Jun日記

趣味の日記ブログ

新しい目、2

2016-10-15 17:17:59 | 日記

 実は、と、私は話します。

「入学して直ぐぐらいから、クラスの男子が意地悪でね。

当時は苛めという言葉がありませんでした。嫌がらせという言葉も私にはピンと来ないものがありましたから、

全て意地悪です。

 元々の小学校の男子はどうなんだ?と父が尋ねるので、そっちの方はそんな事は無いと答えます。

向こうから来た男子が何だか私の事で騒いで意地悪なのだ、と話します。

父はそうかと言って、『人の噂も七十五日』、その内収まるだろうから、

もうちょっと様子を見たらどうだと言います。

 そうねえ、いったん収まりかけたんだけど、また何だか意地悪が復活してね、

前の時は向こうの男子全員が騒ぎ立ててた感じだったけど、

今回は1部だけなんだけど、前より物言いがしつこくて酷いのよね。

しつこい理由も分からないのだと言って、意地悪される覚えが全く無い事も話します。

 最初の騒ぎははっきり私の名前から来て、それを面白おかしく囃子立てている感じでしたが、

2回目の苛めの波は全く理由がわからないものでした。

しかも数人でしつこく執拗な感じでした。

理由が分かればそれなりに解決策の目途も立つのですが、ただ嫌いだからという感じでやって来るようで、

私は、所謂生理的に嫌だから、という感じをその中心の男子から受けていました。

 人の好みはそれぞれなように、人の憎悪もそれぞれといったところなんでしょうか。

ちょっと普通ではない異様さを感じて、私自身あまり関わりたくない感じでした。

それで、ついつい転校したいなと言葉に出たのでした。

 「一旦引きかけたという話だったがなぁ」

と父が言うので。

お父さん知っていたのと聞きます。

 うん、ちょっと言ってきた人がいてね、と父。

私は何だ知っていたのかと思いながら、私もその内収まるだろうと父には黙っていたと話します。

 初めの意地悪の方は自分で解決出来そうだったから、そう気に病むほどでも無かったと話します。

でも、2回目の物は如何してよいかわからないし、どうも意地悪してくる男の子が変なのだ。

何で私に意地悪したいのかが全然わからなくて、ただ意地悪したいからしているだけに見えるの、

根っからの意地悪好きで、私に意地悪しても何も起こらないと思っているみたいなの。

と、話します。

 私が転校したら懲りるんじゃないかしら。

このままじゃ勉強もできないし、困ってしまうわと、父を横目で見ます。

 父は勉強の為というと、割合無条件で何でも聞いてくれましたから、私は内心ウフフと思います。

「お前、お父さんのツボを心得てるな。」

と、父は小声でつぶやいていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美術館好きです | トップ | 新しい目、3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。