函館 不思議街路

函館の街、元町界隈は不思議な雰囲気を隠した街です。その街から生まれた作品、写真エッセイ、歌謡詞、猫グッズを発信。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久しぶり…になてしまいました。

2010年10月23日 | 日記
ブログへのアクセスが不調だったのですが、なんとか修正できた…はずなのです。
長野まゆみさんの著作をいろいろと読んでいました。宮沢賢治に触発されたような初期の短編集なのですが、明治・大正、昭和初期の漢字使い、あるいは独特のルビを使った言語世界が楽しいのです。タンゴや熟語、造語的漢字表現もしっくりと物語にとけ込み、とても素敵な表現世界を構築している所が、凄いなー…と思います。
さまざな鉱物も登場したりしますが、鉱物を小道具としながら、その幻想的なイメージの
展開が見事です。鉱物図鑑を見るのは好きでしたけど、こんな風に物語的発展を持つイマジネーションは持てなかったのです。やはり作家と言うものは凄いものです。
で、長野まゆみさんの作品は単に懐古趣味・擬古文趣味で終わらずに、新鮮な新しい感覚で、「いまだから生み出せる作品」になっているのですね。
ただ、趣味性の強い世界なので好きだと言う方々には「ハマる」ものですけど、「なに?良く解んない…」と言う方にはまるで伝わらないのかも知れません。
最近話題の「海炭叙景」佐藤泰治さんのものも函館を原風景としながら、独自の街区世界を構築しています。そこに活きる人々の息づかい、生活感覚なども架空世界と現実の隙間にしか生じない「幻影感覚」を帯びていて魅力的な物語です。
遅すぎる創作専念生活も助走段階ですが、ほろほろと歩いてます。
さて、この僕のブログでの「まだ知らない世界」をちゃんと見て頂く日がいつなのか…
本人も頼りなげな想いで薦めています。かすかな規定をお寄せ下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アクセスが不調です。

2010年09月30日 | 日記
書き込みの度に、書き込み終わりで「投稿」にすると「オフ・ライン」になってて書き込み3本ができなかったのです。なんとか修復をします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

君住む街で…と言う写真展を見ました。

2010年09月18日 | 日記
Kurikoさんと言う魅力的な女性の写真と、コラボレーションによる素敵な短文(ショートポエムとも、コピーともとれるかな)の展示会を偶然見ました。僕が発想したものと近似値でもあるかなー…と感じるものでした。
でも、この街で、独自性の高い視点で街が発する「何か」を見つけ、写真で、また文章で表現するって事は嬉しい事です。
街に潜むサムシングに触発されて動き出すのが、人の胸中にあるロマンと言うものです。
或るもの想いと、街に息づく時間がかたどった、なにものかが触れあい、チカッと煌めいたものが表現の核になります。
僕の作り出すものとは当然、雰囲気も色彩も違いますが、なにかしら近しい気分を感じました。9月21日までFMいるか・ギャラリー807で開催しています。

さて、函館です。港街本来の雰囲気は薄れてしまいましたが「ほんとうに港街
であった頃」の息づかいはまだ遺っています。
もう一度、出航のドラが打ち鳴らされるとしたら、この函館に秘められ、古錆びた風情で隠れている「これから始まる物語り」の種を見いだし、育てる所から始めなければいけないようです。
街は、いつも変化して来ました。
消え去るものと、生み出されるもののせめぎ合いで、街の未来は創出されて来ました。
だから…失われたものに寄せる郷愁も大切ですが、次に創りだすものもさらに大切なものですよね。
この街が、さまざまな人にさりげなく伝える、不思議なシグナルを受け止め、触発され、言葉や造形として表現する人たちがたくさんいると良いな、と「君住む街で」と言う展示会を見て改めて思いました。
余談ですが、「君住む街で」はミュージカル「マイ・フェア・レディー」の中の挿入歌のタイトルでもあり、歌もタイトルも好きだった僕はギャラリーの入り口を見ただけで足を踏み入れたんです。お時間ある方は、ぜひご覧下さい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

なかなか進まない準備状況です。

2010年09月15日 | 日記
とても大きな抱負で登録・開設したブログですが、なかなか準備が進みません。
使用写真・文章などのストックの制作は進んでいるのですが、アップするに至りません。いま暫くお待ちください。
で、今回は函館の魅力について、少し書こうかなとおもいます。
僕が函館に移住したのが、30年も前です。まだ函館の観光状況も本格化しておらず、今日知られる観光スポットも、グルメスポットもありませんでした。
「赤煉瓦倉庫群」も本当に現役の倉庫で、元町も湾岸も全体に灰色にくすんだ色彩でした。
ただ、その分、戦前・戦後の街区はすべて残り、民家もタイムスリップして昭和初期とかに迷い込んだかと思えるほど見事に残っていました。
本州では見かけない家屋デザインの長屋が多かったのです。
木造の擬洋風の民家の群れの間には路地・小路が、細い生活のための階段がたくさん存在しました。
文字通り、夢幻の街路を歩くような気分で連日この不思議な雰囲気に満ちた場所を散策しました。
長屋の入り口はいましも陰鬱な表情の若き啄木が、歩き出して来そうでした。
坂道も道路の舗装されていない所が多く、移住者である僕には、街路のすべてが
不思議探訪の対象でした。
初めての街なのに、なぜか郷愁を抱かせる雰囲気もありました。
また同様に、初めてなのに、なぜか昔語りに聞いたような、子供向けの絵本や書物で読んだ物語りの街が出現したような、そんな気分にもなりました。
当時の広告など描かれていない路面電車も、さほど丁寧な修理もされていない石畳も、古錆びたままの家々も、なにもかもが現実でありながら、夢幻のたまもののようでもありました。
倉庫の想い鉄扉や、その金具、洋風民家の窓と、ある時代でないとなかった外の景色が歪んで見える安く薄い硝子、古い煉瓦塀の中に独立して寄り集まった家々などは、上海や大連の街角かとも思えた様相でした。
さて、今日、すべては明るく、華やかな観光開発の産物になってしまいました。
僕が目撃した、あの物語りの書物のような街区と家並の大半は消失したと言っても過言ではありません。
それでも、なお、函館の街路の片隅、煉瓦の建物の陰、路地の片隅に、この街の不思議を伝える妖精たちが、ひっそりと息づいています。
そっと歩き、寄り添うような視線で見つめれば、その街の物語を伝える妖精のつぶやきを聞けるかも知れません。
僕の「函館・不思議街路」はそんな想いで始めようと思ったものです。
 なるべく早く、写真と文章、そして、この街だから生み出せた作品などもご覧頂きたいと思っています。
いま暫く、お待ち下さいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加