コンキリエ

ナケメタ ナカミシ

アド レッド キチン

47号


モズの鳴く 木立から

2016-10-15 19:01:52 | 季節
夜明けの美しい星の蒼白き流れの中で

僕は昨日を少しだけ纏いながら

今朝の光りを待っていた



寂しさを誰に語ろうか…



散歩の途中にはたくさんの

曲がり角があって


僕はいつも準備不足で

脚が縺れそうになる


こんな歩幅じゃなくて

こんなリズムではなくて!!





気が付けば空の青さが増してきて

心にしみた


そのまえにとても眩しかった



君が眩しいみたいに…



光りが満ちてきて

僕は視線を上げた



悠々と秋晴れの空を眺めてみた

モズの鳴く木立!!



空行く雲  楽しくなる


散歩道を歩けばゆれる秋の草花


小石の影も鮮やかだ


寂しさはきっちりと清算されるだろう



夜明け前からの美しい星が光を

消滅させるまでのあいだ…

僕は歩いた



月曜日のため息は

水曜日には クシャミに

なるんだ!!



寂しさを誰に語らん

この寂しさを誰に語らん



僕個人の主観的な感情は

僕以外の他人からは

すべて、彼らの外側にある


明らかなる正論


揺らぐ境界を僕の主観のみによって

越境するのは罪だろうか?


降り注ぐ木漏れ日のように

擬態して僕は漂う



僕は迷わず帰れるだろうか?



今朝は無性にチーズが

食べたくなったから

急いで帰ってみたんだ










Juntan 2010年10月13日
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チェンバロ | トップ | 蜜柑とか柿とか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

季節」カテゴリの最新記事