Jun日記(さと さとみの世界)

趣味の日記&作品のブログ

ダリアの花、118

2017-04-05 13:59:22 | 日記

 それからと若奥様が子供の話を促すと、蛍さんは

「今日は何の日だってお父さんが聞くから、5月5日のこどもの日だとホーちゃんが言って、」

お父さんが、そうだ、5月のこどもの日だ、今日は良い天気で暑いくらいだ、5月のお天気の良い日は五月晴れというんだ。

と言って、こんな5月の暑い夏のような気候を初夏の気候だとか、今はもう5月で夏の始めだとか、夏の始めは初夏というんだよと言って、

分かったかって言うから、ホーちゃん、分かったって言ったら、よしってお父さんが言って、

お父さんはこの奥に知っている人が居るから、その人に会って来る。この奥は女の人は入れないから、

お前も子供だけど女の子だから一緒に連れていけない、だからここで待っていなさい。

ちゃんとお父さんが戻って来るまでここで待っているんだよ。いいねって、そう言って、

直ぐに戻って来るからって言って、あっちの方へ行ったんだけど。と、奥の座敷の方を指さしました。

 何時まで待ってもお父さんが帰って来ないから、そう蛍さんが言うと、

「心配になって奥へ覗きに来たのね。」

若奥様の言葉に、蛍さんはうんと頷くのでした。

 成る程と、若奥様は蛍さんの話は本当だと思いました。

何故なら、蛍さんの話す事が姑と話す男の人の如何にも言いそうな事であり、

その蛍さんの口ぶりが、如何にも彼の口ぶりにそっくりなので、まぁ、あなたうまいわねぇと、つい微笑んでしまったからでした。

そして、この子は真実を言っているのだと益々確信を深めたからでした。

 では、これは一体如何いうことなのだろう。この子のいう事が嘘でないとしたら、

こうやって見ていると、あちらで姑と話す男の人も実際にこの子を知らないようだし、不思議な事があればあるものだと、

そう奥様が考えている内に、ふと、檀家の中のある男性のことに思い当たりました。

 そうだ!あの人もここは自分が今まで住んでいた世界とは違うと言っていた。

元の世界の事が気にかかると言ってお父さんに一時相談に来ていた事があったっけ。

あの人はこの世界の方がよいと言って、別に帰れなくてもよい様な話でそれっきりになったけれど、

この子はこの迄では困ったことになりそうだ。そう考えた奥様は思案顔になりました。

 もしかしたら、その人とこの子は同じ世界から来たのかもしれない。2人を会わせて話をさせて、

その上でお父さんや皆で考えてみるといいんんだわと思い立ちました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おにぎりかな | トップ | ダリアの花、119 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。