goo

ダメ出しについて

学校で教えるようになって3年が経過した。だいぶ慣れて生徒との関わり方もだんだんわかってきたような気がしているが、最近特に多くを学んでいるのはダメ出しの事。

いゃあ本当にすごい。自分がこれでよし、と思って提出した物がこれでもか、これでもかと返されてくる。素直にそうだ、自分がいけなかったと思うものもあれば、これが何故いわれるのか?というものもある。こういうのって凄くへこむ反面、今までなんて自分はのんきになんも考えんと生きてきたのかとその幸運さを心からありがたく思う。厳しさに触れて自らを戒めるというのは、この仕事についてなかったらこんなに徹底しては一生学ぶ事もなかったかなと思う。

それと同時にいろんなことをどんなに血のにじむ思いでプロはしているのかと想像もできるようになってきた。例えば、ピアノもそう。好きなように弾いて…と私はしているけど、録音をするようなプロはそれは、それはすごいダメ出しにも出会って鍛えられ尽くしているのだと思う。

厳しさに折れそうになりながらも、こういう世界が分かった事に感謝したい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ふれあいコン... リストのソナ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。