ゆも庵

トイガン好きの多分トイガン中心Blog

木グリひとつで

2011年09月11日 | ハンドガン

今回は私らしくないガバです。


ボランドのロングコンプはMGCが発売した当時は口径は実銃と同じ38スーパーだったそうですが、その後
38スーパのマガジンやカートがなくなったからか45ACPとなり、私のも45ACP版です。

これも新日本模型になってからの製品で、仕上げはかなり粗くなってますねぇ。
モデルガンを知らない世代に新日本模型の製品を見て「MGCってこんくらいだったのか~」とは思ってほしくは
ないですね。

これは結構前に手に入れていたのですが、ずっとタンスの肥やしになっていました。
それはなぜかというと、グリップがプラでコレに合う木グリがないからでした。

ボランドのグリップは固有の形状なのでガバの木グリを削って取り付けようかな?と思っていると、
モデル工房Sさんのブログでボランドロングコンプの木グリを製作されているではないですか!!
Sさんにダメもとで私にもボランドロングコンプを製作していただけますか?とお願いすると、自分のと同じモノで
よければと快諾していただきました♪


握ると手が痛くなるようなエッジの効いたチェッカリングです。
「木目はどうなるかわかりませんよ」と事前に説明がありましたが、キレイな木目が出て大変満足です。


グリップを換えただけで、銃の印象はグッと変わりますね。

モデル工房Sさんのグリップは子連れさんからその良さをずっと聞かされていたので、いつかはお願いしたいと
思っていました。
そして今回お願いしてみて子連れさんがお勧めする気持ちがよくわかりました。

Sさん、これからもよろしくお願いいたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつかきっと | トップ | 北欧の香り? »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (てるぱ大臣)
2011-09-11 19:49:10
またひとり…Sさんのグリップ信者が増えてしまった…
(^_^;)
あれ?お馬さんの仲間だ! (およよ)
2011-09-11 21:23:59
38の頃はドンピシャの形ではなかったので、
口径と細工(コンプが「?」と傾いでる…)には確かに閉口ものでしたが、
一応まだうちのたんすに居ます。
これって皆木グリだと思ってました。結構ロット数あるんですかねえ。
モデル工房Sさん…しかと覚えました(笑)。いいなあ、機械…
イイですねぇ~ (てるぱ大臣さんへ)
2011-09-11 22:23:36
皆さんがSさんの木グリを褒めるのがよくわかりました♪

これからお願いしたい木グリもあるので楽しみです。
ロングコンプ自体 (およよさんへ)
2011-09-11 22:32:03
私がよくわかっていないんですが、やはり色々とマズイ部分があるんですね。
まぁガバなのでこれ以上は弄らないとは思いますけどw

仰るとおりロットによって最初は木グリだったんだと思います。
後になるほど出来が悪くなるのはどれも同じですね。
ホントに変わりますよね (GFC )
2011-09-15 19:48:50
末期は木グリ付いてますが、トリガーガード前のチェッカリングが無いです。
付いていると言っても、こちらのとは比べ物になりませんが。
木グリを付けた途端、愛着倍増する事はよくありますw
どちらかというと (GFCさんへ)
2011-09-17 01:05:46
木グリのために本体が必要になるこの頃ですw

カスタムと言いながらお粗末なグリップが付いているものも見受けられますので、グリップを換えるたけで印象が変わることはよくあります。

やはり「オシャレの基本は木グリから」ですかね?w

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。