Jun日記(さと さとみの世界)

趣味の日記&作品のブログ

ダリアの花、175

2017-05-15 10:06:18 | 日記

 蛍さんの父が2階に駆け上がり、娘の病室への廊下を走るのももどかしく、

勢い付いた儘でだっーと病室の入り口に飛び込むと、丁度事は行われる最中で、それは彼の目の前で終焉を迎えました。

 ばしっ!

蛍さんの額の上で音がして、この時、義姉と義弟の目と目が合いました。

「何するんだ、あんた!」

蛍さんの父はそう言うと、きゅっと唇を噛んで目を怒らせると、蛍さんの寝ている寝台に近付き、義姉の手から箒を取り上げました。

それは病室を掃除する箒でした。彼女はその箒を両手で逆さまに持って、その柄で蛍さんの額を面とばかりに叩いたところだったのです。

 父が病室の入り口に立った時、その箒は打ち下ろされ宙を下りている所でした。

一瞬父の姿が目には行った伯母は、それが義弟と分からなくても、人の気配に振り下ろす手を躊躇して仕舞いました。

その為箒の勢いが削がれ、手元も狂い、打ち身に合わせようと狙ったところから外れ、箒の柄は蛍さんの額に命中したのでした。

 眠っていた蛍さんは大きな音に目を覚ましました。

目を開けようとしましたが、何だか目の前が真っ暗で目が開きません。その後漸く目に映った視界も、いつも見ている世界とは何だか違って見えます。

何しろ彼女は片方の目だけで物を見ていたのですから、何時もと比べると、目に映る世界は要領を得ないというものです。

それでも、目に入る2人の表情から、段々と父と伯母が険悪な雰囲気だという様子が分かって来ました。

 何しろ父の言葉が何時になく乱暴で、語調も荒々しい物でした。伯母も父に負けずに何やら盛んに言い争っています。

その2人の声を識別する事が出来るようになった頃、彼女は父にお父さんと声を掛けるのでした。

 「お父さん、如何したの?」

その声に父は振り向いて蛍さんの顔を見ました。そして、酷く驚いた表情になり、

「医者だ、医者だ、義姉さん医者を呼んできてくれ。」

と叫ぶのでした。

「そのままにしておいたら。」

と伯母は言い、どうせ助からないんだから早い方がいいでしょう。本人も苦しまなくて済むんだから。と続けて言うのでした。

 蛍さんの父は

「いや、私はまだ諦めていないんだ。」

「駄目でも出来るだけ長く、この子には生きていてもらいたいんだ。」

と強く主張するのでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ何も | トップ | ダリアの花、176 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。