Jun日記(さと さとみの世界)

趣味の日記&作品のブログ

牧歌の郷

2017-10-07 15:25:37 | 日記

 私にとって、1つの鬼門の場所を離れました。しかし、2日後の朝を思うと不安な気持ちがします。又あの様な暗澹たる気持ちを胸に持つ事になるのでしょうか、自分でも予測できない未来に憂鬱になりそうでした。

 しかし今は一般的な人もそうであるように、気分の弾む旅行中であるという事が、私にも精神的な高揚感をもたらしているのではないか。その事がプラスに働いている分、感情面が落ち込むマイナス面が軽減されるのではないか、そうかもしれないと楽観的に考えると、私はそんな微かな期待を当てにする事にしたのでした。そう考えると胸に希望を抱いて微笑んでみるのでした。

  (ノーフォークラベンダーでの買い物レシート。絵葉書やティタオルを買ったことがわかります。7月18日の17:59の打刻があります。)

 (パンフレットを開いてみると、農園の見取り図が広くありました。この当時の農園の様子が分かります。)

  バスは一路その日の宿泊先、ヒルトン・ノ―リッジに向かいました。如何やら無事に観光を終えた事で、私はバスのシートにもたれ込みながらホーと安堵の溜め息を漏らしました。後はゆっくりと車内で休むだけです。この日宿泊先ホテルではレクチャーが予定されていました。

 メモによると、「イラクサ、ネトル(ネットル)。夜、パースニップ食べる、スイートポテトのよう。」とあります。

 この日のホテルの夕飯で、私達は講師の方お奨めのパースニップを頂きました。確か私はこの日の日中に、何処でであったかは忘れましたが、歩きながら講師の先生から、パースニップがこの地方の特産品であり、この機会にぜひ賞味出来たらいいのだが、というような話を聞いていました。それが夕食に料理の付け合わせとして出て来たのです。(先生がお願いして出していただいたという話であったかもしれません。)

 「皆に味わってもらえてよかった。」

食卓に着いた先生が満足げに笑顔でそうおっしゃったのが印象的でした。どうやら先生もお気に入りの野菜であったようです。

  現在になってパースニップを調べてみると、セリ科のニンジンに似た根菜で、別名アメリカボウフウ、シロニンジン、サトウニンジン。 ヨーロッパ原産。 とあります。欧米では、野菜としてだけでなく薬用としても重宝されて来たものだそうです。抗酸化作用が高い。糖分が多いので食べ過ぎに注意とあります。

 講師の先生も、甘い、サツマイモに似た味というような事を仰っておられましたが、カブのような食感とサツマイモのような甘みのある味という記事もあります。

「葉や茎の汁はフラノクマリンを含むため光線過敏を引き起こす。このため取り扱いには注意が必要」とあります。やはり何でも慣れない植物、よく知らない植物には注意が必要ですね。

 実際に当時私が食べた感じでは、色は薄く黄色がかって、食感はややしょりっとした瑞々しさを感じさせる感じで、味はやはり甘みがある物でした。

 この日の最後に、ホテルでのレクチャーの事を書いておきます。私の手元には銀色の確りした紙製ファイルが残っています。表には「HILTON MEETINGS」と白文字の印刷。裏には同じく白文字の印刷で、「HILTON DIRECT WORLDWIDE」とあります。一段下がってカッコ書きがあり❛Call us on 0800 856 8100 or email hilton.direct@hiLton.com for all your meeting and conference requirements❜ とあります。

 ファイルを開くと、中には罫線掛けの白いレポート用紙が7枚入っています。私は半枚程しか書き込みがありませんが、アーモンドについてのレクチャーであった事が分かります。原産地、花の特徴、効能、保存の仕方などが書いてあるようです。他にホテルからの外線電話の繋ぎ方、添乗員さんへの緊急連絡電話番号、明日のモーニングコールの時間5:30、出発6:30、荷物5:45、朝食5:30のメモの端書もあります。

 さて、この銀色のファイルの中には、半折になった白い紙が入っていました。その白い紙はクリップで留められていました。今現在このクリップを紙から取ろうとすると、かなりきつくなり錆付いた感じで容易には抜けませんでした。漸く引っ張り抜いて紙を開いてみると、「MIX AND MINGLE」の題字があります。Dearの文字の横にMs と私の苗字があります。読んでみると、pre-dinner drinks and canape's への招待状です。時間はと言うと、between6:30㏘ and 7:30㏘とあります。

 招待状なんてとても嬉しい話です。心情的にもぜひ参加したいものでした。でも、レクチャーの時間は午後7時頃から1時間程だったと思うので、時間的に参加は無理だったと思います。実際、私は内心30%ほど残念に思いながら講師の方のレクチャーを受けていました。その後、夕飯をレクチャーの後、皆で共に午後8時頃の会食でいただいたと思います。

 私はこの時の招待状が余程嬉しかったのでしょう。こうやってレクチャーのファイルの中に一緒に綴じ込んであるのですから。私は過去にパーティのような物に招待された事が殆ど無かったのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牧歌の郷

2017-10-07 15:09:32 | 日記

 私は深く息をするのを止めて、ラベンダー畑の入り口でラベンダーの花を観察してみました。ここの花々にも蜂が忙しなく蜜集めに来ていました。『どこにでも蜂がいるのね。』私はこの国の花と蜂の、切っても切れない縁のような物をこの花の旅で感じていました。蜂に慣れてしまうと、その丸みを帯びたお尻さえ可愛いと感じるのでした。

 目を上げると、同行の旅の一行は畑の道を奥へと進んで行きます。私だけ団体から離れる訳にも行きません。意を決してついて行きました。なるべく香りを嗅がないようにして、そう言っても無理なので、遂にハンカチを取り出して保身を図りました。

 折角来たのですから、せめて花の様子を観察しようと、しゃがみ込んで間近に花を観察したりしました。可愛らしくて美しい紫色であり、ピンク色であり、藤色でした。香りだって嫌いな香りではなく、どちらかと言うと好きな香りでした。何で合わないのだろうと恨めしくなる気分でした。

(写真の日付は19日になっていますが、半日ずれているので、18日の午後です。)

 ここでは、花の精油、エッセンシャルオイルの採取道具が展示されているのを幾つか見たと思います。香水工場の見学は全然覚えていません。多分そこだけは見学せずに外にいたのかもしれません。写真撮影して時間を潰していたのでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牧歌の郷

2017-10-07 14:05:55 | 日記

 ノーフォークラベンダーでは、バスを降りて直ぐに私はこのファームの看板の前で写真撮影していただきました。撮っていただいたのはAさんです、写真を撮りましょうと彼女の方から申し出てくださったので、私はとてもよく覚えているのです。そして、

「あなた、ラベンダーが嫌いなんじゃないの?」

そう言われてしまいました。この事からも、Aさんは実によく物事を見ている人だと思われます。実際に、この時私はもうラベンダーが自分に合わないらしいという事に気付いていました。ラベンダーの成分がと言うよりも、その香りが及ぼす影響が私に合わなかったのです。何しろこの時撮影された自分の写真の顔を見ても分かります。私は内心の困った感情を抑えて作り笑いをしています。それが、この撮影時にAさんにはよく分かったのでしょう。

 この後、お返しにと私はAさんの写真撮影をしましょうと申し出ました。しかし、Aさんは、「私はいいわ。」と断られて撮影を拒まれたのです。それで私の方も無理強いはしませんでした。

 こうやって今になって考えてみると、私よりハーブ歴の経験が長いAさんの事です、人によって合う合わないハーブがある事は、この時既にご存知だったのでしょう。そして、Aさん自身もラベンダーは合わなかったのかもしれません。私のように冴えない表情を写真に撮られたくなかったのかもしれませんね。

 実は私はこの研修に来る前に、住まいの地域のハーブ講座で、ハーブで作る飾り物の講習を受講していました。それは麦わら帽子にラベンダー等の花を花束にし、帽子の飾りとして取付け、壁飾りにする物でした。

 この講習より2年程前に、私はラベンダーのドライフラワーの室内飾りに出会っていました。が、その時のラベンダーの香りは、酷く鼻に付くきつい香りで、ラベンダーと言うと強烈な香りのイメージがありました。好みの香りとは言えない物でした。

 しかし、この講習の時のラベンダーの花の香りは、確かフレッシュハーブだったと思うのですが、生花本来、これがラベンダー本来の花の香りなのだと、私が嘆息するくらいに馨しい香りでした。この講習に出て来てよかった、そう私は深い感動に浸っていました。作品を持ち帰る道々、私は何度もラベンダーの紫の花に顔を寄せて、その清涼で清々しい香りを楽しんだのでした。が、2日程過ぎた朝の事、起床した私は酷く憂鬱な気分で沈んでいました。

 『もうだめだ。』というような絶望感に襲われました。この気分の沈鬱さが自分でも何とも不思議でした。どんなにショックな事があった時でも、今迄にこれほど酷い精神的な沈痛感に見舞われた事はありませんでした。そして、我ながらどうしてこんな絶望的な精神状態に陥ったのかと訝ったのでした。そしてもし、本当に人生のどん底の状態の時にこのような絶望感に襲われたなら、迷わずに即、自殺してしまうだろうと感じました。それほどに胸に大きな暗雲を作る沈鬱さでした。

 そこで、私は最近自分の人生に新しく登場した物について考えてみました。あれこれと思索して、思い当たったのが一昨日出会った非常に香りのよいラベンダーでした。それで、私は大事を取って、以降はラベンダーには気をつけようと注意することにしました。

 それならこの研修に来なければよかったのですが、国内の講座が7月初旬、イギリス旅行が7月中旬からという期間の無さでした。旅行の申し込みはもう既に済み、この旅でラベンダーに関わるのも一時の事と諦め、予定通り旅行決行を決心していました。しかし、実際にこの地に立つと不安な感情が湧いてくるのでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加