Jun日記(さと さとみの世界)

趣味の日記&作品のブログ

ダリアの花、176

2017-05-15 22:08:36 | 日記

「大体、義姉さんの子でもないのに、如何してあなたが手を出したりするんです。親がちゃんといるのに。解せないなぁ。」

そう父が憤然として言うと、伯母は肩を落として力なく言うのでした。

「義姉さんがそう言っていたのよ。お義父さんがそう希望しているという話だったものだから。それに、澄さんの時の事を思い出してごらんって言われたものだから。」

「澄だって。」

「これは蛍の事なのに、如何して澄が出てくるんだ。」

と蛍さんの父は合点がいかないなぁと、口に出します。

「大体澄は怪我じゃなく病気で亡くなったんだよ。」

怪我をして危ない蛍とどう関係があるというんだ。そう父があなたの言う事は本当に解せないなぁと義姉に言うと、

伯母は答えました。

「澄さんが酷い病で、あれだけ苦しんで亡くなった事を、私や義姉さん、義兄さん、お義父さんやお義母さんだって、家の人だって、皆まだ確りと覚えているんです。」

あなたは家にいなかったから知らないんでしょうけど、それは酷い苦しみようで、傍で見ていた私達でさえ気の毒で、可哀そうで、

何もできないもどかしさを嫌という程味わったんですよ、またあの時のような苦しみや悲しみを繰り返したくないんですよ、

義姉さんも私も、そしてお義父さんもそうらしいと義姉さんが言うものだから、止む無く私が始末を引き受けたんです。

伯母がそう説明すると、蛍さんの父は眉間に皺をよせました。

 「澄がそんなに苦しんだなんて、私は初耳だなぁ。」

本当の話ですかと彼は言うと、あなたの言う事は如何も信用できない、こんな場面を目の当たりにした後なら尚更でしょう、

父に聞いて真実を問いただしてみないと、大体私がここへ来たのだって父に言われての事です。父があなた達と同じ意見だとは思えなぃなぁ。

そう蛍さんの父は自分の考えを示します。伯母は、ではお義父さんに確かめてみられたらいいでしょう。

そう言うと、つーっと廊下へ出て行こうとしました。

 「何処へ行くんです、逃げるんですか。」

蛍さんの父がきつい声で言うと伯母は沈んだ声で答えました。

「お医者様を呼びに行って来るんです。」

手当てしてもらうんでしょう、腫れが段々酷くなって来ましたからね。

そう伯母が言った通り、蛍さんの額には大きなたん瘤が出来て、瞼のあたりまで腫れが広がって来ていました。

「たん瘤が出来たのなら大丈夫なんじゃないですか。案外大した怪我じゃないのかもしれませんよ。」

腕白盛りの男の子を何人か持つ伯母は、安堵したように微笑むと、病室に父を1人残して廊下に出て行ってしまいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダリアの花、175 | トップ | ダリアの花、177 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。