じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

「三丁目の夕日’64」を観た

2013-02-15 23:51:36 | Weblog
★ テレビで「三丁目の夕日’64」をやっていたので何気なく観た。

★ ストーリーは前作の続きで、日本の高度成長とリンクさせて、人々の暮らしも少しずつ変わってきたが、昭和の雰囲気は実に繊細に再現されていた。

★ 懐かしい。私の記憶でも昭和40年前後はまさにこの通りだった。

★ 舗装されていない道路。道にはみ出て植わっている樹木。大家族的な人間関係。

★ 雑多ながらも暖かさがあったなぁ。

★ 物質的にはまだまだ貧しかったけれど、将来への漠然とした希望があった。

★ 「昔は良かった」と思うのは年をとったせいだが、良いものはいつの時代でも残したいねぇ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ロシアで隕石が爆発

2013-02-15 16:31:28 | Weblog
★ 日本時間では明日の早朝、小惑星が最接近するというが、ロシアでは隕石が空中で爆発。その映像がネット上で流れている。

★ 凄まじい爆音とともに、衝撃でガラスなどが破損する音。空には飛行機雲のような飛跡が見られた。

★ かつて、映画「アルマゲドン」で、隕石群が地球の主要都市を襲う映像を見たが、その一部が現実となったような光景だ。

★ 空中で爆発し被害が少なかったことは、せめてもの救いか。

★ 地球は大気に守られて、人類は文明を築き上げてきた。今回の隕石の爆発が嫌な予兆とならねば良いが・・・。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

切ない死

2013-02-15 15:03:43 | Weblog
★ 大阪・大東市、小学5年生の男児の死は実に切ない。胸が締め付けられる思いだ。

★ 「一つのちいさい命とひきかえに、とうはいごうを中止してください」という遺書があったという。

★ 故人には本当に申し訳ないが、「ひきかえ」などできる訳がない。命と統廃合など比較するまでもない。

★ 彼には彼の覚悟があったのだろうが、残念で仕方がない。

★ 小学5年生には、「おとな」にはわからない論理があったのだろう。それを誰も汲み取れなかったことが、悔しくて仕方がない。

★ 今となっては冥福を祈るしかないが、心が張り裂ける思いだ。

★ 「おとな」は目の前にいる子ども一人ひとりを、今一度見つめ直す必要がある。

★ 妙な共感を呼んで、連鎖自殺などは何としても避けなければならない。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「クリムゾン・タイド」を観た

2013-02-11 00:08:21 | Weblog
★ BSだか、CSだか、「クリムゾン・タイド」と言う映画を放映していたので見た。

★ 核ミサイルを搭載した潜水艦を舞台に、ジーン・ハックマンが演じる艦長とデンゼル・ワシントン演じる副官との葛藤を中心としたドラマだ。

★ ストーリーとしては単純で、舞台もほとんどが潜水艦の中だけという単調なものだが、緊迫感は伝わってきた。最後まで目が離せなくなってしまった。

★ 10億人が犠牲になるという核戦争が、このように脆弱な指揮系統によって左右されたというのは実に背筋の寒くなる思いだ。フィクションでよかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「八重の桜」を観た。

2013-02-10 23:46:13 | Weblog
★ 幕末という時代は、何かワクワクさせるものがある。

★ NHKの大河ドラマ「八重の桜」は、新島襄の妻、八重の目を通して描かれた幕末・明治維新のドラマだ。

★ 昨年の「平清盛」は数回観て飽きてしまったが、「八重の桜」は毎回楽しみだ。

★ 今の価値観で言えば、お家大事だけの会津の重臣たちは視野が狭いし、幕府は幕府で、組織防衛、既得権益をいろいろと理屈をこねて守っているようにしか見えない。

★ いや、そうした姿が見えること自体、時代の急速な転換の証明か。

★ 今日の番組で気になった一言は、武家の娘の一言。「武士の嫁ですから」。

★ イザとなったらお家を守るために、薙刀で戦うとの勇ましい決意だが、「武士の嫁ですから」は、後の世に「軍人の嫁ですから」に置き換わっていくような気がして、興味深かった。

★ 今日、またナショナリズムが高揚している。こんな時こそ、本当は世界的な、地球的な視点からモノを見ることが必要なのだろう、と思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「上意討ち」を観た。

2013-02-10 01:10:22 | Weblog
★ 「上意討ち」を観た。

★ テレビ朝日の何かの記念番組らしく、さすがに気合の入った作品だった。近頃の作品には珍しく、思わず画面に釘づけになった。

★ 田村正和さんの演技。すごい迫力だった。

★ 途中まで見て、だいぶ前に映画版がテレビで放映していたことを思い出した。

★ 主人公は三船さん。家での戦闘シーンや最後に赤ん坊を乳母が保護するシーンが印象に残っていた。

★ 三船作品は三船作品として、田村作品は田村作品として面白かった。

★ 残念なのは、民放テレビの宿命とも言うべきCM。せっかく盛り上がった気分が、容赦なく打ち砕かれる。無料だから仕方ないとは言え、こういう作品は、CMなしで見てみたいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加