猫・桜・自然・発煙筒・祭り・時々御酒と独り言

お立ち寄り有難うございます。

犬と猫・桜に囲まれ 忙しない毎日を生きております。

オオマツヨイグサ・開花 6.10深夜

2017-06-10 03:02:23 | 木と野と花


北米原産の園芸種と言われています

漢字で記載すると大待宵草と書きます

花は メマツヨイグサは 3~4㎝に比べて5~8㎝と大きくて 夜から深夜にかけて開花する一夜花です

街が宵闇から夜の帳が下りた時には 咲いて居なかったのですが 深夜の庭猫達の夕ご飯を上げに0時を過ぎて表に出て初めて開花して居るのに気が付きました

夜目にも確りと大輪の黄色い色がくっきりと鮮やかに咲いて居ます

同じ鉢にメマツヨイグサの種を入れておきましたが 先日・開花した翌日に気付き写真を撮る事が出来ませんでした



太宰治さんの『富士には月見草が良く似合う』と書かれて有りますが 諸説が有るようですが このオオマツヨイグサと言われています

10年前からこの花を追いかけて居ますが 最近・漸く月見草は別の花で 月が出てくる頃に咲き始めて朝日と共に萎む花で月見草と太宰治さんが 言ったのでは無いかといわれています

私個人としては 月見草も宵待草も別名として上げても良いような気がいたします

いっその事 月待草 とでも名付けましょうか?



各地で植物に携わって居る方々のコメントを見て居ると この十年・オオマツヨイグサは トテモ少なく成り メマツヨイグサが多く成って居るとの記載が多く成りました

愛犬LaLaが 元気だった頃に散歩道で良く見かけたのですが 数年前にパッタリと見かけなくなったので 一昨年・久々に見つけましたので種を採取した中で漸く咲いた一輪です

一夜花黄色く咲いて 梅雨の宵  じゅんいち

梅雨時の私の好きな花の一つです

追記 2017.06.10 14.08分

気温は31.8℃まで上がり 暑く成ってきましたが時々・梅雨空特有の雲が出てきて過ごしやすくは成って居ます



オオマツヨイグサの花は 咲いて居たと言う痕跡を残して一夜にして枯れてしまいました。

群生して居ると気にも留めないのですが 一輪だけ咲いて散ると寂しくさえ感じます







ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤマボウシの花 | トップ | 海猫桜にヒコバエが・・・・6.10 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

木と野と花」カテゴリの最新記事