真新しい洗桶が気持ち良い

2017-07-14 22:05:35 | 日記
今の住いに引っ越してきたとき、15年前だ、キッチンのシンクでつかう洗桶を買った。

新居に映える白いプラスティックのバットだ。

その後、前から使っていた真鍮の洗桶に穴が開いたので、ピンクの丸っこい洗桶を買った。

この2つに食器を漬けて洗ってきた。

漂泊しては、良く洗って長年使ってきたが、表面に傷がついたせいか、よく黒いカビなのかシミができて、漂泊の頻度も高くなった。

裏返して底は、トマトケチャップや赤い油系のものが付くと落ちにくくなった。


2つとも新しいものに代えよう、ということになった。

日用品が1割引きの日を待って、スーパーに買いに行った。

売り場でみてみると、2種類しかなくて、白とグリーン。

形状は1種類で 色だけが選択できるという狭い範囲で選ぶことになる。

金額は600円以上する。


スーパーの2階はSeriaが入っている。一応見てみることにした。

100円ショップのSeriaで見ると、形状は2種類、色も2種類だった。

1個100円なら、汚れたときに捨てても惜しくないのが良いが、スーパーの商品に比べれば、素材も薄っぺらいし、底も糸尻が1周しっかりとは作られていない。糸尻は数か所にできていて、材料を節約した感じだ。

でも、これで十分だ。

汚れたり、傷ついて見苦しくなってきたら、捨てて、新しいものにすればよい。

Seriaで、白い洗桶を2つ購入した。




買って帰ると、古いものを洗って片づけ、新品をシンクに2つ置いた。

夫は

「もっと早く買えばよかったのに。買えば?って、言ってたよねえ。」

新品で気持ちが良い。

夫は、旅行に行って、ホテルや旅館は、歴史ある風情の宿よりも、新築できれいな所に泊まるのが好きだ。

だいたい 物については、なんでも新しくて小奇麗なものを好む。


今回、洗桶を買い替えて、普段料理でキッチンに立つ夫は、とても喜んだ。

もっと早く買い替えるべきだった。

古い洗桶は、バルコニーの物置にたまっていたプラ製品とともに、「商品プラスティック」という廃棄の日にまとめて捨てることになる。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トイレの手洗いボウルの掃除 | トップ | エプソンのプリンター、なお... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。