Jun日記(さと さとみの世界)

趣味の日記&作品のブログ

ダリアの花、159

2017-05-02 17:22:26 | 日記

「あの子は…、そうなのか。」

何だか表情を曇らせて、彼は何事か考えているようでした。

 本堂の脇の入り口に蛍さんの父が姿を現しました。光君の祖父はハッとして、もうそんな時間かと思い、

蛍さんと何も話していない事に気付きました。

 彼女の父にもう少しお願いします。5分ほど良いでしょうか、考え事をしていてまだ何も話していないんです。

光君の祖父はそう正直に彼に話し、父親からもう1度承諾を得るのでした。

蛍さんの父は2人の時間を作る為に、また奥の座敷へと戻って行きました。

 光君の祖父は、今回は早めに要件を切り上げなければと、直ぐに蛍さんに話し掛けました。

「君ね、蛍さん、ホーちゃんだったね、ホーちゃんは向日葵が好きだろう?」

蛍さんは、あまり話した事が無い年配の男性と2人で話をするのは気が進まなかったのですが、

彼ににこやかに親し気に話しかけられると、彼女も打ち解けたにこやかな表情に変わりました。

 「うん、好きよ。大きくて黄色いお花ね、お日様みたいな花でしょう。大好きよ。」

「あの花は大きいだろう。君の背丈より大きくて、君は怖くないかい?」

光君の祖父にそう聞かれて、蛍さんは一瞬ひやりとして、胸に思い当たる物が有りました。

  それは幼稚園時代の事でした。子供達皆で花壇にヒマワリを植えました。

その花を知っている子や先生から、それはとても大きな花だと聞かされた子供達は、向日葵の開花する日をとても楽しみにしていました。

やがて向日葵は芽が出て茎が伸び、草丈が伸びるごとに葉も大きくなり、その葉の大きさに皆一様に驚いて行くのでした。

遂に蕾が付き、明日、明後日には開花するらしいと噂がながれ、皆が喜びに湧いてその開花を待ち焦がれていた開花当日、

それは起こりました。

 蕾が緩み始めた後2、3日雨が続き、その後天候が回復して、からりと晴れたよいお天気の日でした。皆は久しぶりの外遊びに興じていました。

その時です、おーいと誰かの声が聞こえ、咲いたよー、向日葵がさいたよー。という声が遠くの花壇の方で聞こえました。

わー、咲いたんだって。きゃー、見に行こう。わーっと、園庭にいた皆は一斉に花壇まで駆け出して行きました。

花壇から可なり離れた場所にいた蛍さんも、皆に遅れまいと急いで花壇に向かって走り出しました。

彼女は砂場を超えて園の建物を曲がると、花壇方向へまっしぐらに向かいました。

 その時です、きゃー!、わーんと、子供達の鳴き声が聞こえ、顔をくしゃくしゃにした2、3人の女の子が泣きながら駆け戻って来ました。

バラバラと、蛍さんにぶつかる様に行き合うと、顔を上げている者は恐怖で引きつった形相、泣いている者は手で顔を覆ったまま走って行くのでした。

逃げて行く第1陣が、その隊列を避けた彼女の脇を走り去ったと思ったら、次の女の子達の塊が、やはり悲鳴を上げてダーッとばかりにやって来ました。

蛍さんはぶつからない様に更に脇に下がりました。走り去る子達を傍観して、彼女が続いてまた花壇方向からやってくる子供達に目をやると、

その中に仲良しの見知った子が1人いました。蛍さんが、あ、○○ちゃんと声をかけると、

「あ、蛍ちゃん、行かない方がいいよ。」

怖いよ、怖い。向日葵って怖い花だよと、彼女が立ち止まって蛍さんに言うと、他の子達の何人かも立ち止まり、口々に彼女に同意して怖い怖いを連発するのでした。

そこで彼女達は、蛍さんに向日葵は怖い花だと一様に告げると、ワーッとばかりにまた駆け出して、一目散に向こうへ行ってしまいました。

向日葵から少しでも離れて遠い所に行きたいと言うと、仲良しの女の子も蛍さんを1人残して、園庭の方へ駆け戻って行ってしまいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長年やっているのに | トップ | ダリアの花、160 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。