♪夢見る時間が過ぎたら♪

Julieの歌人生50周年おめでとう&来年の古希をめざして 
散歩しながら Julieの今と昔を紡ぎながら 今日も

50分の7 ♪許されない愛

2017年08月13日 21時53分41秒 | 沢田研二LIVE

7月末のTVで懐かしいサーモンピンクの衣裳のJulie

あの映像から45年後に

TVで

ジュリーに申し訳ない・・・って言葉が聴けたけれど

 

そんな懐かしのTVに映った映像は

第14回日本レコード大賞の歌唱賞

45年後、五所川原ライヴでの

ここだけの話が とっても面白かったけれど

その年は第5回日本有線大賞の優秀賞

紅白歌合戦にもこの曲で初出場

 

生で初めて聴いたのは

1971年(昭和46)12月19日の日生劇場で

沢田研二リサイタルwith井上堯之バンド

 

1971年12月21日発売

ロンドンでレコーディングしたアルバム『JULIE II』の10曲目

 (作詞:山上路夫/作曲:加瀬邦彦)

 

翌1972(昭和47年3月10日に

シングルで発売された『許されない愛』

B面は『美しい予感』

( 作詞:山上路夫/作曲:井上堯之)

 

50周年50曲ライヴの

この曲の余韻はまだ秋田ライヴでとまったままだけれど

Julieならではの指先パフォーマンス、五所川原のステージでもイキイキ

ツアー4回の中で最高の「♪あなたを連れ去さり逃げていきたい~」だったかなぁ

あれこれな思い出を重ねているうちに終わっちゃって、、、、エンディングのシャウトもたまらないけれど

この曲を聴くために、はるばる紫陽花の咲くオルテンシアに行ったような・・・・

 

そんな翌日

Julieが歌う背景がティナ3号のようなパープルの照明だったこと気がついて

五所川原とは違う味わいの

「♪あなたを連れ去さり逃げていきたい~」だったっけ

 

頭の中には

シングル発売から10日後の懐かしのハマの出来事もプラスされて

 

歌というものは

歌ったひとのものでもあるけれど

聴くひとの大切な思い出の曲でもあって


 

『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4日目の幕を閉じて | トップ | 三つの透明な雫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。