ゆも庵

トイガン好きの多分トイガン中心Blog

魅惑のプレイメイツ

2009年01月04日 | ハンドガン

22年前の週刊プレイボーイに中綴じされていたカスタムハンドガンカレンダーです。
撮影はイチロー・ナガタ氏。
バブル絶頂期のプレイボーイになぜカスタムハンドガンのカレンダーが載ったのかは謎ですが、掲載されている
カスタムハンドガンを見ると同時期に発売された写真集の宣伝じゃないかと推測されます。

トップ画像はロン・パワーのカスタム「ユニバーサル」で、86年度のガンスミス大賞に輝いた作品です。


バフ・バスター
確かジム・ボランドがミッキー・ファラに製作したハンティングカスタムだったと思います。
フルート入りブルバレルが目を引きます。


FK(エフケイ)
これもジム・ボランドの作。
ガバをベースにスライドをSIG P210と同じ包み込むタイプに変更、カートリッジを45ACPから9パラの
ダブルカラムに変更と、その他の変更も含め、全く新しい銃を製作したようなカスタムです。
ここまでカスタムする意味はよく分かりませんが、当時の天才ガンスミスの意気込みを感じます。


ストラウプ・カスタム
この頃からマッチで「バレルを手で固定して撃つ」スタイルが流行っていたためかブルバレルの一部が
固定しやすく丸になっています。
パッと見コクサイのスピードコンプに似ていますね。

昔のカスタムは自由な発想なモノが多く、見ていて楽しいです。
まだまだ形にしたいモノが多くて困りますw

※後日追加
GFCさんから「ペンシルガン」についての問い合わせがあり、ついでにこのカレンダーの全ページを
載せておきます。


1月:ユニバーサル、12月:カスール


2月:デベル、3月:ウイルディ


4月:バフ・マスター、5月:センチメーター・マスター


6月:FK、7月:ボランド・スーパー


8月:ストラウプ、9月ボブ・チャウII


10月:グランド・マスター、11月:ナイゴード

とまあ、こんな感じです。
如何でしょ? > GFCさん

ナイゴードは本来のナイゴードカスタムをイチローさんがジム・ボランドにフレームをボランド・スーパーと
同じにカスタムしてもらっているナイゴード&ジム・ボランドのハイブリッドカスタムです。

この頃のイチローさんの写真は最近のように赤味が強すぎず良い感じです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 待ちに待った! | トップ | 好みの変遷 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
プレイメイトは殺された人以外誰一人知りませんが… (およよ)
2009-01-04 03:57:00
当時の世相を全く知らない者からすると、これらがプレイボーイに載ってた事がすっっごく不思議です。
高校生位を狙った掲載なんでしょうか…?

そしてその掲載理由よりも不可解なカスタムっぷりでますますボランド作品が好きになりました。GMカスタム、触ってみたい!

なんか、最初の画像のは「両さん」が40巻台でよく握ってたような…
おおっとぉ? (だいじそ)
2009-01-04 04:08:09
これらはもしかして党員n氏へのオマージュですかいなぁw

ふむふむこれは面白い画像です。
どのモデルもグリップの奢り具合とかマウントの取り付け方なんか参考になりますねえ。
それにこの今では形的に古臭くなったダットサイトが妙に似合いますね!

私的にはバフ・バスターがお気に入りです。

党首腰痛は?・・・痛くて寝れない(悲
仰る通りフルート入りブルバレルがたまりません。
スコープマウントにオープンサイトがくっ付いちゃってるのも猛々しくてよろしいです。
妙に手が込んでいないところもグゥーです。

党員nさん?
私はこれ、バフ君を所望します。
このままでいいっすよw
あ、一丁だけにしてくださいw
私だけw
落下?
オッケーですどんとこいっスw
納期?
5年先まで待ちますw
じゃっ(ってオイ)
明けちゃってます おめでとうございます (nao@仕事初め)
2009-01-04 10:39:15
今年もよろしくお願いします。

今日から欝な仕事初めですが、Jumoさんの素敵記事で救われました~

カスタムガンって性能は良くても外観は粗雑なものが多いですが、流石一流どころのカスタムガンは違いますね。
圧倒されます。<Jumoさんの熱意にも~

私信すまいそん
>D党首
僕には無理無理~(>_<)
それに「落下」はマズイです。
今年はありませんように…
確か (およよさんへ)
2009-01-04 11:33:41
当時プレイボーイに銃好きの編集者がいたのでそのつながりだと記憶しています。

トイガンのジムボランド・カスタムというとモデルガン/ガスガンのロングコンプカスタムですが、
こんな変態的カスタムもあったということでw
既に故人となられたボランド氏の新作がもう見られないのは残念ですね。

>なんか、最初の画像のは「両さん」が40巻台でよく握ってたような…
モデルガンマニアの秋本治氏もこのカスタムがお好みだったようです。

こらこらぁ~! (だいじそさんへ)
2009-01-04 11:48:00
何気にnaoさんへラブコール送ってるんじゃありませんw

しかしこのバフ・バスターの重厚長大さはたまりませんなぁ。
マルシンの09年新製品にバフ・バスターが登場しますように♪

腰が痛くて眠れないのはつらいですね。
早めの回復をお祈り致しております。
仕事始め (naoさんへ)
2009-01-04 12:00:27
お疲れさまです。

私の駄ブログで少しでも気が紛れられたのなら何よりです。

カスタムガンは数々あれど、一流と称されるガンスミスの作品は一際輝いてますね。
私の熱意なんて比べものになりませんw
あ、宅八郎の天敵の (およよ)
2009-01-04 23:01:06
小峯さん!そういえばそうでしたね~。
すっかり忘れてました。

ロングコンプ辺りでない、ボランドの切った貼った結果の下世話なカタチを、頑張って1つくらい新規で型を起こしてくれたら爆笑しながら購入するんですけどねえ(笑)。

「亀有」が僕のモデルガンを好きになった直接のきっかけなのでそのうちひとネタやってみたい所です。
ボランドカスタムは (およよさんへ)
2009-01-04 23:53:20
パッと見あまり一般うけはしないでしょうねぇw

私は「こち亀」で両さんが六研のミリポリを自慢しているのが記憶に残っています。
そんな昔に高精度な真鍮モデルガンが存在したというのをあれで知りました。
このカレンダー (GFC)
2009-01-08 23:28:20
私も保管しておりましたw
捨てた覚えがないのですが、どうにも見つかりませんでした。
ここには載っていない「ペンシルガン」がちょっと気になっていました。コクサイでスピードコンプの次あたりに出るかな~とちょっと期待したのですがw
ゆも庵にFKの登場する日をお待ちしておりますw
やっぱり (GFCさんへ)
2009-01-10 11:44:02
GFCさんはお持ちですねw
カレンダーを確認したんですが「ペンシルガン」は載っていませんでした。
どんなブツでしょ?

>ゆも庵にFKの登場する日をお待ちしておりますw
FKですかぁ...
じつは昔MGCのP210のスライドを使ってできないものかと弄くってみましたが、発火したらバラバラになりそうで諦めましたw
ガスガンならなんとかなりそうですが、やるならモデルガンが良いですね。
あれ~? (GFC)
2009-01-10 16:01:28
ペンシルガン載ってませんでしたか?
記憶違いですかね。スピードコンプのバレルからマズルブレーキと根元の凸凹もないシンプルな、それこそ鉛筆みたい細いバレルが付いただけのカスタムで、サイドプレートにスティールチャレンジか何かのバッチを取り付けてあったのですがね~

FKを形に出来たとしても、確かに発火は怖いですね。しかし、このようなアイデアを考え出して、作ってしまうボランドさんは凄いです。
ペンシルガン (GFCさんへ)
2009-01-10 20:33:53
が載っているのってワールドフォトプレスから出ている写真集じゃなかったでしたっけ?

GFCさんの説明を読んでそんな気がしてきました。

こんなFKのようなカスタムを作るジム・ボランド氏も2006年に故人となられ、新しいカスタムを見ることができないのが残念です。
THE PENCIL (GFC)
2009-01-10 22:58:19
私の勘違いで、写真まで追加していただきすみません。
「THE PENCIL」という名前でした。WPPの写真集「ハンドガン」かとも思ったのですが、MGCの1989カタログ・デラックス・エディション「SHOOTIST」に載っていました。後日、私のブログに載せておきます。
SHOOTIST (GFCさんへ)
2009-01-10 23:43:02
ですか!
ありましたねぇ~
私も実家にあるはずですがどこかに仕舞い込んだかわからなくなってます。
掲載楽しみにしてます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。