じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

介護体験

2010-10-31 08:18:18 | Weblog
★ 父が退院してきた。

★ 15年前に脳出血で倒れ、左半身マヒながらなんとか車イス生活をしてきたが、9月に脳梗塞を発症し、右手、右足に力が入りにくくなった。

★ 1月余のリハビリを終えて自宅に帰ってきたが、全身マヒということで介護体制は一変した。

★ 排泄介助、食事介助、ベッドから車イスへ、車イスからベッドへの移乗、何気ない動作がどれほどありがたいものか痛感する。

★ 排泄介助などはヘルパーさんに1日に3回入ってもらえるので、フォローできているが、家族としては何かと落ち着かない日が続いている。

★ 高齢化社会、高齢者をケアするサービスはこれから需要が拡大しそうだ。

★ ただ心配は費用だ。介護保険が比較的充実しているので、利用者にとってはそれほど大きな負担はないものの、うちのように利用者本人に共済年金があったり、家族が同居している場合はともかく、国民年金だけで生計を立てている人には大きな負担だ。

★ それに介護保険は保険料で維持されているものの社会的コストの増大が懸念される。消費税の増税も遠からず必要になるだろうが、自分の老後を自分で設計できる仕組みを考える必要があろう。

★ 初めての介護体験。人の体重の重さを感じつつ、学ぶことの多い日々が続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「第3のビール」増税論から

2010-10-29 21:50:38 | Weblog
★ 政府・与党の中で「第3のビール」増税論が浮上しているという。

★ 増税分を法人税減税の財源とするといった報道も聞かれるが、庶民のささやかな楽しみを奪う政策は、民主党政権に痛手となるのではなかろうか。

★ 最近ますます、民主党政権が何を目指しているのかよくわからなくなってきた。どのような国づくりをしたいのだろうか。

★ 「国家戦略」などと勇ましい看板を掲げたけれど、どうも竜頭蛇尾。糸の切れた風船のようだ。内閣は野党対策、党内野党対策に追われるばかり。

★ 自民党、民主党に代わるもっとわかりやすい政治勢力が登場して欲しいものだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ティーパーティー

2010-10-29 00:35:45 | Weblog
★ 今日のニュースを見ていると、アメリカの「ティーパーティー運動」が取り上げられていた。

★ ティーパーティー運動とは、不況が長引く中、オバマ政権が大きな政府を目指しているのではないか批判し、中間選挙を前に共和党候補を支持する市民運動のようだ。

★ ティーパーティーとは懐かしい言葉だ。アメリカ独立戦争の一つのきっかけになったのが「ボストン茶会事件」ではなかったか。

★ この事件と今回の運動とどのような関係があるのかはよくわからないが、オバマ民主党政権に対するいら立ち、閉塞感が広まっているのは確かなようだ。

★ オバマ大統領の演説は相変わらず流暢だが、かつてのように心に響いてこない。何がチェンジし、何を成し遂げることができたのか。

★ 不況の責任をすべて大統領に背負わすのは酷とは思うが、批判されるのはリーダーの宿命だ。

★ ところで日本でも民主党政権は早くもほころびを見せている。日本でティーパーティーのような運動は起こりうるのか。極右や国家主義、民族主義に走らず、自由主義、小さな政府を目指す運動など、かつての日本にあったのだろうか。

★ 明治維新までさかのぼると何かあるか。普選運動とも自由民権運動とも違うなぁ。全共闘運動とも違うし、尊王攘夷運動とも違うしなぁ。「草の根運動」というのは聞いたことがあるけれど、保守勢力の市民運動と言うのは日本ではあまり広がらないようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒューマン・エラー

2010-10-28 11:30:20 | Weblog
★ 人間はミスを犯すものである。このミスを最小限にするため、複数のバックアップや機械によるサポートが工夫されてきた。

★ それを考えさせられる2つの事例が紙面に出ていた。JR西日本のATSによる非常停止と、エアーニッポン機の対地異常接近事例である。

★ JR西日本の件は、福知山線事故のあったカーブで、快速電車が制限時速を超えて進入したために、ATS(自動列車制御装置)が作動し非常停止していたという。

★ 結果オーライの話だが、機械がうまく作動してくれたということだ。

★ 新聞ではこのことを公表しなかったJR西日本を批判している。会社側は公表しなかった理由を「現場が委縮する」としているが、どうなんだろうか。

★ 「現場が委縮する」というのは、職員が委縮するような社風が根強く残っているということではなかろうか。公共交通機関としては、特に安全面に関する「情報公開」は大原則であろう。隠蔽体質と批判されても仕方がない。

★ エアーニッポン機の件は、対地警報装置が高度が低いことを警告したもので、新聞は管制官が高度の指示を誤ったのではないかと指摘している。

★ どちらも大きな事故に至らなくて何よりだが、「ヒアリ・ハット」の法則というものがあるそうで、300回の「ヒヤリ・ハット」が1回の重大事故に結び付くという。軽微なミスでも忘れることなく、そこから教訓を得てもらいたいものだ。

★ 天災は忘れたころにやってくるというが、人災もまた然り。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セクハラサイコロって

2010-10-26 21:57:13 | Weblog
★ 埼玉県の59歳の小学校教諭が「セクハラサイコロ」なるものを作り、児童の罰則として使っていたという。

★ ここまでくると笑えてくるが、児童の気持ちを思うと笑ってはいられない。

★ 問題の教諭は「サービス精神でやった」といっているそうだが、学校をキャバクラと間違えているのではなかろうか。

★ 59歳になるまで、この教諭はどんな教員としてのキャリアアップをしてきたのだろうか。また同僚教員たちはこの教諭の非行を見過ごしてきたのか、見て見ぬふりをしていたのか、それとも他に何か理由があるのだろうか。

★ 重箱の隅をつつくような報道も嫌気がするが、つつかれる方ももっと考えてもらわねば困るねぇ。

★ 教員の「サービス精神」とは決して児童とじゃれ合うことではないし、ましてやセクハラとサービス精神を混同するようでは、言語道断だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

進まない幼保一元化

2010-10-25 23:06:01 | Weblog
★ 報道ステーションで待機児童の特集をしていた。

★ かけ声ばかりで遅々として進まない幼保一元化。背後には業界団体と政官の癒着が垣間見える。

★ 郵政や道路と並び、厚生族も大きな利権の渦の中にあるようだ。

★ 保育所や託児所などはビジネスとして成り立たない領域なのだろうか。

★ いや新規参入を防ぐために成り立たないようにハードルを高くしているのではないか。そして、補助金(税金)にどっぷりつかる利権構造ができているのではないのか。

★ 経営者も官僚も政治家も自分たちのことしか考えていないんだね。幼い子どもを抱えて困っている人のことなど、どうでもいいんだよね。おぞましい光景だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

苦境の民主党

2010-10-25 22:45:06 | Weblog
★ 衆議院で300余の議席を持っているのに、政権に全く重さが感じられない。

★ 確かに参議院では与野党が逆転する「ねじれ国会」なのだが、永田町界隈の力学は別として、国民へのアピール度が極めて低いように思う。

★ もともと自民党の度重なる失策によって政権交代が実現したようなもので、民主党そのものへの期待がそれほど強かったわけではない。しかし、せっかく政権担当を委託されたのだから、もっと大胆に動いて、しっかりその成果をアピールして欲しいものだ。

★ 先の衆議院選で話題となった「埋蔵金」など、どこへ行ったのやら。結局は長年の自民党政権へ批判で終わってしまうのだが、そんなことはマスコミに任せて、新たな理念やら仕組みを構築して欲しいものだ。

★ 北海道の補選は敗戦処理のような形になったが、巨大なダムもちっちゃな穴から崩壊が始まるという。「イラ菅」ではないが国民も短期になっているから、何か早く結果を見せて欲しいものだ。

★ 謝罪ばかりしていては何のことやら。そんなに野党が怖いのか、そんなに小沢グループが怖いのか。

★ 何もしない、何もできないのなら、政権を離れてもらった方がいい、とさえ思うようになってきた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐メロ

2010-10-25 01:21:31 | Weblog
★ YouTubeで懐かしい曲をめぐっている。

★ ふと「昭和ブルース」を聴いてから、マイナー調の歌めぐり。「昭和ブルース」は、天地茂さん主演の「非情のライセンス」の中で使われていた。

★ 次は、さくらと一郎「昭和枯れすすき」。うまいねぇ。これは「時間ですよ昭和元禄」で使われていた。

★ すすきがらみで「船頭小唄」。森繁さんの哀愁あふれる歌もいいし、島津亜矢さんの歌唱力で聴くのもいい。

★ この「船頭小唄」は大正時代の歌とか。大正ロマンと言えば「ゴンドラの唄」。黒澤明監督「生きる」の中で、実にすばらしく使われていた。

★ 「船頭小唄」も「ゴンドラの唄」も作曲は中山晋平さんなんだ。すごい作曲家だね。

★ さて、次はどの方向に行こうかな。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

奄美豪雨

2010-10-24 20:51:51 | Weblog
★ 奄美豪雨は今年の異常気象の締めくくりなのだろうか。台風の襲来に慣れている地方で起きたこの災害、確実に地球がおかしくなっている。

★ 地球の温暖化が進むと台風の数は減るが勢力は強くなると聞いたことがある。今回は台風の直接襲来ではないが、台風と秋雨前線との相乗作用で1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降ったようだ。

★ この傾向は、今後も続くんだろうね。対策が急がれる。

★ ところで本州に住んでいると奄美大島のイメージがイマイチ浮かんでこない。面積は京都市や琵琶湖より少し大きいようだ。人口は主要な街を合わせて5万人程度だというから、人口密度の少ない地方のようだ。

★ 日本一日照時間が短いというのは意外だった。雨が多いということか。

★ 日本列島は亜熱帯化し、沖縄や奄美地方は熱帯の気候に近くなりそうだ。自然災害にかかわらず、思わぬ感染症が広がるのではと心配になってくる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人口爆発

2010-10-24 11:43:57 | Weblog
★ 地球の温暖化や生物の多様性について国際会議が開かれているが、人口爆発も深刻だ。地球の人口は69億人を超え、まもなく70億人に達しようとしている。このままいけば近い将来には100億人を超える。

★ 地球全体が一つの生態系であるなら、人類だけが突出して増え続けることは不可能だ。食物連鎖か崩れれば、あとは自然淘汰がはじまる。

★ それが病気なのか、飢餓なのか、戦争なのかはわからないが、何らかの形で人口調整が行われるのであろう。

★ これを運命として受け入れるか、宇宙、海底、地下などに新たな開拓地を求めるのか、人類は切羽詰まった問題に直面している。

★ しかし、人類にとって死活問題とも思える危機が迫っているのに、関心があまりに薄いように思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加