ジューンのつれづれ物語 先天性臼蓋形成不全・変形股関節症とともに生きる

先天性臼蓋形成不全・変形股関節症を東海中央病院でAAOで手術。腰の手術や介護・教育・就活いろいろな事を綴りたいです。

痛さににぶい

2013-02-27 14:57:47 | 股関節考
私は痛さに鈍感

手術後はそれで楽だったけど
普段や今後は大変。

まず、歯。
歯は痛さのみでなく、
もともと
強すぎ。
外側が強固なので
外面で虫歯がわかりずらい。
なんとなく違和感で
すごく時間たって
ええっと。

中が空洞だったり、急に激痛。

はい。
今まさに。
思い起こせば。。
いたかったような。。

股関節、腰も
痛い!と実感できないのです。
ドクターたちには、痛いでなく、変で反応しろ!といわれてる。

歯は外見は悪くなく、
中も空洞はなく、
なんとも
根の治療となる。
はあああ。

まあ、いいかあ。

治れば。

今回は年中無休、昼休みなしのチーム医療というところへ。
すんごく混んでる!
びっくり。

ああ、
なんか変で行けばよかったのか、
今だからわかるのか。
うーん。です。

いつも医療費高いから、
安く感じてしまったあ。
ははは。
ああ、忙しくなるなあ。
ふう。

股関節も気をつけていかないとなあ。しみじみ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一日

2013-02-26 22:08:31 | 股関節考
一日でいろいろと変化があったのは、術後すぐだけ。
その後は本当に急によくなったりで、
一日で何かかわるとか
あまりない。

だけど
体重管理とか
毎日、地道なんだよなあ。
劇的なことはない。

だから、
やめたくなる。

それでもなんとか
腹筋日々をしたぞっと。

こんな感じで一日一日が過ぎていく。

今日は昨日より脚の上がり方はいいなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脚があがらない

2013-02-25 20:56:57 | 股関節考
変形股関節症で
痛みのあるかた
車乗り込みのとき、
手で脚を持ち上げること多い。

私は、腰の術後右足が上がらなくなって
手で脚を持ち上げてた。
腰の術後半年くらいで
脚は上がった。

脚の術後は
筋肉的に脚をあげられなくて手の力借りてたけど
術後、三ヶ月くらいで落ち着いたかな。

車のるときは
脚にこまらない。

でも、
階段は憂鬱になるときが。

今日は筋肉的野矢の脚のあがりが悪い。
そうなると
階段は果てしなく高く感じる。

股関節症的なものか
筋肉的なものか
すごく気にしている。
気をつけてる。


さて、音は、術後のものである。
弾撥股ってのもあるらしい。
それなのかな。
うーん。

てにかく、筋肉バリバリこってますって時になる。筋肉固い時。

と、変形股関節症的なものか、いつも考えている。

またまた

綺麗な雪
光ってる

でもゆきかきはどんな雪でもきついのだ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薬の服用

2013-02-24 19:05:05 | 股関節考
入院時の薬

特に痛みどめ
これは、大切。
炎症もとるし、我慢する必要なし!!です。
生理痛のくすりも嫌な方はいるようですが。。。

ただ、腰の美容院と股関節の病院で扱いのちがったものは、
ボルタレン。
腰の方は時間が感覚あけば、
よかったんだけれど、
股関節の方は、血圧をはかる。

でも、このボルタレン、小さい。

癌だった母の時はおっきかった。
あ、座薬です。
今市販薬にもなった、
飲み薬のロキソニンは
癌の痛みどめのイメージ
でも、股関節痛の方で今飲んでいる方は多い。


次に便秘の薬。
私は常時便秘だけれど、
入院をすると
便秘になる方はいる。
また、術後すぐの全身麻酔後の
排泄は大事。
全身麻酔後のおなかが動いているかどうか
聴診器できかれる。
そして、次の日便が普通にでるといいけれど、
力むなどになると、
変な痛みがでたりする。
また、腰は痛くて痛くて力めない。
だから、便秘薬は大切なんだけれど、
あまり飲みたがらない方が多いかな。。。


そして、退院時ボルタレン結構もらってきたんだけれど
どうしようと父のつかっていた冷蔵庫に
入れてたけれど

時々とても助かる。

一番は、歯の痛みの時たすかった。

股関節の美ういんは慎重に使うようにいったけれど、
腰の病院は、
のこったボルタレンを
普通の意味どめのように
つかったらどう??
なんて気がるだった。

そして、腰の病院はずっと薬がつづいている。
血液さらさらと
末梢神経系。
もう、術後二年半で
飲む必要あるのかなぁ。。。って
思う。
でも、まあ、
薬剤師さんの話で
のんでいる。
あなたにとって、速攻性とか目に見えては
ないだろうけれど、今後、いいです。と。

便秘の薬は一も二もなく
すぐのむのにね。。。。

ははは。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AAO(臼蓋内転骨切り術) 術後2年週間 つつがない日々

2013-02-23 12:22:38 | 股関節症物語 2012.8-
術後2年

ちょっと風邪ひいてリハビリなどさぼってて
でも体調悪い時に
筋トレとかしている場合でもなく

でもでもそれによって
お尻の張りや左脚が長い感じなどなどもおきている。

学校の子供向けスキーは終わり
やっと落ち着き。
最後のスキーは新雪を踏み固めるからはじまって
すんごーくだるくて辛かった。

昨日、接骨院でたすかったという感じです。

で、今日はすごーくいい天気で
気分もあがり
すべてが気持ちよくって
おもっても大雪で土曜日発売の雑誌が明日にずれ込み

と、脚のことはたいしてきにしていない自分がいる。

ヨガしてきてたしかに術脚右が辛いけれど
よわいけれど、
それでウジウジとかもなく
まあ、そうなんだよねって。

すんごいあるきづらい路面の
2、3日だけれど、
スタスタと歩いていて。

つつがなくやっている。
何み考えずまったりしていたら、
本当に何の手術もしていないし、
ただ日々日常をすごしているだけという感覚です。

術後2年で特別に何もなくて
こんな感じです。
術後1年はまだまだ
つらかったです。

術後すぐよくなると思って
手術した方は
気持ちが辛いと思います。

退院と術後のスッキリさわやかはちがいます。
退院まで2週間でも、RAOとおなじく
術後3か月は不自由です。
半年までは杖を使う使わないの世界です。

腰の手術も同じです。
退院は2週間でした。
でも、3か月はすんごーーーーーく辛かったです。
そこで、会社に戻る方は多いけれど、
それは、良くなったのではなく、
一般的に病休3か月というところだからです。

いいお天気で。
スキーに繰り出したいくらいです。
と、スキーを考えられるほど元気ってことかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腰の検診

2013-02-22 19:19:03 | 股関節考
レントゲン六枚とる。
横向きのを
見るとドキドキ。
まだまだ、ずれて、滑って見える。
けど、正面からみると
しっかり自分の骨が支えていて

ドクターいわく、
いいねぇ、順調!
らしい。

股関節の時定期検診で聞きたかった言葉だな。
ははは。
術後の検診は月一の腰。
股関節は三ヶ月と一年。
このころ、不安もあったからこそ、
検診あれば
とか
リハビリしてほしいな。と。

腰は毎度順調なので、
やっと三ヶ月に一回の検診になったけど、
半年に一回でもいいなあ。

ああ、また、頼んでないけど、注射二本。
骨強くと末梢神経。
これもいらないと思ってる。

薬は実はきらしてた。
薬だけで
受診しなきゃならないから。

久しぶりの血液さらさらと末梢神経の薬。
痛いとかでないから、
飲まなくても
何かがすぐおきるわけではない。

と、
手術の腰の四、五番より上が心配されてる。
三番あたりに負担くると手術と同じ病名がもらえてしまうから。。
ドキドキ。

ドクターの毎度の
腹筋してますかあ?
してくださいねぇ、
の攻撃。

と、股関節もうつるのだ。
不全左脚に比べると本当に右は軟骨イチミリの世界。
でも減ってないみたいだし。
前と同じかなあ。。

ふう。

さて今日は接骨院もいかなきゃ。
病院代とモミモミ代で結構な金額。
病院本日、薬いれて一万くらい。
でも、四月の深圧を心待ちにしている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土砂降りの雪

2013-02-22 06:42:17 | 股関節考
土砂降りの雪

しめっているのではなく、
雪のつぶというより
白い直線

となりまちは
降雪五十センチ以上で
車だせず
JRもとまる。

わたしのところは
とにかく
吹雪

で、雪掻きに追われ
脚、腰、悲鳴。

でも、今朝は晴れ

道幅せまいなが大変。
今日も雪となんとか向き合っていかなきゃ。
ふう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

体力ないのは。。

2013-02-20 23:10:51 | 股関節考
体力ないのは、
過齢なのか
更年期か、
母を亡くした時以来の気力か、
手術二つからの回復遅れか。

わかんないけど、
学校帰ってから、仕事をこなせない。
授業後、学校でも力が入っていない。

ふう。

術後の脚の筋力とか可動域とかの前の問題だよなあ。

風邪の中、スキーを含め、よくやったよなあ。

さて、
脚だけでなくこの状態をなんとかしなくては。
どうしたらいいのかなあ、

学校はああやっぱりの
体罰調査。
これが変な方向にいくと、指導ができなくなっちゃう。

十年くらい前もそうだったんだよな。その時は自由の履き違え。
勉強しない自由とかのような。

また、どんな方向になるのかなあ。はあ。

とにかく、体力増強しなくては。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆきかき

2013-02-18 19:54:40 | 股関節考
月曜日、朝からゆきかき。まだ、風邪ひいてるし、つらい。
この雪で道幅狭く、車のすれ違いもつらい。

三日連続雪掻きもつらい。

と、
調子悪く、術後、初めてこんなにリハビリしていない。
基本、真面目ともいえるし、しないと不安でつぶれそうになるタイプ。

ここ三、四日はリハビリほとんどしてない。だから、すぐ悪くなるとかではないんだけどね。
なんだか、落ち着かない。
そして、一度こうなると、このままズルズルとサボるんじゃないかと思ったり。
自分に自信ないんだなあ。

ああ、調子悪いけど夜雪掻きしなきゃ。明日の朝が辛いから。

明日は最後のスキー学習。声でるかな。
ふう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AAO(臼蓋内転骨切り術) 術後2年1週間 除雪はこたえる

2013-02-17 15:03:07 | 股関節症物語 2012.8-
術後2年

去年の冬の生活よりずっと楽。
雪道を一度にらんで考えて歩くが
なくなった。
スタスタとまではいかなくても、雪道前に
考えるがなくなった。

ので、反対に危険もあり、
かくれた氷の上ですごい転倒になりそうだったり。。。

でも、術前のイメージの術後2年は
さわやかすっきり、悩みなし!!と
おもっていたので、
ちょつと。。。ではある。

こかんせつだけならもっと楽かも、
腰の術後2年半のこの腰がかなりきつい。
特に除雪。
こたえます。。。。

風邪もひいてあまりリハビリ、腹筋もしていないんだけれど
除雪はまったなしでしなければならないのだ。
腰にはかなりくる。

また、私は右ひざも不安である。
ずれることがある。
幼少から。
一応整形でみてもらったけれど
まあ、特に。。。と。
でも、ずれるのだっ。

ひさしぶりにきずあとりのこと。
若い方はすごく気になるよなあ。
背中の術傷は術後2年半で
甥っ子が見れるまできた。
そーさいしょは、
叫びました。


股関節の術傷はAAOは「く」の字の一歩線で
もともと赤い油性ペンで線を書いた感じ。
今は唇の色くらいになったかな。
ミミズばれなどもない。

ただ、筋肉的なひっこみが臀部のあたりにあるかなっと。

近頃はスポーツクラブのお風呂でもぎょっとされることは、なくなった。

背中の背骨に沿ったまっすぐ一本のきずは、
線のみ。
となりのちょっとカーブした傷はやはり、
ちょっとひきつりがでる。

そして、リハビリで手術でうしなった、動くということを
一からからだに思い出させるとか
わからせるということがとても大事。

私は腰はコルセットしているし、
腹筋以外何もしてなかったので、
固まったままになっていた。
だから、ヨガでくるしかったのも腰のあたり。
学校生活でもそう。
とにかく、まっすぐバリンってなってい。

そこに動きを思い出させ、
弾力がでて
衝撃の吸収ができるまで
かなりかかった。

腰の先生は基本動かさないなのです。
私みたく動くことは想定していない。
でも、自分の体と対話しながらここまできた。

ヨガの先生のお話にも四十肩などで、最初はあがらなくても
一年くらいであがるようになったヨギーがいる。と。
方にうごけるよって合図をだしつづけなければならないとか。
接骨院の先生の表現だと、
動くスイッチをいれるだな。

腰の病院のptさんにも、少しずつやっていくのが
近道だったりすると言われた。
今はよくわかる。
一足飛びによくなりはしないのだ。
今2年。術後1年で気持ちがあきらめていたら、
リハビリをここまでやってないし、
ここまでの回復もなかっただろう。

まどろっこしいし、
はてしないし、
嫌にもなるけれど、
地道なリハビリしかないのだろう。と。

やっとはれてきたから、また、
除雪だなあ。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加