太陽光発電シニア

太陽光発電一筋、40年をはるかに過ぎたが何時までも興味のつきない厄介なものに関わってしまった。

ニュースになる国ならない国

2017-04-21 07:28:01 | 社会観察

世界には地味な国がある。地図上では確かに昔からあるが、殆ど世界的なニュースは報じられない。一体どのような暮らしぶりなのか。幸せなのか不幸なのか。都道府県にも同じようなところがある。全国ニュースで扱われることが殆ど無い県だ。下手したら忘れられてしまう。

忘れられるような存在、ズバリそれらは幸せな所である。ニュースで扱うのは大事件や事故災害、政治の混乱、政務活動費の濫用、テロ、核開発(開発しても良い国があるから難しいが)、政治家のスキャンダル等普段あってはならない異常事態を報じる。昔から良く言われる、犬が人を噛んだのは記事にならないが、人が犬を噛めば記事になるなど異常なことを扱う。従って異常な事が起こっていないからニュースにならない、平穏無事な日常と言う事ができる。

世界的には最近アフリカ、南米のニュースは少ない。秋田や山形、岐阜、石川、福井、島根、岡山みんな平和に暮らしているのだろう。大手新聞も一画に善意の塊のようなニュースばかり扱うコーナーを設けたらどうだろう。ああ、こんなに素晴らしい人も居るんだ、それに比べて俺は何と穢れた心を持っているんだろうと反省する人も出て来るかも知れない。ライバル紙が悪意に満ちた事件や不幸ばかり集めたコーナーを設けたらどうだろう。俺はまだましだ、とか俺より悲惨なやつも居ると安心するだろう。どちらが良く読まれるか、後者に決まっている。

ところでフィリピンのドゥテルテ大統領は今どうしているのだろう。いつになったらトランプさんは今何をしているのだろう、金正恩委員長はどうしてると思いだす日が来るのだろう。来ないかも知れない。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんな晴れた日は狩りに | トップ | TVコマーシャルにも似て »

コメントを投稿

社会観察」カテゴリの最新記事