ジューンのつれづれ物語 先天性臼蓋形成不全・変形股関節症とともに生きる

先天性臼蓋形成不全・変形股関節症を東海中央病院でAAOで手術。腰の手術や介護・教育・就活いろいろな事を綴りたいです。

おととしの年越しは。。減量

2012-12-31 19:38:21 | 股関節考
おととし、2010年12月。
両脚同時AAOの予定で50キロ以下を目指して
減量中。
辛い辛い年越しでした。。。

父親は精神病院。

甥っ子は大学4年で将来未定。

腰の手術後でやっと軟性コルセットになった。

今、一応体重を気にしつつも
普通に食べている。

さてさて、28日のスキーからか、
不全脚左の筋肉付け根がバリバリだ。
ほぐしているけれどおいつかない。
ふう。
でも、元旦スキーをちょつとたくらんでいる。

昔は毎日スキーに行っていたんだよなあ。

腰は少し違和感があるけれど
うーん、辛いほどではないからいっか。と。

二つの手術終わって、
ほぼ術後2年で元気出ている。
もう50になるんだけれど、
またまたまスキー行きたーいになってきているし、
じっとしていられない感じ。
母をなくしてから、父の認知症、
自分の手術とその日その日で精いっぱいで
吹くを買う気もなかったし。。
やっとやっと
ここまできたていう感じ。

内旋、外旋の術脚と不全脚の特徴のちがいは
おもしろく、
内旋の弱い術脚はおねえさん座りができない。
外旋の弱い不全脚は、ヨガのハスの座すわりとか
木のポーズとかが辛い。

外転はあきらかに術脚は弱い。
術後すぐに脚あげのれリハビリあったけれど、
あのころは、ほとんど上がらなかった。
今は、ある程度にはなったけれど、
不全脚左と比較すると全然あがっていないんだなあ。と。
スポーツジムのマシーンでは、
あの頃、術後半年からは比較にならないほじの
すごーい可動域になっているんだけれど。
内転は、よくわからない。
マシーンでは、同じくらいかなあ。。?

脚だけでなく、腰も悪いので話が難しくなるけれど。。。

術後2どめのお正月を迎えるにあたり、すごくアクティブになっている。
来年はどうかなあ。
とにかく、一番苦しく難しいのは、体重管理。

形成不全の方は今後の手術を
考えるのだろうか。。
変形股関節症の方は保存か
自骨手術か、
人工股関節かと
考えるのであろうか。
ずっとずっとつづくから疲れてしまうよね。

不全脚に負担がかかっている今、
片脚ずつ自骨手術する時、
片脚の回復のあいだに不全脚が悪化してしまうかも。。。
と考えてしまう。
私の不全脚左は年齢的に軟骨は減り気味で
変形股関節症とは言い難いところがある。
腰の手術後に痛みがなくなったから。。。

折り合いつけて上手に股関節と付き合って過ごしていきたい。
来年も。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

術後一年10カ月 術後2度目の年越し 

2012-12-30 21:43:02 | 股関節考
とにかく、おせちをつくるっ。
の前に8時半からのモーニングヨガいけるかな。。。

と、みぞれだあ。
い、いや、雨じゃん。
ああ、あしたは、スケートリンクだな。
去年なら、歩けないな。
去年は結構、おっかなびっくり歩いてた。

日々はそんなによくなったとかおもわないけれど、
1年とみるとかなりよくなっている。

雪、氷の上を結構スタスタと歩いている。
去年のようにおっかなびっくりではない。
ペンギン歩きではない。

スキーいっての筋肉痛もない。
腰はちょつと。。ですが。

ヨガのポーズはかなりできる。
術脚右は内旋がよわく、
不全脚左は外旋が弱いという対照的な脚。

これが、深圧にいくとそろうから、おもしろい。
持続してくれるとうれしい。
あ、深圧、札幌は1月30日から2月2日のはず。
今から心待ち。
15000円はキツイけれど。
3か月に一回だから、
1か月5000円としたら、
接骨院と同じなんだなあ。。。

地下鉄に乗り遅れそうな時ダッシュして走れる。
階段の上り下りダッシュもできる。
すごくできるようになったよなあ。。。

和式トイレは前から大丈夫。

ここまでくるのに、ただ時間が過ぎたのではなく、
筋トレ、リハビリ、マッサージ、体重管理。
体重は50キロ安定させたいがなかなか。
51キロで安定している。
手術時は48キロ。
筋肉増だけではないな。
RAOのドクターはBMI22以下でokというらしい。
まあ、私も両脚同時AAOではなくなったので50キロに
そんなにこだわらなくてもいいのかもしれないが。

腰も脚も体重は軽い方がいいという。
でも、職業的に50をきると動けないと保健の先生には
釘をさされている。

今年は父親は施設で。
外泊は止めた。
去年大変になった。
アルツハイマーはなんともやっかいだなぁ。。
今の施設は認知症の施設ではないので
外泊や外出を勧められるけれど、
いつもと違うことには、
もう、不安でいっぱいになるのだ。
本人が大変で苦しいのですよって
いってるんだけれど。。。
まあ、とりようによっては、
介護者が楽したいんでしょって
感じにいわれて辛いとこだ。
私はそんなに気にしてないけれど、
こういうのが負担になっている介護者もたくさんいる。。。。
ふう。

とにかく、悪くない。
感謝感謝だな。

明日はおせちの続きだあ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スキーのあとは

2012-12-29 22:41:45 | 股関節考
大掃除におせち。
腰の手術後、うごけなかったのでまる二年かな。
何もできなかった。
ので大変。
家もふるくなってあちこちガタガタ。

でもスキー後でも
脚は大丈夫。
少し筋肉がはってるかな。程度。
腰はいつもよりはちょっとだるい。

でも、大掃除できて、おせちつくれる。
あ、腰はおせちつくったからかなあ。

なんとかなってる
体に感謝。

筋肉痛は明日かな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スキーは。。

2012-12-29 15:03:11 | 股関節考
山頂は吹雪だった。
トマム以来の吹雪で視界ゼロ。
マイカーでないときは、どんな天気かは、かけだ。

いやあ、寒かったし、
せっかくのパーマも
ぺっちゃんこだあ!

と、腰はスキー大丈夫。だけど、絶対転べない。と思っているので、
中級でも力がはいる。ひゃあ。

脚はまあ、だんだんくる。
やっぱり負担あるなあ。と。かわいく初級コースなら大丈夫そうなんだけど。

踏ん張りがあるもんなあ。

そして、スキー靴は重い。不全脚ひ抜けそう気分になるよ。
ゴンドラ乗る時はスキーを持って歩く。
今日のリフトは四人乗りで脚をおける場所がある。ので、脚にやさしい。

10時半から、三時半までお昼時間抜いて、
正味4時間、中級。ロングコース。

脚はぎりぎり持ちました。
明日はどうなってるかはわからない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スキーへ

2012-12-28 08:33:16 | 股関節考
朝から、ゆきかきになった。
術脚右を踏ん張りたくなかったんだけどな。
はあ。

JRは一本早くした。
雪降ると遅れるから。

やはりの三分だけど遅れ。
江別初だから、これですんだかな。
岩見沢からだと危険だったな。

スキーと靴は思ったほど重くないけれど、
まあ、腰、脚にこたえるなあ。

この脚で嫌なのは、混んでる車内で踏ん張ること。なんとなく危険を感じる。大丈夫なんだけど。。怖い。術後のトラウマ?

さて今日はルスツ。気軽といえないところ。
ニセコほどではないけれど。マイカーならすごく気合い入れるところ。

山三つで大きい。

近場の午後すぐ帰れるとこではない。

無料送迎バスルスツ号
四台もいる。
私は二号車
一人で二座席、五十人乗りで二十四人。
初めて乗るのでいろいろ観察。
この号は一人の方が多い。
こんなに利用する人がいるんだなあとびっくりです。スキーはマイカー基本だっあので。

さて、加森グループは手稲、ルスツ、レースイとかあるけど一日券を違うスキー場で提示すると半額なるのだ。

私は今回の券を次回の手稲に使おうと思っている。

レースイも行こうかな。術前はよく行っていた夕張のスキー場。峠も楽々越えてたマイカーです。歳もとったし体はこうだしマイカーが面倒になってます。。

無料送迎バスルスツ号は、私の大好きな札幌国際スキー場を通過していく。何十年かぶりの十二月の豪雪だけど、今日なら、マイカーだせたなあ。と230号線を見て思う。

でも、私は基本、飲む。
しかし!
運転手が多く飲まなかった。だけ。
今バスは快適に飲める。
ので、無料送迎バスルスツ号は病み付きになるかも。。
中山峠は雪

札幌国際スキー場までの道もかなり変わっていてびっくり。

五年の月日は長いものなのだなあと。

札幌国際スキー場までの道を見るとマイカーで行けるなあ。。と。
マイカーの便利と気楽をとるか、
バスのビールをとるかなんだなあ。
どっちがいいのやらやら。
でも、ビールはトイレ近くなるんだな。ははは。

中山峠休憩があって助かりましたあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マッサージとストレッチ

2012-12-27 20:07:36 | 股関節考
術脚のそけい部あたりの筋肉が硬直してる。
連日の雪掻きかな。
フォームからいってそんな感じ。

術脚右を後ろに踏ん張る形になる。

ので、マッサージとストレッチを中心に。
テレビ見ながら、ちまちまやっている。

硬式テニスボールを活用するし、百均のマッサージ器具も活用。

もちろん、自分の肘も活用。

お尻、ふともも全面、そけい部とできるとこをできるかぎり。

明日、大きいスキー場にいく予定なのだ。まずは、荷物を運べるかな。。

マイカーは使わないで行く。

ドキドキ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギシギシいってるぅぅぅ。

2012-12-26 20:11:24 | 股関節考
深圧の先生が股関節の音についてかいていて
漢字わすれた。。。

だんぱつ股
だったかなぁ。

筋肉が硬直というかひっぱりでの
音といいますか。

私のは、そう思う。

本日は、積雪25センチを雪かきして学校へ。。。と。

事務仕事だけれど、
固まる感じというか、
動くたびにぎしぎしという感じです。

疲れたりすると音がすごくなる。というかんじです。

あまりにばきばきうるさかったので、
私は脚あげのリハビリはしなくてよいって感じになった。

また、鼠けい部の引っかかり感も
深圧のどなたかの先生のブログでかたられていた。

私はこういう症状にぴったりのあてはまりという感じです。
とにかく、筋トレ、リハビリ、マッサージで
術後1年半くらいでなくなってきた症状ですが、
疲れたり、脚をつかいすぎたり、
きつい雪かきの時にでてくる。

ので、やはり、筋肉の状況かなぁって
思います。
股関節の内転、外転、内旋、外旋、屈曲、伸展だったかな。
これもわかりやすく出てるブログがある。

東海中央病院の絵では読み取れませんでした。。。
今になってよくわかります。

明日も雪かきなら股関節は悲鳴をあげそうだ。
でも、
あさって、遠出のスキー1日かけて行く予定。
ふぶきませんように。
股関節もちますように。
荷物運びに腰がもちますように。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真冬日

2012-12-25 20:24:44 | 股関節考
一日、マイナスの気温。
終業式の学校はカチンコチン。

昔、昔は足さきが痛いほどさむかったな。
あ、窓側の席は、雪がふきこんで、雪積もってたなあ。

寒くて雪はサラサラのままで、タイヤがあしとられそうになる。

寒いから病むはないといってたけど、
腰の骨を作るために削ったところ、左の腰骨が疼くというか、
痛いというか、
ヒリヒリというかがある。

寒いとここが疼く。
と、気付いた。

脚は気にしたことなく、スキーいっても
全然元気。だな。

と、ルスツ、レースイ、手稲スキー場にいこうかなあ。と。
どこかの一日券をだすと違うスキー場は半額になるとか。

マイカーでなく、
無料送迎バスがいいなあって。

何故って、スキー場でビールのめるから!
いつも運転手で飲めなかったから。

スキー場を恋しく思うほど、元気になったんだなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス寒波

2012-12-24 09:21:04 | 股関節考
クリスマス寒波というより、クリスマス豪雪だな。

昨日の夜、雪掻きしております朝方、除雪車の音で目をさます。

ああ、クリスマスイヴの朝からがっちり雪掻きだあ。

明日もだ。

この脚、腰でよくやってるな。
雪掻きの雪は重い。
脚、腰両方に負担だよなあ。
雪国の方法が脚腰悪い人多いかなあ。。
などと思う。

傷そのものの
痛みはどんどんなくなった
前は、傷近辺に
固いものなどあたると
とびあがった。
今はそこまではいかない。
なんでも、少しずつで
一足飛びには
いかないと
頭でわかっているつもりが苛立つ事が多々ある
振り返り術後約二年は短いか。

私がスポーツバリバリの二十代か三十代の二年なら、長いと思うかな。

子供がいたら。。
休めない職場だったら、

長いかも。

今、五十になろうとしての二年だから、まだなんとか耐えられたのかな。

でも、過齢による衰えで回復がなかなかというのもあるよなあ。
とか。
バリバリトレーニングとはいかないなあ。

でも手術なかったら、こんなに鍛えてないから、もっと衰えてたかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AAO(臼蓋内転骨切り術) 術後1年10か月 振り返ってみると悪くない

2012-12-23 14:46:05 | 股関節考
AAO(臼蓋内転骨切り術) 術後1年10か月 振り返ってみると悪くない

きちんとカテゴリーわけをしていたのだけれど、
股関節が日記と同じになってしまっているなあ。。と

ちょっとわけては、みた。

術後から特に
股関節の手術の比較や回復の違いなんかを
比較してみたりしてきた。

また、保存療法か手術かなど
考察してみたり。

今、東海中央病院で
入院期間2週間の片足AAO(臼蓋内転骨切り術)で
股関節の自骨手術をした
結果
まあ、悪くはないか。。。と。

いろいろとありましたが、
なんとなく、ここのところお出かけで
歩いていると、歩幅がひろがったし、後ろへの蹴りが
力強い。
ここまで歩けるようになったか。。。と。

去年は、もっともっとおっかなびっくりと
雪の上を歩いていた。
滑らないように真剣に
力んで歩いていたよなぁと。

歩くという動作だけでいうと本当に悪くない。

AAOは私が手術受けたあたりの2010年あたりで
両脚の手術の方で不調の方が多かったと聞く。
片足の方でも、その後すぐに人工股関節になったとも聞く。

難しいのは、術前の股関節の様子がみな違うことと
年齢や生活の違いが大きいこと。

入院2週間でまず、アクティブな方々が多く
受診していると思う。
また、自骨なので、運動をしている方ダンスとかも
多いと思う。
ので、術後の回復の期待も大きいと思う。
私では、最初の病院で
入院3か月から半年、職場復帰は1年後
くらいにいわれると
術後の回復が大変だろうと思う。
でも、2週間だとなんとなく
すぐ回復する錯覚になる。

これは、先の腰の手術の患者さんたちが
そうでした。私も。
退院は2週間だけれど、それだけのことで、
すっきりさわやかに回復しているわけではなく、
術後、禁止やできなくなることがたくさん。
術後にわかったので、あまりの衝撃。

だから、股関節では、ある程度手術というものが
わかって、術後どうなるかをいろいろと
聞いた。けど、まあ、個人差が大きい。

ので、手術を検討している方は
AAOの退院2週間で思いこみをしてほしくないなぁと。

たしかに、杖ついて歩いて退院したけれど
今みたく歩けたわけではない。


さて、私の場合は、片脚手術
形成不全は両脚で最初は両脚同時予定だった。
でも、まあ、腰のことをひくと
股関節がいたーいっではなかった。
変形股関節症といっても加齢でこんなもんでしょな
手術しなかった左脚。
術脚右は初期とか前期です。
こちらは、軟骨があまりない。

形成不全でいうと、左CE書く7度、右5度
これで、腰が先に悲鳴をあげたわけである。
腰の病院で形成不全が47才にして発覚したということだ。
この年齢なら、保存療法で人工股関節まで
様子をみるのが多いみたいだけれど、
最初のドクターも手術するなら、今です!!だったなあ。
手術したって、人工にならないってわけじゃないんだよなあ。

反対に形成不全なく生きてきて40才くらいで
変形股関節症になるかたもいる。

人工股関節になるかどうかは
本当にわからない。

でも、人工股関節を回避したい方の方が
割合が多いと思う。
私はさいしょ、人工股関節になるその日まで
保存療法というか、こういう言葉もしらず、
様子見でほっておこうとおもった。
半年も入院できません!!だったので。
そして、ここで手術しなくてもだいじょうぶじゃん。
人工って手があるし。
って。
でも、腰のドクターもAAOドクターも
いつマヒしても知りませんよって
いうんだなぁ。。

で、手術したので、
最初の回復の感じには、ちょっとがっかりでした。
だって、手術していなかったら、
腰の術後半年でスタスタと歩いていたんだもの。

腰の手術もしてなかったら、
今でも、跳び箱とんでたな。
あ、麻痺してなかったらです。

あとは。。。なんといっても、
術後のAAOの不評やバッシング??といいますか
悪い話で、すごーくナーバスになった。
これが一番つらかったな。
あなたのうけた手術は最悪ですと
言われ続けた感じです。
不調の方にとっては、最悪の手術ですよね。
確かに。
自分もそうなってそう思うのかなって。。。
いろいろとネットをみても術後4,5年で大丈夫の方がいる
反対に術後1年以内の不調の方がたがいる。。と。。。

AAOにかぎらず、どの手術もそれぞれで
個人で違うのだと
今はそう思います。

さて、
術後、2週間で杖ついて退院。
雪の札幌におりたち、
3ヶ月後、検診に岐阜へ。
杖なくてよくなって、
杖なしでかえってきた。
わーいって思うのも束の間、
不全脚左が長い??跛行がでる歩き方になりそう。
と、深圧の札幌出張施術で走れるようになる。
あ、小走りです。

そして、筋トレ リハビリ、体重管理、マッサージの日々
ねがまじめですごくやりました。

半年、また検診。これは、通うのを夏にするための
普通はない検診。
なんともないっていわれても、
引っ掛かり感はあるし、筋肉が弱い。
痛みとかは全然なかったと思う。

接骨院にも通う。
ここで、いろいろとバランスディスクや
マッサージの仕方、ストレッチと教えてもらう。

スキーができた。

1年半検診
悪くないでーすっという感じ。
でも、嫌なんだな。筋力差。
と、「求めすぎです。」と。

うーん。もっともっと。とここまできて。

はたと、
あ、突っかかり感がなくなってる。
歩幅ひろがったなぁ。。

困ることないし。。。

と、職業的体育とかの不都合と
自分の趣味的スキーとか運動、ヨガが
今一歩をのぞくと、
悪くない。

だから、よかったというか、いいんだなっと。

そうそう、でも、でも、
術脚の股関節のバリバリ音はずっとあって
最初はそれで
脚あげリハビリはなくなった。
術後半年もあった。
術後1年くらいで、疲れてる時や筋肉萎縮のとき
なんかに音がひどいと思った。
今もときどきはある。
ゼロにはなっていません。
でも、音するから、悪いではないようです。

なんとなく、昨日、雪道あるいていて、
ああ、脚わるくないなぁつて。

AAOの術後で私みたくナーバスの方いないかなって。
いたら、私は元気ですっていいたい感じで
こんなことを書いている。

日常生活しっかりできます。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加