じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

脱「ゆとり教育」

2010-03-31 02:43:48 | Weblog
★ 寺脇研著「21世紀の学校はこうなる」(新潮OH!文庫)を懐かしい想いで読んでいる。

★ これを読むと、2002年度から始まったいわゆる「ゆとり教育」が、単に学習内容の3割縮減にとどまらず、教育のコペルニクス的転換を目指したものであることがわかる。

★ 著者の「想い」は結局夢に終わってしまいそうだが、「ゆとり教育」は成熟社会における教育、とりわけ学校教育のあり方を追求した歴史的実験としては意義深いと思う。

★ 確かに誤算もあった。知識ではなく学び方を教えようとして、学習内容を厳選し、ミニマムエッセンシャルを誰もが理解できるようにしたいという「想い」は画餅であることがはっきりした。

★ どんなに「知識」を教科書に詰め込んでも、子どもたちは結局は消化不良に終わってしまうから、いっそのこと量を減らし内容を平易にし、学校教育は必要最小限のことを完全習得させればよい、という「想い」はよくわかる。

★ しかし、内容を軽くし平易にしても、子どもたちは完全習得などできなかった。

★ 易しくしてもわからない子はやはりわからないし、今までなんとか内容にしがみついてきた層の子どもたちの学力低下が顕著になった。

★ 小泉改革の自由化路線で経済的な中間層が没落していったように、学力の中間層が没落していったように思える。

★ もちろん学習指導要領や教科書の内容だけに問題があるわけではない。週5日制や振替休日の実施によって、学習の中断が頻繁に起こり、学習の定着が悪くなったように思う。

★ 「ゆとり教育」の意味は、「教えられる教育」から「主体的に学ぶ教育」への大転換であったように思う。「知識の習得」から「学び方の習得」への大転換であったように思う。

★ 工業化をめざす社会では、良質で均質な労働者の育成が求められる。国民を一定の水準に高めることが公教育の大きな目的であった。

★ しかし脱工業化社会、成熟社会では、よりクリエイティブなエリートが求められる。

★ 単純労働は機械が取って代わるから、人間にはより創造的な価値の創出が求められるようになる。これを実現するためには旧来型の「学校」を中心とした詰め込み教育ではダメだと考えられた。この点は実に先見性に富んでいる。

★ ただ社会にこの先見性を受け入れるゆとりが欠如していた。

★ ところで、脱「ゆとり教育」は何を目指しているのだろうか。単に過去への回帰でよいのだろうか。今更所得倍増、高度経済成長を目指して昭和30年台や昭和40年台の指導要領に戻しても、先詰まりは目に見えている。

★ どのような国家を目指すのか、どのような未来を目指すのか、真の社会変革は教育よってのみ実現される。改革と反動の繰り返しは歴史の常だが、展望なき教育改革は時間の浪費に留まらず、未来に禍根を残す。

★ いかなる改革でも結構だが、何をめざすのかを十分に検討して欲しいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

給食費無償化

2010-03-28 22:30:56 | Weblog
★ なかなか解決しない給食費滞納問題。まともに払っている人のことを思えば、払えるのに払わない不届きな親は許せない。

★ 満額支給が危うい「子ども手当」だが、仙石大臣は「子ども手当」からの給食費天引きも示唆したという。

★ だが、ここまでやるのならいっそ給食費を無償化すればよいものを。月5000円、年間5万円として、小学生はおよそ700万人だから、無償にしてもせいぜい3500億円ではないか。

★ 「子ども手当」、1人あたり2万6000円とすると5兆円かかるから、それに比べれば大した額ではなかろうに。

★ また高所得に優遇だと批判が出るか。所得に応じて仕分ける手間の方が費用がかかると思うのだが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍馬脱藩

2010-03-28 20:52:17 | Weblog
★ NHKの「龍馬伝」、今夜は第Ⅰ部のクライマックスだった。遂に龍馬は土佐を脱藩。いよいよ激動の日本を走り回る。

★ それにしても別れのシーンはジーンとくるなぁ。

★ 「龍馬伝」は今日久々に見たが、およそ30年前に見た武田鉄也さん主演の「青春グラフィティ 坂本龍馬」を思い出した。

★ 脱藩の流れや参政吉田東洋暗殺のシーンなどはそっくりだった。

★ 武田鉄也さんは「龍馬伝」では勝海舟で登場とか。

★ 大学生時代、司馬遼太郎さんの「竜馬が行く」を読んで、奮起してから幾星霜。とっくに龍馬の年齢を超えてしまったが、熱い想いだけは持ち続けたいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「多読術」を読む

2010-03-28 18:57:41 | Weblog
★ 松岡正剛著「多読術」(ちくまプリマー新書)を読んだ。

★ 「千夜千冊」の著者の読書遍歴や読書術について、インタビューに応える形で綴られていた。内容は豊かだが、平易な文章で読みやすかった。

★ 本の観光ガイドブックといったところだ。この本を読むとあれも読みたい、これも読みたいと思ってしまう。

★ この本を読んで思わず本棚の大掃除を始めてしまった。1度読んだ本。ツン読なっている本などと久しぶりに再会した。

★ 「千夜千冊」とはいかないが、本を読むきっかけになった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「マルタのやさしい刺繍」を観る

2010-03-27 01:48:50 | Weblog
★ 「マルタのやさしい刺繍」という映画を観た。スイス映画で、主な登場人物がおばあちゃんたちと言うからどんな映画かと興味本位で見始めたが、これがなかなか良かった。

★ さすがはアカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされるだけのことはある。

★ 保守的な山間の村で80歳のおばあちゃんが若かりし頃の夢を実現するためにランジェリーショップを開くというストーリー。

★ 夢を追い求めるのに年齢など関係ない、と主張する映画だった。

★ さすがに年季の入った演技に、思わず時間も忘れて、見入ってしまった。

★ 日本映画では「阿弥陀堂だより」に匹敵するかな。こういう映画は興行成績など度外視して存在する意義があるように思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記者会見

2010-03-26 20:58:31 | Weblog
★ 鳩山総理が生放送で記者会見をするというから、「もしや退陣表明か」と思って見た。しかし、話を聞いてみると、一体何が言いたいのかイマイチよく分からなかった。

★ 支持率低迷の折から、直接国民に話しかけるという戦術に転換したのかねぇ。遅きに失した感がある。

★ 郵便貯金の限度額、亀井大臣は「総理大臣も認めた」と言うし、原口大臣も「プロセスに間違いはない」という。それに対して鳩山総理の反応はパッとしない。

★ 総理大臣の権限も地に落ちたものだ。

★ 鳩山総理は人柄の良さは見ていてわかる。一生懸命に仕事をされているのもよくわかる。それなのに人心が離れていくのはなぜだろうか。

★ 野党時代の歯切れ良さはどこへ行ったやら。

★ 国民が求めるリーダー像と大きなギャップができてしまったのようだ。

★ 政治が混乱していることと関係があるのかないのか、原宿では「AKBが来た」とのデマで大混乱。今回は好運にして大事には至らなかったが、不安な「気」がこの国に充満しつつあるのかも知れない。

★ 次は大事故が起きるかもしれない。小さなシグナルだが見落とさず、早めに手を打って欲しいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不適切な関係

2010-03-25 23:09:53 | Weblog
★ モノは言いようで、「不適切な関係」とは都合のよい表現だ。

★ この表現がよく使われるようになったのは、クリントン元米大統領の不倫騒動からだったか。

★ 昨今は、日本の国会議員や教育者の不祥事(この言い方の婉曲表現だね)まで、はば広く使われている。「広辞苑」にも載っているのだろうか。

★ ところで、校長室をホテル代わりに利用する校長とは、その手の劇画を見るようだ。

★ 国家公安委員長の女性スキャンダルが取りざたされるお国柄。

★ そう言えば、女性スキャンダルで総理大臣を辞めた人もいたなぁ。スキャンダルで落選した有力政治家もいたなぁ。政治家の女好きは時代が変わっても変わらないようだ。

★ 大概は女性からの密告で発覚するというから恐ろしい。

★ 火の粉が身に降りかからぬよう、なお一層気をつけたいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

船頭多くして・・・

2010-03-25 10:42:30 | Weblog
★ 民主党政権の混乱が続いている。

★ 小沢氏の懐柔策で収束するかに見えた「生方騒動」、生方氏の小沢批判は止まらないようだ。生方氏の発言は正論だろうが、もっと党内で論じればよいものを。今の状態では世論を煽るだけの利敵行為になってしまう。

★ 郵政改革をめぐっては亀井大臣の先走りがとまらない。連立内閣とは言いながら、各大臣が好き勝手なことを言っていたのでは、国民は誰を信じればよいのかわからなくなる。指揮系統の乱れ、情報の混乱は危機管理の上からも非常に危険だ。

★ オーケストラの指揮者の役割を演じるといっていた鳩山総理だが、それぞれの楽器がてんでバラバラの演奏を始め、指揮者の心を慮ることもなくなってしまったのでは、もはやオーケストラの体をなさない。

★ 演奏者を代えるか、指揮者を代えるかしか方法はなかろう。国民は結構我慢しているが、あまりにひどい演奏には付き合いきれない。指揮者が振り返ったら観客が誰もいなくなっているかも知れない。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニュースがいっぱい

2010-03-23 23:07:23 | Weblog
★ 連休が明けてニュースには事欠かない1日だった。「報道ステーション」を見ていてもビッグなニュースが目白押し。

★ 目白と言えば、東京の電車が目白付近で止まってしまったとか。今回は事なきに終わりそうだが、日本の首都の危機管理は結構脆弱だね。

★ 危機管理と言えば、民主党の混乱はどこまで続くやら。「生方騒動」とはさすがにマスコミはネーミングがうまい。とんだお騒がせだ。

★ もはやポスト鳩山がささやき始められた。民主党なら菅氏か岡田氏か。あまり変わりばえのしない面子だけれど。現実的にはこの辺りか。自民党では舛添氏が急速に台風の目となりつつある。

★ ところでビル・ゲイツが東芝の原子力研究に注目しているとのニュース。東芝の株価が跳ね上がるか。

★ スリーマイル島やチェルノブイリ原発の事故で一時は疎まれていた原子力発電が再び脚光を浴びているそうだ。日本は世界有数の原発大国だったんだね。

★ 地球温暖化対策で原子力が見直されるのはわかるが、テロや事故など安全管理が気になるところだ。

★ 中国からはグーグルが撤退するという。高度経済成長に目を奪われているが、中国は共産主義の国だということを思い出した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐柔策

2010-03-23 14:47:36 | Weblog
★ 民主党、小沢幹事長は生方副幹事長の解任を撤回し、生方氏もこれを受け入れたという。

★ なるほど、こういう手もあったか。

★ 今回の件、はた目から見るとから騒ぎだ。結局は「取り巻き」のいらぬ気配りと言うことで終結させるのか。

★ 小沢氏としては表向きプライドを捨てて、実を取ったというところだね。腹の中は想像に難くないが。

★ この期に及んで懐柔策とは時機を逸した感もあるが、次善の策を講じるあたりはさすがは歴戦の兵だ。

★ しかし、潮目は変わりつつある。世論調査によると次期総理には舛添氏が急浮上とか。参議院議員であることは難だが、国会議員であるから総理大臣になる資格はある。

★ マスコミの注目は舛添新党旗揚げの時期に変わりつつあるではなかろうか。

★ ところで舛添氏はどのような政策を掲げるのだろう。そしてどんなスタッフを周りに配すのか。自民党の旧勢力を身にまとうようでは二の舞、三の舞になるだけだ。そんなことはわかりきっているだろうが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加