Jun日記

趣味の日記ブログ

新しい目

2016-10-13 17:13:50 | 日記

 中学生になると、小学校2校が合わさるので生徒数がガバッと増えました。

1学年に、一気に今までの2倍以上のクラスがあり、新しい顔ぶれのクラスメートと同級生に、気持ちも新たなスタートとなったのです。

私服の小学校時代と違い、制服がありました。皆同じ出で立ちです。

女子はスカートです。スカート嬉しい響きです。

 何故こう私が喜ぶかというと、小学校の高学年はほとんどズボンで過ごしたからでした。

父が母に私にはズボンを穿かせておけと煩かったからでした。

しかも、着古しなので膝小僧が飛び出したズボン姿でした。

6年生の3学期には、今どきあんなズボンの穿き方、着せ方しないぞと、

クラスの男子が陰口を言うのを聞いたものでした。

 実は、自分でも酷いズボンだと思い、終戦直後でもないのにと思ったものでした。

あんなズボン穿かす家の子、貰わない方がいいぞ、といった類の陰口でした。

それは当たり前な気がして、私自身も苦笑いでした。

 そんな訳で真新しい制服に、真新しい学生鞄、新しい生活のある中学校に希望を抱いて私は入学したものです。

慣れていない、新しく顔を合わせるもう一校の生徒達に不安を抱きながら、それでも同い年、人の事

仲よくなれるだろうと目算していました。

しかし、私のこの目算は外れました。

特に1年時には大きく外れたものです。

入学式直後の1週目から、いきなりクラスの男子のいじめに会ったのでした。

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青い事典、まとめ23 | トップ | 新しい目、1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。