Jun日記

趣味の日記ブログ

青い事典、まとめ23

2016-10-13 11:28:22 | 日記

 朝のホームルームが終わると、先生と私の目が合いそうになり、どきっとしました。

私はまた、先生に職員室に来なさい、話があるからと呼ばれ、きー君の件で職員室で叱られるのかなと

心の準備をしなければ思っていました。

 ところが、先生に名前を呼ばれたのは私では無く、別の人物だったので、あれっと、びっくりしました。

一難去った気分でした。

とにかく今朝は難を逃れたという感じでホッとしましたが、

何となく名前を呼ばれた人物が、今回の「きー&F事件」に何故か関わっている気がしたものです。

 Fさんの顔を見ると、にこやかに夢見る乙女でした。

名前を呼ばれた人物は、割と平然としていたので、今回の事は関係ないのかなと思ったりしました。

私は、大体この2人の間に位置していたので、左右を見比べて、先生の顔を見て、きー君の後ろ姿を見て、

ぼーっと思案に暮れていました。

 『また、私の方に危難が降りかかってくるのかな?

そんな事を危惧していた物です。

結論から言うと、この件で私は職員室には呼ばれませんでした。

その後数日、先生に呼ばれた人物は一人に限りませんでした。

入れ代わり立ち代わり複数に及んだようでした。

 きー君が付属中学に行くのを決めたと聞いた日だったでしょうか、

私はきー君から話があるという事をFさん経由で聞きました。

それでもう1度、渡り廊下できー君と話しをしました。

私の忠告にお礼を言いたかったのだそうです。Fさんの気持ちに気付いた事も嬉しかったそうでした。

  と、思うんです。

そろそろ記憶が定かではありません。本当です。 

 そのお礼にと、きー君は私に忠告してくれました。

「人が皆、自分と同じ考えだと思わない事だよ。

というものでした。 

 私にはこのきー君の忠告もよく分からなかったものです。

人それぞれと思うから、2人の気持ちを確かめた上で事に当たりたいと思っていたのに、

と、内心思いつつ、

「私って、馬鹿だから、人の気持ちがよく分からなくて、ごめんね。

とか何とか、 当時の世相、女の子は馬鹿だのイメージを前面に押し出して、

その場のお茶を濁して、兎に角、きー君との話を早く終わらせて、

この件からは早く手を引きたいと思うのでした。

以降、きー君と直接話はしたことはありません。

中学は当然違いましたし、その後の進学経路も違いますし、Fさんとの事が無ければ、全然関係無いままであったなぁと思います。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青い事典、まとめ22 | トップ | 新しい目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。