じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

「コンタクト」を観た

2010-12-31 23:42:52 | Weblog
★ ジョディ・フォスター主演の「コンタクト」を観た。

★ 一人の科学者が異星人とファーストコンタクトをする過程を人間ドラマを交えながら描いている。

★ 宇宙の広大さと現実世界の瑣末さを対比して描いている。「科学も宗教のめざすところは同じ真理の探求である」というセリフはなるほどなぁと思った。そして結局は「信じること」の大切さを説いているように思った。

★ 「神」を信じるかどうか、信仰心があるかどうかが何度も問いかけられていたが、人格神を信じるお国柄だろう。仏教は科学とあまり矛盾しないように思うのだが。

★ 「2001年宇宙の旅」とは違った面白さがあった。作品中で当時現職のクリントン大統領が引用されていたが、そんなことができるんだなぁと感心した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フューチャースクール構想

2010-12-31 14:17:26 | Weblog
★ 総務省は「デジタル教科書」を活用したフューチャースクール構想を進めている。

★ 文科省ではなく総務省が音頭をとっているということは、何か裏がありそうだ。この構想、教育の中身の問題ではでなく、むしろ学校にICTのシステムを導入することが目的のようだ。大きな利権が動くことは間違いない。

★ いつまでも黒板とチョークというわけにもいかないから、時代に合わせて新しいツールを使うのは間違ってはいない。しかしツールはあくまでも道具であって、それをどう使うか、それを使って何をするか。また投資に見合う効果があるかどうかという問題であろう。

★ 十分ぶ研究されて、うまく活用されなければ、宝の持ち腐れとなりそうだ。また先端技術はすぐに古くなる。ランニングコスト、メンテ費用や耐用年数も考慮して導入して欲しいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レコード大賞

2010-12-30 22:51:13 | Weblog
★ レコード大賞は今年もEXILEこれで3連勝らしい。 

★ かつては国民的行事だったレコード大賞も趣向が多様化する中で、だんだん権威がなくなってきたように思う。

★ 「レコード」といった言葉自体が死語化しつつある。グラミー賞のようにはなれなかったなぁ。

★ 高度成長の昭和30年代、総中流社会と言われた40年代までは確かにその時の歌というものがあった。ピンクレディーあたりから状況が変わってきたかな。

★ ところで、最優秀新人賞は「スマイレージ」という女の子グループ。審査員の好みと言えばそれまでだが、私など存在すら知らなかった。

★ レコード大賞だけ古き良き時代のアイドル路線をまだ追いかけているのだろうか。

★ 他の音楽賞は早々に撤退したが、レコード大賞ももっと変わっていかなければ、ジリ貧になっていくばかりだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猛暑、酷寒

2010-12-30 19:46:05 | Weblog
★ ラニーニャの年は猛暑、酷寒になるというが、どうやら本当らしい。クリスマス寒波に次いで、お正月寒波となりそうだ。

★ 家の中の寝正月も一興だが、帰省している人は大変だなぁ。雪に閉じ込められて凍死者などが出なければ良いが。

★ 鍋をつついて、焼酎をあおって。なんか昔勝つかしい冬の景色だ。

★ 正月の課題。生徒から借りたワンピースを読み切らねば。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「釈迦」を観た

2010-12-29 22:06:38 | Weblog
★ KBS京都で「釈迦」という映画をやっていたので観た。日本映画で宗教それも仏教の教祖である釈迦を題材とした映画は珍しいのではないか。

★ 目にとまったのも何かの縁とおよそ3時間の長編作品を観た。

★ 内容はシャカ族の王子として生まれたシッダルダが苦悩の末、悟りを開き、教えを広めるというもの。悪の化身とも言うべきダイバダッタとの対決を軸に話が展開していく。

★ 一応仏教の基本知識をおさらいするような内容だったが、ひときわ感動したのは北林谷榮のエピソード。貧しい老婆がお釈迦さんの説法を聴くために灯をともす油を買い求めようとするのだが、お金がない。売るものが何もないので自らの髪の毛を売って、何とか少しの油を分けてもらうところ。

★ まさに不惜身命の比喩だ。いつもながらの北林さんのおばあちゃんが味があっていい。「ビルマの竪琴」でも「阿弥陀堂だより」でも北林さんの演技をみるとホッとする。

★ 他にも勝新太郎、市川雷蔵そして、歌舞伎の名優たちが名演技を披露する。まさに斜陽化する映画界の最期の輝きとでも言おうか。

★ SFXがない時代によくこんな映像が撮れたなと思うようなシーンもいっぱいあった。キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」にも匹敵するのではないか。素人が言うのも何だが、カメラワークもすごいなぁと思った。

★ 年末に有難い映画を観たものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スリムクラブが良かった

2010-12-27 00:27:18 | Weblog
★ M-1は笑い飯が貫録で優勝した。やはり、うまい。

★ しかし、面白かったのはスリムクラブだ。あの間がすごい。

★ 先日「あらびき団」を見ていて、スリムクラブが面白くなってきたなぁと思っていたら、案の上、大活躍。2011年は、話題のコンビになりそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇治FCの頑張り

2010-12-25 21:55:14 | Weblog
★ サッカー、U-15の高円宮杯の準々決勝が行われた。

★ うちの塾生も参加する宇治FCは名古屋で京都サンガジュニアと対戦。残念ながら5-0で敗れた。

★ 点差だけ見れば大きいけれど、Jリーグの傘下でないチームでよくここまでこれたものだ。彼らの多くは高校に入ってもサッカーを続けるという。

★ U-15では、京都のサッカーチームは結構レベルが高い。これからが楽しみだ。

★ 私たちの頃は野球が花形スポーツだったけれど、サッカーのすそ野は確実に広がっているなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予算案を見て

2010-12-25 15:13:17 | Weblog
★ 2011年度予算案を見て、ため息が出る。

★ 貸金法の改正によってキャッシングローンの借り入れは年収の3分の1までとなったが、国の方は、税収およそ41兆円に対して、借金にあたる国債の発行が44兆円を超える。

★ これだけ見ても、日本の財政がいかに不健全であるかがわかる。足りない分は国債を乱発し、日本銀行券をどんどん刷ればいいってことだろうが、これで信用不安が起きないのが不思議なくらいだ。

★ 国債の引き受け手がなくなったらどうするのだろうか。

★ これから社会保障費はますます増えるという。いくら景気が回復しても、100兆円の税収は考えられない。

★ 歳出カットと増税はもはや絶対に避けては通れない。

★ しかし、公務員の削減や賃金カットは進んでいるように思えない。今日も連合の仲介で菅総理と小沢氏との会合があったようだが、こうしたことを見ても、民主党政権が連合の顔色をうかがっているのがよくわかる。

★ 増税にしても選挙ばかりを気にして先送りをしていては、手遅れになるばかりだ。

★ 財政が破綻しないと抜本的改革は無理なのか。その時になって戦犯探しをしても後の祭りだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菅政権の節操

2010-12-24 22:35:15 | Weblog
★ 菅政権は「たちあがれ日本」に連立を打診したとか。

★ 民主党と「たちあがれ」のどこに共通点があるのか。菅政権のなりふり構わずの姿勢には大いに疑問を感じる。

★ 与謝野氏を政権に向かい入れて内閣改造、ターゲットは自民党との連立と言った筋書きか。そのための小沢切りか。

★ 小沢氏を切るのは良いが、とにかく政権を維持するためならなりふりかまわないというのはどうしたものか。

★ 節操も何もない。将来に大きな禍根を残すに違いない。

★ 目先の政権維持よりももっと大切なことがあると思うのだが。

★ 一方の自民党も「ガッキー目覚まし」など小手先の人気とりなどしないで、早く新しい政党に生まれ変わって欲しいものだ。改革が全然見えてこない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

情報革命の波

2010-12-24 17:59:40 | Weblog
★ 昔、アルビン・トフラーという学者が「第三の波」という著書で情報革命を予言した。それから何年が過ぎただろうか。

★ パソコンの普及、インターネットの浸透、ケイタイの進化。確実に情報革命が進行し、私たちの暮らしは変化している。政治も経済も文化ももはやこうしたハイテク技術がなければ成り立たなくなっている。

★ 2010年がまもなく暮れようとしているが、今年は3D、ユーチューブ、ツイッターとハード面だけではなく、ソフト面でも大きな変化があった。

★ もはや旧来のマスコミ論は書き直されなくてはならないだろう。

★ 今や誰もが情報の受信者だけではなく、発信者になれるのだ。国家の機密でさえネット上に暴露される時代が到来したのだ。

★ これは国家の危機管理や個人のプライバシーとの関係が今後問題になるであろうし、マスコミ産業の業態に影響を及ぼすかも知れない。

★ 怖くもあり、好奇心をそそられる時代が幕開けしようとしているようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加