goo

オートマタ3-1


上海オルゴールミュージアムにオートマタを見に行ってきました。

 

ミュージアムは、浦東新区の東方芸術センターのなかにあります。
この建物の胡蝶が咲いているような外観は、フランスの有名な建築デザイナーPaul Andreuの設計で、2004年12月のオープンしました。
建築面積約4万平米の敷地内には、音楽ホール (1966席) 、オペラ劇場 (1020席) 、演奏ホール (327席) があり、今までにない最先端の設備を備えた大型文化施設となっています。

 

階段を上っていくと、広いホールの一角にリュージュのオルゴールショップがあり、ミュージアムへは、エレベーターで4階に上ります。

 

パンフレットの表、館内の写真撮影は禁止です。

 

パンフレットの裏、1796年スイス製の世界最古のオルゴール(直径3cm)は、東京に貸し出し中とのことでした。
シリンダーオルゴールやディスクオルゴールの100年あまりを経た音色、よく手入れされたオルゴールは、できたときよりも年を経て、音色がまろやかになるといわれています。
オートマタは、京都嵐山オルゴール博物館をはるかに上回る数が展示されています。

 

そのなかのアンドロイド「画家」、1997年、フランソワ・ジュノが、有名なジャケ・ドローの名作を復元したものです。
説明文にあるとおり、見事なものです。
もう2~3ヶ月動かしてないというのを、特別に動かしてくださいました。
説明は、日本語で、つきっきりで、ていねいにしてくださいます。
ゼンマイを60回巻いて、

 

彼が描き上げた「犬」の絵と文字、

 

「ルイ15世」の絵、
絵を持たせてもらって、もう感動して、じっと見つめていたら、なんと2枚ともプレゼントしてくださいました。
紙の大きさは7cm×10.5cm、うれしくてたまりません。
京都でいただいた「帆船」とあわせて、オートマタが描いた絵が3枚になりました。


この「画家」の横にいる画家は大人の画家ですが、彼は「狼と赤ずきんちゃんとおばあさんの家」を描きます。
ジャケ・ドローの「書記」を復元したのは、ジャケ・ドロー本人をモデルにしていて、Jaquet Drozとサインをします。
彼らが描き、書いたものも、実に見事です。


オートマタの動力源はゼンマイです。
歴史は古く紀元前から作られていたという記録もあるそうですが、こういう精緻なものが作られるようになったのは18世紀後半になってからで、当時は王侯や貴族のみが所有できる高価なものでした。
庶民がオートマタを楽しむことができるようになったのは、19世紀の中頃にフランスに多くの工房が誕生してからだそうです。


「それは機械仕掛けの芸術品であり、思想と科学の結晶であり、そして、希少な文化遺産である」
野坂オートマタ美術館のホームページのトップにある言葉ですが、ほんとうに、そのとおりだと思います。
明日から、私が出会ったかぎりのものでのご案内ですが、オートマタの世界への入口になればと思います。
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )
« ファベルジェ オートマタ3-2 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (プチくま家の管理人)
2008-02-01 07:28:43
画家のオートマタすごい~!
えっ?お絵かきするんだよね!
めちゃ精密な仕掛けなんだろうなぁ。
わんわんもかわいいしさっ。テリアも描いてもらおっかなぁ。
 
 
 
オルゴールじゃない! (アゲハ母)
2008-02-01 10:37:05
えっ、オルゴールですよね?
オルゴールでありながら絵を描くんですか?
芸術品以上の出来ですね~(感動
 
 
 
待ち遠しいですね (みぞやん)
2008-02-01 12:43:55
もう既に、オートマタの世界への入口に並んで待ってますよ。こんなすばらしい絵がかける仕組みって、どんなんでしょうね。柔らかな動きするんだろうなぁー。junさんの好奇心旺盛のきらきら輝く目には、係員さんも勝てないんでしょうね。おかげで私達も楽しませてもらってます。
 
 
 
感動ものですね! (Donn)
2008-02-01 17:30:32
日本語で説明してくださるのでよかった
ですね。
目も絵をおっていますし手のやわらかさも
なんともいえませんね。
ゼンマイってどのくらいまでまいて書けるもの
でしょうね。
 
 
 
画家 (jun)
2008-02-01 18:21:40
>プチくま家の管理人さん
ジャケ・ドローのオリジナルは1774年作ですが、それを復元したのがフランソワ・ジュノ、現代でも、復元できるのは彼だけだといわれています。
テリアくんも描いてほしいですね。
でも、その前にテディベアを描いてほしいと思いませんか?

>アゲハ母さん
オートマタは西洋からくり人形で、ゼンマイを動力としています。
オルゴールを組み込んだものもありますが、画家には組み込まれていません。
目の前で絵を描くようすを見ていると、ほんとうに感動します。

>みぞやんさん
ゼンマイを巻くと、絵を描くんです。
繊細な指先でしょう、動きもやわらかです。
それは感動しますよね。
描いた絵をくださいなんて言えません、それでしばらくぼ~と見ていました、すると、どうぞってプレゼントしてくださいました。

>Donnさん
館長さんは日本人の方だそうですが、訪れた日はお留守で、中国人の若い男性の流暢な日本語での案内で、私たち二人の貸しきり状態でした。
この画家の場合、ゼンマイを巻く回数は60回です。
京都嵐山の画家もたぶん60回だったと思いますが、組み込まれたカムの数によって違ってくるのでなないでしょうか。
 
 
 
すごい! (ガリ)
2008-02-01 19:35:42
繊細なタッチで、すごいですね!
柔らかい線、力強い線、目の前で指先の動きを
見ていると、ほんとに感動するでしょうね。
「ルイ15世」の目、ほんとにすごい!
上海まで見に行った甲斐がありましたね。
 
 
 
オートマタ (jun)
2008-02-01 19:46:25
>ガリさん
この絵をお人形が描くんです、信じられませんよね。
線の太い部分(濃い部分)は、1度描いた上をもう1度描くようになっています。
それにしても、見事な筆運びです。
こういうのを考える人がいて、作る人がいて、保存する人がいて、復元する人がいて、私たちが見ることができます。
上海オルゴールミュージアムができるまでは、これらのオートマタは京都嵐山オルゴール博物館にあったそうです。
 
 
 
おめでとうございます! (レショー)
2008-02-01 20:48:11
ルイ15世の横顔とモン・トゥトゥ(わたしのワンちゃん)の絵をゲットされたのですね!おめでとうございます。上海まで行かれた甲斐がありましたね。

ジュノーさんが復元したこのオートマタはとても
美少年ですね。

ジャケ・ドローのオリジナルの動画を貼っておきます。
http://jp.youtube.com/watch?v=naHk-rVMCVQ
 
 
 
ありがとうございます (jun)
2008-02-02 07:48:09
>レショーさん
ジャケ・ドローのオリジナル動画、ありがとうございます。
今日のブログに載せましたので、きっと、みなさんにも喜んでいただけることでしょう。
レショーさんにはじめてオートマタのことを教えていただいて、ほんとうにすばらしい出会いができたと喜んでいます。
上海も何度でも足を運びたくなる魅力に満ち溢れていました。
写真は撮れないので、今度は、ゆっくり時間をとって、下手なりにスケッチをさせていただこうかと思っています。
 
 
 
ジュノーのオートマタの動画です。 (レショー)
2008-07-31 05:14:42
このたびフランソワ・ジュノーのオートマタの動画
が見れるようになりましたので、載せておきますね。

フランソワ・ジュノー。
1959年スイス・サントクロア生まれ。
彼は現代のジャケ・ドローと呼ばれ、スペシャルなオートマタを
製作することで世界的に有名です。

このたびフランソワ・ジュノーのサイトを作っているS氏から連絡がありました。

ジュノーのサイトは昔のものと、このS氏が新しく作ったものの2つが
あるのですが、昔のものを残しながら、新しく作ったものを付加する
ことに苦労されたようで、今まで新しいパートを上手く見ることができませんでした。

今回、新しく作ったパートも見れるようになりましたのでお知らせいたします。

固まったら重いですよ!
http://www.francoisjunod.com/

サイトを開けたら、新しい方が映るのですが、放っておくとすぐに
昔のほうが画面の上に重なってしまいます。

最初に新しいほうのHPが映ったときに、すぐに
LE AUTOMATES DE FRANCOIS JUNOD の右隣り二番目の横長の白枠
をクリックしてください

9作品の動画をご堪能ください。

オートマタの動画は

●アンドロイドNo.4 2000年製作 作品名リトル・プリンス。
京都嵐山オルゴール博物館所蔵。帆船をペンで描く。

●アンドロイドNo.2 1997年製作 作品名ジャケ・ドロー。
上海オルゴール博物館所蔵。ルイ15世の横顔。犬の絵を鉛筆で描く。
ピエール・ジャケ・ドローの「画家」を現代に蘇らせたもの。

●アンドロイドNo.6 2002年製作 
ジャケ・ドローの時計ブランドを現代に蘇らせたフランソワ・ボデ社長
の顔をペンで描く。
ジュノー氏は黒目を入れるところが一番難しかったと言っていました。

●アンドロイドNo.5 2001年製作 作品名 画家ピエール。
上海オルゴール博物館所蔵。赤頭巾ちゃんとオオカミを鉛筆で描く。

●マジシャン
愛知万博でのからくり人形の大会に特別出品されたもの。
マジシャンが出すのは可愛らしいシンギング・バード

●コーヒー焙煎会社、ラ・スムーズのコーヒーを飲む男。
空飛ぶじゅうたんに乗り、おいしそうにコーヒーを飲む表情は最高!

●カンヌ2001の大きな顔「蔦」という名の作品

●マリア・カラスをモデルにした「蔦」のいう名の作品

●プロジェクト・エスパーニャ。ゴイエスカの製作風景。

注)プロジェクト・エスパーニャのゴイエスカの映像は
3つ取り上げられています。
一番左の白枠をクリックすると見ることができます。
 
 
 
ありがとうございます (jun)
2008-07-31 07:13:56
>レショーさん
mixiの日記で紹介していただいて見せていただきましたが、すばらしい世界ですね。
ごていねいにわざわざこちらにまでコメントいただき、ありがとうございます。
いつでも見せていただけるように、このブログのブックマークに登録しようとするとURLに問題があるとの表示が出て登録できませんでした、残念です。
ネットのお気に入りに登録しました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。