Jun日記

趣味の日記ブログ

青い事典、まとめ21

2016-10-11 14:10:32 | 日記

 2度目の会話になると、今まで話も無かった2人が1日の内に、そうそう渡り廊下で出会うのはいかにも不自然です。

偶然の訳が無いと思われるのは必至です。

それで、今回は正直にFさんから頼まれた旨を告げます。

そして、こう短時間に、今までも私にはよく分からなかったきー君の事を理解するのはとても無理と、

Fさんの気持ちに絞って話しを進めることにしました。

 実は、ここに来たのは偶然じゃなくて、Fさんから頼まれたからなの、と、話を進めます。

私にはきー君の気持ちは分からないけれど、と、付属に行くかどうか迷っている理由は分からないけれど、

Fさんはこう言っていたと言い、Fさんの様子、Fさんの言葉から、

どうもFさんはきー君が好きらしいと告げます。

 「Fさんが

きー君は驚いていました。

 あれ?気付いてなかったのかな、と、私もきー君の反応に驚きました。

てっきり、それなりにきー君はFさんの気持ちに気付いていると思っていました。

その後私達は少しFさんについて話しましたが、

ふと、きー君は私に、もし私が付属を受けて受かっていたらどうするかと聞くので、

私は山を見ながら答えました。

 「私だったら、難しい試験に受かって、費用もあれば、迷わず自分の可能性にかけて付属に進学すると思う。

と、答えました。私だったらよ、私はきー君じゃないもの。

私にはFさんみたいに心を寄せてくれる彼女はいないし、迷う事も無いからと。

私はここでちゃんとFさんのアピールも忘れません。

 きー君は考えていましたが、分かったよ、皆と同じ中学に行くよと言ってくれました。

それは、Fさんにとって良かったと、私は早速Fさんに報告しておくねときー君から離れ、

渡り廊下を後にするのでした。

 そして、この事をFさんに話すと、Fさんは満面笑みでとても喜んでいました。

「やっぱりJunさんに頼んでよかった。

と、言われた私はFさんの現金さに苦笑い。

Fさんに振り回された今日の私の気苦労を思うのでした。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青い事典、まとめ20 | トップ | サツマイモスイーツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。