岩手のファイナンシャルプランナー岩崎純のブログ

FP岩崎が日頃感じたことを書きたいと思います。

更新型と全期型の保険料差

2017-07-14 21:24:20 | 仕事
掛捨て定期保険に30歳男性が「15年更新型で75歳まで加入」と「75歳までの全期型加入(更新なし)」加入した場合の保険料比較をしてみます。

加入保険会社:某生命保険
加入保険:保険金1000万円の掛捨て定期保険

【更新型で加入の場合】
30歳から45歳までの月保険料  2,560円
45歳から60歳までの月保険料  4,900円
60歳から75歳までの月保険料 15,290円
総払込保険料 約409万円(掛捨て)

【全期型で加入の場合】
30歳から75歳までの月保険料  3,870円(ずっと変わらず一定)
総払込保険料 約209万円(掛捨て)

保障内容は全く一緒なのに(同じ保険会社での比較)更新型にするか全期型にするかで、必要な掛捨て保険料が約2倍になります。


20代や30代という若いうちから将来・老後を見据えたプランに加入するだけで無駄を排除できるのです。


でもこの手の比較に「絶対」はありません。

「絶対お得です!」とは言い切れないのです。何故なら、最初の15年の間に万一があった場合は「更新型」が保険料ではお得になるからです。


その部分を理解しておけば、ほぼ、全期型の方に軍配が上がると思います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胆沢ダム | トップ | 昨日の豪雨 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む