トイレの手洗いボウルの掃除

2017-07-12 20:06:18 | 掃除
2年前にトイレのリフォームをした。

内装の壁紙、床材も皆きれいに張り替えた。

ウォシュレットも替えて良いものにした。


で、便器も、手洗いボウルも新しいものになって、ピカピカのとても気持ちの良いものになった。

それから2年。

手洗いボウルは、10年以上使っていた時に汚れたように、前のトイレのときと同じ汚れになってしまった。

酸性洗剤(サンポールのような)がいいと、ネットでみつけると、試してみたがなかなかきれいにはならなかった。


先日、あらためて、きれいにするためにはどうしたらいいか、調べてみた。

結局のところ、実行したのは、クエン酸の方法だった。




手洗いボウルの汚れは水垢で、水の成分のカルシウムとマグネシウムなので、それらはアルカリ性だから、酸性の洗剤が良いと書いてあった。

酸性洗剤は、サンポールでよいのだが、水栓に洗剤が付くと錆びる、とある。

タンクの中に、洗剤が入ると、中の部品に影響が出てもいけないので、もうちょっとやさしい成分のものでクエン酸の記述があった。

クエン酸ならキッチンの流しの下にストックがある。

水100mlにたいして、2.5gのクエン酸を溶かした水溶液を作り、ボウルにスプレーで吹き付け、1時間置く。

また違うサイトではクエン酸を吹き付けたら、ラップをする、とある。


ということで、そのラップの情報は1時間の放置中に得た情報だったので、30分経過した時にラップをして、さらに30分置いた。

そして、スポンジでこすると、良く取れると書いてある。

スポンジでは少々弱かったので、スポンジのナイロンたわしの部分で、こすったら、あらら、良く落ちた。

諦めていたのに、やっぱり調べれば、そういうワザも知っている人はいるのねえ、と思った。

ありがとう!!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フローリングのワックス掛け | トップ | 真新しい洗桶が気持ち良い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。