旅の恥は上塗り EX

日帰りから泊まり
尚且つ
鬼有名所からウルトラマイナースポットまで
九州(主に北部)を拠点に
ダラダラ動きます。

せごどん フライング ⑨「Mr.雨男」

2017-05-05 | ぶらぶら。

3日目の朝です。


7時半くらいに起きるつもりが
ションテンがガリアーなのか
6時くらいに目が覚めてしまい
仕方がないので
6時半から朝ごはんです。


朝食バイキングです。
朝からタラフク食らいます。





いつもの
未就学児レベルの朝ごはんです。

鹿児島らしく「黒豚カレー」と





「鶏飯」です。

ササミとネギ等の薬味を
ご飯にのせ
出汁をぶっかけて食べます。

初「鶏飯」でしたが
結構イケました。





名前だけで買ったお茶で喉を潤し
3日目スタート!







朝の天文館です。


これから





フェリーに乗って
「桜島」へと向かいます。

が、
1日目、2日目とは一転
雨が降ってきました。

最近は雨が降ることが
多くなったなぁ。
雨男になったんかなぁ。。。



「桜島港」にから
すぐのところの





「桜島ビジターセンター」へ。

科学展示館ですね。

大正時代の桜島大噴火時の
溶岩流の中に建っていて
近くには当時の爆発を物語る
風景が広がってます。


入ってすぐに





モニターによって桜島の様子が
リアルタイムに観測出来るように
なってますね。





今年に入ってからの
大きい噴火は
まだないみたいですね。


海沿いにデッキがあるので
ちょっと行ってみます。





しかしこんなとこで
練習する人がいるのか?笑


デッキには





「足湯」がありました。

出来たばっかっぽくてキレイでした。

爆発を物語る風景は





こんな感じですね。


「桜島ビジターセンター」を出て
ちょっとすると





「烏島展望所」あります。

雨が小降りになりました。


因みに想像通りですが






山頂と鹿児島市内です。

なーも見えません。



「赤水展望広場の」





「叫びの肖像」も雨に嘆いてます。


更に10分進み





「有村溶岩展望所」に着いた途端に
どっしゃ降りになったので
仕方なく展望は諦め次へ。


桜島のフェリー発着所の
ちょうど反対側に





「黒神埋没鳥居」があります。

大正大噴火の時にこの辺に
軽石や石灰岩がたった1日で
2mほど積もったらしいです。

高さが3mほどあった
「腹五社(はらごしゃ)神社」の
この鳥居も上1m残して
埋まってしまいました。

噴火の後に
住民が掘り起こそうとしましたが
「噴火の記憶を後世に残そう」と
発掘を中止。

大災害を経験した先人の思いは
次の世代へと受け継がれてます。

確かに響いてますよ!










再びフェリー発着所付近へ。





「月讀(つきよみ)神社」へ。


1300年以上前に創設されたと言われる
由緒ある神社です。





パワースポットとしても
人気の高い神社のようです。





参拝。










この辺のコンビニ数件は





「桜島仕様」になってます。

なんかイイ。






フェリー出発の時間まで
「道の駅 桜島」でひと休み。





季節によっては、ここの玄関口に
バカでっかい「桜島大根」が
置いてあるそうですよ。







では
いざ鹿児島市内へ。


























.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« せごどん フライング ⑧「フラ... | トップ | せごどん フライング ⑩「ダブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ぶらぶら。」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL