Jun日記(さと さとみの世界)

趣味の日記&作品のブログ

牧歌の郷

2017-10-06 17:39:49 | 日記

研修旅行

 いよいよです、18日の午後、私達は遂にノーフォークラベンダーへとやって来ました。今回の旅、「花と緑の国イギリス・ハーブ研修の旅」のハイライトの1つと言っても過言では無い場所です。バスを降りると皆一様に感動の色が隠せないようでした。ここがお目当ての方も多かったと思います。

 「ここが…」、「遂に…」そんな感動の声が同行者の方の中から漏れる中、見渡す限り紫色、藤色、そして何種類かのラベンダー色の帯が幾重にも広がるラベンダー畑の景観に、暫し圧倒される一同でした。

 勿論、ラベンダーには白い色もあります。物珍しく感じる白いラベンダーは白の帯として伸びて、それなりのラベンダー畑の感動をもたらしてくれました。辺りは落ち着いたラベンダーの新鮮な香りに満ち満ちていました。

 私は立ち止まり、ぐるりと周囲を見回してみると、温室らしいハウスの傍にはバラが奇麗に咲き揃っているようでした。赤い色合いが白いラベンダーや紫色のラベンダーに映えて、その方向に色彩的にとても美しい景観を作っていました。

 遠目にどうやら綺麗に咲き揃っているらしいバラの様子に、私は近くに行ってみようと歩みかけました。しかし、同行の方で1人、私は行かない方が良いと引き止める方がいたので、バラの方向へ行くのを止めて歩を止めました。そこで私は今度は畑の反対方向の車道を眺めてみました。

 車道には数台の車が止まり、見慣れない車体の外車もあり、白い柵とその車のコントラストがいかにも異国風に感じられて、絵になるように思えた私は興味深くその眺めを写真に撮るのでした。

 「今日は休日だから、この国の観光者の車ですよ。」

ガイドさんのそんな声が私の耳に聞こえて来ました。そうなのだと、外国人の私達以外にも、ここはイギリス国内の観光者が訪れる場所なのだと理解出来るのでした。国内外のラベンダーの観光地になるのですね、ノーフォークラベンダーは。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミステリー

2017-10-06 10:14:27 | 日記
お題「好きなミステリー小説は?」に参加中!

 海外だと、古くはシャーロックホームズの冒険、怪盗ルパン、クイーン氏の事件簿でした。明智小五郎シリーズや金田一耕助シリーズもよく読みました。

少し年代が来たところでは、三毛猫ホームズシリーズ。アガサクリスティのミステリーも好きになりました。

 現在になると、あまり本を読む事が無くなったので、テレビで入っているミステリーを見るのが楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加