Jun日記(さと さとみの世界)

趣味の日記&作品のブログ

ダリアの花、43

2017-02-21 17:00:58 | 日記

 源の話は続きます。

「そうだよ、父さん、俺だよ。澄も傍にいるからね、後で交代するよ。」

蛍さんは話を、2人が順番に話す事を、言葉の通りそのままに鸚鵡返しに話すのでした。

 「私の順番は来ないの?」

蛍さんが大人2人の話に口を挟むと、2人は困った顔をして見つめ合いましたが、源はにやにや笑うと、

「もう少しこのおじさんとおばさんに話を続けさせてね。」

と彼女に頼むのでした。大きなお兄さんとお姉さんの事だ、自分は小さいのだから仕様が無いかと、

蛍さんは自分の番が来るまで、我慢して好きな事を言うのを待つ事にしました。

 源と澄の2人の話す順番が、そう長く続かない内に先程の消えた男性が帰って来ました。

「やぁ、」

待っていた大人2人に挨拶をして、何だか困ったような笑顔をしています。

「ちょっとお客さんを連れてきてしまってね。」

連れて来たというより、着いて来てしまったんだけど。此処に来た時に丁度向こうも此処に来ててね。

バッタリ顔があってしまったものだから、直ぐに話しかけて来てね、ここは何処だと言うから、

私から説明するより、身内の2人に合わせ方がいいと思ったんだよ。

「君たちも話があるんじゃないかい、お身内同士で直接の方がいいと思ってね。」

そう言って男性は、向こうに待たせてあるからと、指でお客を待たせている所を示し、源と澄に場所を教えるのでした。

 「君は行っちゃだめだよ。おじさんと一緒にいようね。」

そう言われて、蛍さんは男性に足止めされてしまいます。

教えられた2人はすぐにその場所に向かって行ってしまいました。男性と蛍さんの2人が残りました。

 「君は会わない方がいいんだよ。此処ではね。」

男性に言われて、蛍さんは折角の遊びが中断されてしまったので溜息を吐きます。彼女はまた退屈になってしまいました。

「退屈なら、少しおじさんと話をしていようか。」

男性が気を利かせて言います。何を話そうかな、そう言って下を見て蛍さんの描いた絵に気が付きました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダリアの花、42 | トップ | ダリアの花、44 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。