Jun日記(さと さとみの世界)

趣味の日記&作品のブログ

ダリアの花、171

2017-05-13 18:38:49 | 日記

 「明日の朝までは持たないと言う話で…。」

そう父の震え声が聞こえ、父の言葉は此処で途切れたようでした。

「まぁ、そんな酷い事になって。向こうさんは如何いうつもりなんです。」

未だ謝りにも来てないんでしょう。ホーちゃんがこんなになってから大分経つんじゃないの。向こうの気が知れないわ。

伯母の声がします。

「家にも子供がいるから、同じ寺でしょう、気が気じゃないわねそんな子がいるなんて、あの子達も家でホーちゃんの事を心配してましたよ。」

伯母はここ迄言うと、優しそうに父に向かってにっこり微笑むのでした。

 「まだ、向こうには何も知らせてないんです、義姉(ねえ)さん。」

父の言葉に、えっ!と驚く伯母の声がしたので、蛍さんは目を開けてみました。父と次兄の伯母が病室の入り口の方で並んで話をしています。

 「私だったら、相手先の家に怒鳴り込んでますよ。大体、あの子の母親の方は如何してるの、まだ病院にも来ていないなんて。」

「もしかしたら先方に苦情を言いに行っているの?それなら今こに居ないのも頷けますね。」

「いや、義姉さん、あれは向こうさんの住所を知らないから、先ず向こうに行ったとは思えないんです。」

蛍さんの父は言いました。

そうです。蛍さんの母は病院にも家にも居なくて、この時、何処へ行ったのか行方不明になっているのでした。

 「タクシーの運転手さんに問い合わせたら、大分前に確かにこの病院の前で降ろしたというんだ。

だからちゃんと病院の前までは来ているんだが、その先が何処へ行ったか不明で分からない。迷子になったんだろうか。」

父は心配そうに義姉に相談するのでした。

 「迷子と言ったって、この病院の前で降りて、大きな建物は目の前にあるこの病院だけしかないじゃないですか。」

後は普通の家ばかり、私達だってここには来た事が無いけれど、すぐにここが目当ての病院だと分かって入りましたよ。

一体、何処で如何迷うというんです。

伯母は絶対そんな事ありっこないと言わんばかりに、わなわなと怒りで身を震わせると、行方の知れない蛍さんの母を詰るのでした。

 「大体、自分の子をほっぽって、自分は何処かに消えてしまい、その間、人様に面倒を見てもらおうだなんて、

あの人は何時もそうですよ。」

私にだって子供がいるんですから、行き成りこんな所に呼び出されても、酷く傍迷惑というものです。

折角の盆休みがとんだ事になりました。こっちは墓参りから帰ってやれやれと思っていたら、急に電話が掛かって来て、

またここ迄とんぼ返りだなんて、義姉さんもいい迷惑だと言っていましたからね。

父に対して、文句たらたらになる兄嫁なのでした。

 「まぁまぁ」

そこへ長兄の兄嫁が入って来ました。

「父親という者は大変なのよ。子供だけでなく母親の面倒も見るんですから。」

そう義弟(おとうと)の事を義妹(いもうと)に取り成すと、蛍さんの父に祖父が呼んでいたと告げるのでした。

「父さんが?何の用だろう。」

蛍さんの父は義姉(あね)達に蛍さんの事を頼むと、蛍さんの祖父を探して廊下に出て行くのでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダリアの花、170 | トップ | ダリアの花、172 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。