Jun日記(さと さとみの世界)

趣味の日記&作品のブログ

三文小説(7)

2017-07-29 15:53:09 | 日記

 彼女達はお互いにまぁそうなのと頷き合うと、平野さんはこういった物です。

「喧嘩を止めに入ったのに、交代して喧嘩する人もいるのね。本当に驚いたわ。」

そうすると野原さんはえっと驚きました。松山君が止めに入った事を彼女は知らなかったようです。

「松山君、元々喧嘩してたんじゃなくて、止めに入ったの?」

「じゃあ、如何して彼、喧嘩しているのかしら。」

平野さんは不思議そうな顔をして野原さんを見つめました。野原さんの言う事が直ぐには信じられないという顔つきです。

それで野原さんは彼女に事の成り行きを説明しました。

 喧嘩が起きた時、松山君は自分の傍辺りにいて、止めろよと言ってけんかを止めに行ったのだということ。その後、男女の喚声が上がり、野原さんが見ると、喧嘩していた一方が松山君と入れ替わっていた事。そしてそのまま喧嘩しているのは今の2人になっている事。そのような事を手短に説明しました。

「あの人、松山君でしょう?」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 使ったことがありません | トップ | エアコンに水分の補給 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。