太陽光発電シニア

太陽光発電一筋、40年をはるかに過ぎたが何時までも興味のつきない厄介なものに関わってしまった。

ビックリする発言

2016-10-13 22:21:09 | 社会観察

ネットの記事なので、前後の文脈が分からないのでうっかり批判はできないが、山東昭子元参院副議長が国会内の記者会見で「テレビで埼玉のここで起きた火災によって、こんなに多くのところが停電をしたということで、地図が出ていた。あれは報道の自由とは言いながら、情報は開示しないほうがよろしいんじゃないかな、という気がしている。日本は島国で、テロ対策でも性善説を唱えてきたが、ここに来て(五輪などで)世界からいろんな方がみえる時には、こうしたものは関係者だけにして、できるだけ隠すべき情報は隠し、開示すべきものは(開示する)、というメリハリをつけていくべきだ。」と言ったそうである。

先の大震災の計画停電の時、在宅療養者のたん吸引器など命に関わる問題と騒がれた。福井の原発再稼働でも、もし電源不足で大停電が起こったら人の生死に関わると慎重派の某知事が責任取れますかと問い詰められた(半ば脅迫?)こともある。今回の停電でも停電地域に病人を抱えた家族はニュースで知って心配しただろう。テロ対策を例に挙げて開示しない場合、もしものことがあったら駆け付け介護をしようと思った家族に何と説明する気なのか山東氏は。報道の自由問題まで巻き添えにして行うテロ対策とは一体何だ。原発の事故が起こった場合でも情報開示によってテロの標的になるから隠せと言うのか。想像の範囲があまりに狭いのではないか。もし、ニュースを見て「ああ日本の地下埋送電線は弱点がある。あそこを狙ってテロをやれば世間が混乱するぞ。」と初めて気付くようなテロリストだったらあまりに情報に疎い連中であり幼稚と言わざるを得ない。国会議員という大先生なら寧ろ事故を起こさない安全対策について言及すべきでは。送電線のブログを今朝書いたから、これは続きのようなもの。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 要注意太陽光発電 | トップ | 何とも痛ましい »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。