Jun日記(さと さとみの世界)

趣味の日記&作品のブログ

ダリアの花、70

2017-03-06 20:36:08 | 日記

 「さっ、蛍、帰るぞ。」

蛍さんを見つけて、抱き上げた父は自分に結んで来た紐を頼りに戻り始めました。

少しずつ紐を手繰り寄せます。

「途中まで送って行くよ。」

源さんが蛍さんの父と並んで歩き出しました。それにと言います。俺その子を苛めてなんかいないからな、誤解だよ。

そう言って、並んで歩きながら事情を説明しました。他にも、父や母、その他兄妹などにも伝えたい事を言付けるのでした。

 最初は源さんの言葉に聞かぬ存ぜぬの蛍さんの父でしたが、少しずつ源さんの言葉に耳を傾けて行くのでした。

特に蛍さんの事でのアドバイスには、ハッとして耳に痛い事もあるのでした。新米の父には思う所も多いのでした。

思ったより道のりが長いので、3人は休憩する事にしました。蛍さんは泣き疲れたのかうつらうつらしています。

 「あら、今この子の目が開いたわ。」

お寺の奥様がハッとして声に出します。直ぐに住職さんが隣の部屋から飛んで来ました。

如何だい、意識は戻ったかい?そう奥様に息せき切って尋ねます。うーむと奥様はうなります。

開いたと思ったんだけど、…、閉じているね、今はね。何だか住職さんには要領を得ません。

「お前、確りしてくれよ。お前までおかしくなった事には、私は如何すればいいか分からなくなるからね。」

などと言って奥様を労います。その手を取って見つめ合います。と、ぱかり!、2人の取り合った手の間で蛍さんの目が開きました。

 「ねえ、今。」「ああ、開いたよね。」

そんな2人の会話の中、蛍さんは目をしばたたいて2人を見上げます。

『なんて間の悪い子なんだ。』

「間の悪い子だね、あんたって子は。」

蛍さんが意識を取り戻して、最初に聞いた奥様の言葉でした。当然蛍さんは困惑して眉間に皺を寄せるのでした。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダリアの花、69 | トップ | ダリアの花、71 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。