Jun日記

趣味の日記ブログ

新しい目、5

2016-10-16 23:13:57 | 日記

 転校問題が再熱したのです。

しかも、今回私はかなり本気でした。

本当に向こうの小学校から来たクラスの男子に、私はうんざりしてしまいましたから、

父に相談する前にこうと自分で決めると、一気に職員室に申し出に行きました。

担任の先生は、分かりました手続しましょう、と、直ぐに返事をしてくださったので、

案外言いだしてみると事は早いのだと、『案ずるより産むが易し』だなと思いほっとしました。

私は今まで溜まっていた物を吐き出したようで、自分の肩の荷が軽くなった気がしたものです。

 その日家に帰ると早速、父の帰宅を待って転校の話を切り出します。

父は

「実は先生との話し合いで、次にお前が自分で職員室に言いに来たら、転校の手続きをする事になっていた。」

と言うのです。

 それで先生の対応も早かったのだと私は合点がいきました。

「そうか、それならそれに合わせてこちらも用意しないと。」

父はそう言って、親子共に転校の意思を固めるのでした。

 それから2日ほど、私は担任の先生からの呼び出しを待っていましたが、全然音沙汰は無く、

とうとう職員室まで進捗状況を聞きに行くことにしました。

 職員室をのぞくと、担任の先生が自分の場所に座っておられました。

私は転校の手続きはどうなっているのでしょうか、と尋ねてみました。

先生はそんな事聞いていませんと仰るので、私は面食らってしまいました。

当時の私には、書類作成など、手続きは全部先生がされるのだと思っていたので、

私が2日ほど前に転校の話をしたのを、先生が聞いていないと仰るのだと思えました。

それで、2日ほど前の何時頃に私が直接○○先生に申し出ましたけれど、と言わざるおえません。

 ああそれね、と、先生。

先生は書類の手配はされていたようです、それで、と転校理由など聞かれました。

私は、何時何時に、私がこうこうしていると誰それ君がこうしてこうなってその後どうと、説明します。

先生は、クラスの男子何人かではなく1人の男子に限った事と知ると、

一寸今までと事情が違うからと、すぐには手続き出来ない、今回の事情をよく調べてからと、

時間が掛かる事を仰います。 

 私にすると今までが結構長くて、クラスの男子からの嫌がらせが3度目になっていたので、

こうやって職員室にまで申し出たのですが、事情が違うという事には思い至れず、

すぐに納得はできませんでした。

それでも、家での父の様子や、私の決意から転校は決定事項だと思っていました。

 時間がかかるのかと溜息でしたが、こうやって自分でも転校に向けて動き出したのですから、

あとは学校の処理を待ちながら、家族と準備を進めて行こうと決めて、職員室を後にしたのでした。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新しい目、4 | トップ | 好きな方言? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。