか飲みたくない。
死んだ目なんかしたくない!

そう思って、本当に気合で全部を去って
乗り越えてきた。

これはきっと私の勝気な性格があったからこそ
やってこれたかもしれないけど・・・


絶対に病気に









負けたくない!!!!










って、思うことが一番強いって想います。

コメント (21)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

拒否

2006-01-25 14:32:58 | つぶやき
面会に行くおばちゃんに従兄弟に

「会いたい」

って伝えてった。

そうしたら、「会いたくない」

って言われたらしい・・・

まぁ、分からなくもないか。
それは皆に会いたくないのか、私だけに会いたくないのか
分からないけど・・・
とにかく今は私には会いたくないのだ。

無理に会いに行くのも嫌がられるかな・・・

会いたいって言ってくれるのを

ひたすら待つしかないか。

ってか、いつだれるんだ?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうしたらいいの?

2006-01-20 15:50:56 | つぶやき
この言葉をよくこのごろ聞く・・・

それは、従兄弟のおばちゃんから。


「私どうしたらいいの?」

って。

それも、私に聞いてくる。
うつになって、それを克服して
今はうつも過去のお話しになってる私の
実体験とかを聞いて、おばちゃんはよく


「私はどうしたらいいの?」


って、言う。


正直。
何いってんの?!

っていってやりたくなる。

どうしたらいいの?


じゃなくてって、どうしてやるかを考えるんじゃない。
私に聞いてもそれは私の意見。
そりゃ、経験からしてどうしてほしいとかってあるかもしれないけど
だけどさ、やっぱさ、それって
自分で考えようよ。
今まで考えなかったんだから
少しはもっと一杯たくさん
考えてあげようよ。
自分の子供のためじゃん。

私に聞くのもいいけど
疑問文を投げかけないで
答えを聞かせてよ。

そのほうが、私も答えれるし
もっと違う道がみつかるかもじゃん。

頼らないで
自分でやろうよ。

どうしたいいの?


その言葉嫌い。

うちのママにも言う・・・

この言葉大嫌い。


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

私が出来る事

2006-01-17 15:36:19 | 勇気
う~ん。
考えてる。
私が出来る事ってなんなんだろう。
ってか、本当に私に何かを望んでたのだろうか?
彼は私に話しを聞いてたほしかったのだろうか?
ただ、何気ない話をしたかっただけかな。
そうだったら私が何かをしてあげようってのは
いらないから・・・

それが知りたい。
だけど、面会は出来るのか
私に会いたいのか
そんなのがよく分からない。

助けて

って、行ってくれたら
一緒に頑張るのに。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ツケ

2006-01-12 15:32:59 | つぶやき
なんで、私が今頃従兄弟の事を言い出したかというと・・・

私の従兄弟が



逮捕



された。



逮捕は、窃盗。

道を歩いてるおばあさんのカバンをひったくったらしい・・・
現金670円のバックを・・・


バカだ。

大バカだ。

正直。
どうして?
なんで?
意味分からない

って思った。
だけど、きっとこれが彼の最後の叫びだったのかもしれない・・・
ココロの叫びはどんな形で
どんな方向で飛んで行くか分からない。
それを思い知らされた。

あんなにおばあちゃん子だった従兄弟が
どうしておばあさんのバックを取ったのか・・・
理由が知りたい。


これは彼に今まで必至にならなかった家族へのツケ。
ツケが廻って来たんだよ。

だけどどんな理由があるにしろ。
やってはいけない事ってのがある。
それを犯した人間は罰せられるもの。

今はそれに家族一同、親戚一同
受けるのみ。


彼のココロの叫び。

少しは親には届いたのだろうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そんな従兄弟

2006-01-06 15:27:16 | 
お正月にそんな従兄弟から、ずっと℡がかかってきてた。
私風邪も引いてて寝込んでたり
夜中だったりで・・・
ずっと出てなかった。
そしてそんな℡の事も忘れていた。

今思えば・・・

それは彼にとっては私へのSOSだったんだと思う。

後悔してる。
℡に出てあげられなかったこと。
後悔なんて本当あとからするものだっていうけど
久々に後悔って思ったよ。

彼は何を私に言いたかったの?
彼は何を私に求めてたの?
今となっては今更ながらの
悔やみ。

私が電話を出たところで何も変わらなかったかもしれないけど
少しはきもちが落ち着いただろうに
バカだな

私。


今更こんな事を言う私って

おおばかだ~。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

実は・・・

2006-01-02 11:22:16 | つぶやき
ちょっと、上の文章を変えてみました。
変えたっていっても、付け加えただけだけど。

実はうちの従兄弟も長年に渡って躁鬱病になってます。
自律神経失調症とも言うのかな?
入院もしたり、病院も変えたり、色々したけど
まだ、よくならず・・・
10年くらいはかかってるかな?
まぁ、この病気は気長になんだけど
もどかしいのは本人だよね。

私はどうにか抜け出せてるけど
彼はまだ、もがいてる。
毎日毎日、きっともがいてる。
それを見せないんだろうけど
すっごいもがいてるんだと思う。

私はそれを知ってたのに気付かなかった。
っていうか。
気付かないフリをしていたのかもしれない。
きっと、私だけじゃなく彼の親も。

親は片親で母親と二人で住んでる。

きっとそんな寂しさや
自分の不甲斐なさにやりきれないだろう。


辛い?
私がこんな所でこんな事を書いても
気付かないし分からないと思うけど・・・



「見えなかった」

なんて事はないんだよ。
本当は”見ないフリ”をしてたんだよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Qさんへ

2006-01-01 11:02:40 | 孤独
大丈夫ですよ!

ありがとうございます。

気に掛けていてくれたなんて・・・
びっくりしてます。
気付いたら一ヶ月音信不通でしたね(^^;;

大丈夫ですよ!!

ちゃんとここに居ます。

追伸:私子供いないですから~~(笑)
結婚もしてませ~ん!!
まだまだ、私自体子供です(^^;
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

このまま死んだら

2005-12-02 10:18:58 | 
このままここから私が居なくなったら
どれだけの人が悲しむ?

このままココから私が消えてたら
誰が気付く?



本心では死んでしまいたいなんて思ってないのに



「死」



っと、言う言葉がいつも取りまとう。

高い所に登ると
飛び降りたらどうなるんだろうとか
このまま車をぶっ飛ばしたら
私はどうなるんだろうとか

ふっと考えてる自分に気付く。



出来もしないくせに・・・



そう、ココロの中でつぶやいてみせる。
それがごまかしとなり
それが一本の線となり
死なないでいれる感じになるから。

死んでしまえば楽になれるなんて・・・
誰も、本当は知らないクセに。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

それでも・・・

2005-12-01 10:07:20 | 孤独
それでも、繰り返されるあの恐怖

どうすることも出来なくて
救いを求めた母ですら
うまく甘えられない。

いつもよりきつい時はきつい顔を
いつもより悲しい時は悲しい顔を

うまくちょっとづつでも
あらわそうとする
ちょっとづつでも表現しようとする
その私を皆わかって

気付いて

って、思いながら。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

綺麗事

2005-11-18 15:22:13 | つぶやき
自分の痛みなんて自分にしか分からない。
私が辛いって言ったって
誰かに

「分かるよ」

って行ってもらったって
本当に、本当はわかってないんじゃない?

なんて、おもちゃって。

それって綺麗事でしょ?

って刺ついたり・・・


本当に辛いときってそんな時があった。

慰められても
抱きしめられても
全部が全部ウソっぽく感じて
みんな都合がいいって
綺麗事だって思ってた。


私の痛みなんて私にしかわからないんだから。

そういっちゃたら終わりなのにねぇ。

あの頃は自分に不安だっただけなのよ
伝えたい事を全部うまく伝えきれないだけなのよ

今思えばそう思える。

あぁもしかしたら・・・
私が今わかってるつもりでここに綴ってる事も
綺麗事なのかな。

って、なとなく今思った。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

誕生

2005-11-17 15:20:20 | つぶやき
生まれてきた日に感動した事もあり
生まれてきた日に涙した事もある

生まれてきた事に感謝した事もあり
生まれてきた事に後悔した事もある

何をすべきか
何をされるべきか

何を感じるべきか
何を求めるべきか

何を思うべきか
何を考えるべきか

答えはいつも違うけれど


私がココに誕生してきたことだけは

何事にも変えがたい


事実。


あなたがソコに生まれてきた事だけは

何にも負けない


真実。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

右手

2005-11-15 15:29:32 | つぶやき
私がさ
この右手を差し出すから

あなたは
その右手を差し出してみて

そうしたら
ぎゅっと握ってみせてあげるから

そうしたら
ずっと握っていてあげるから

あなたが右じゃなく左手を差し出しても
私は何も言わずに
両手で強く
握り締めるから

だから

私がさ

右手を差し出すよ

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

勇気

2005-11-14 15:31:12 | つぶやき
誰かに勇気を貰うことがありますか?
何かに勇気を感じる事がありますか?
あなたに勇気をあげられることができますか?

目には見えたことなんかないけれど

勇気

って、でっかいよね。

手にしたら溢れそうだけど
手になかったら逃げ出してしまいそう。

その勇気というものに少しでも
私がなれるのなら

いいなって思う。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ノートより

2005-11-11 13:14:35 | らくがき帳





     顔は笑って心は沈む

          私はひたすらそれを繰り返す







コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加