じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

首相の苦しい弁明

2009-11-30 17:24:51 | Weblog
★ 偽装献金をめぐる鳩山首相の弁明は理解できない。

★ 記者団に対し「検察の全容解明を待ってから」と歯切れが悪い。数万円程度のの小遣い銭ではない。それも実母からの資金提供だということだから、お母さんに確認をすれば済むことだと思うのだが。

★ 検察任せにせず、自ら疑惑を晴らして欲しいものだが。それとも疑惑の説明ができないのか。あるいは時間稼ぎか。

★ 野党の時とは違って、本当に歯切れが悪い。本会議で扇子に揮毫している場合ではない。

★ せっかく民主党政権が誕生したのに、自民党政権が倒れたのに、残念だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊かさの代償

2009-11-30 11:02:40 | Weblog
★ 朝日新聞の朝刊で霊長類研究者、山極寿一氏のインタビュー記事を読む。

★ 「理由なき殺人」について記者の質問に答える形で話が進む。なぜ、秋葉原や土浦のような無差別殺人が起こるのか。山極氏は「家族によって育まれる、他者に共感して生きる力を欠き、思うように自己実現できない若者たちの焦燥感がある」という。

★ そして、この共感は家族で食事を共にすることから生まれると言う。

★ 孤食、欠食、偏食など現代の子どもたちの「食」に関する課題は多い。

★ その背景にはレトルトやインスタント食品、冷凍食品の普及、電子レンジの普及、コンビニの発達による食習慣の変化、個室をあてがわえると言った住環境の変化、少子化、核家族化と言った家族関係の変化、携帯電話の普及などコミュニケーションの変化などがある。

★ 個室空間にこもってケイタイで外とコミュニケーションをする。冷静に見ると不思議な状況だ。

★ 忘年会などで一緒に鍋をつつけない学生の話を聞いたことがある。修学旅行でみんなと一緒にお風呂に入れない生徒の話も聞いたことがある。

★ 豊かさ、便利さの代償は大きいものがある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろな人物像を見て

2009-11-29 23:41:32 | Weblog
★ 昼、NHK大河ドラマ「天地人」最終回の再放送を見る。

★ 直江兼続が信長、秀吉、家康を回想するシーンがあった。作品の中ではスタイルは違ってもこの三傑はそれぞれに人々のことを思って戦乱を戦い、国づくりをしてきた、ということになっていた。

★ これは作家の解釈なので、彼らが本当に人々の幸せを思って戦っていたのかは疑問だが、戦後の政治家の顔を思い浮かべながら見てみると、なかなか面白かった。

★ 最後、直江が私財を投じて学校をつくったと描かれていた。私も私塾を経営しているが、もっとやれることがいっぱいあるように思えて、刺激になった。

★ 夜は「坂の上の雲」を見た。NHKが本腰を入れてつくった作品のようで、3年にわたる大作だそうだ。

★ 明治と言う時代を生きた日本人の姿が垣間見られる。明治維新から140年。日本と言う国は世界の中で特異な発展をしてきた。

★ 辺境の野蛮な国が、数十年で列強と肩を並べるまでに発展し、歴史的な宿命か、成り上がりの思い上がりか太平洋戦争で挫折。そして敗戦からわずか20年で経済大国として復活した。

★ 今、日本は沈滞期に入ったようだが、また幕末、明治維新期のように大志ある若者たちがこの国を動かしてくれるであろう。そのためにも私は教育者として自らの使命を果たさなければと、気張った気分になった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スクラップブック(1983年)

2009-11-29 00:11:36 | Weblog
★ 1月9日、自民党の代議士で「北海のヒグマ」と言われた中川一郎氏が札幌のホテルで自殺。57歳。

★ 1月21日、作家、里見氏が死去。94歳。

★ 1月31日、警官から奪った短銃で強盗殺人を行った勝田清孝が逮捕される。

★ 2月12日、横浜市内で中学生が日雇い労働者を襲撃。3人が殺される。中学生たちは「面白半分でやった」と自供。

★ 2月15日、清水寺の大西良慶貫主が死去。107歳。

★ 3月1日、評論家、小林秀雄氏が死去。80歳。

★ 3月18日、上方喜劇の大御所、渋谷天外氏が死去。76歳。

★ 3月19日、政治評論家で「小説吉田学校」の作者である戸川猪佐武氏が死去。59歳。

★ 3月31日、俳優、片岡千恵蔵氏が死去。79歳。

★ 3月31日、作家の尾崎一雄氏が死去。83歳。

★ 4月11日、統一地方選、東京、大阪では保守が再選。北海道では横路氏、福岡では奥田氏と革新が奪還。

★ 4月18日、テレビ司会者、八木治郎氏が死去。57歳。

★ 4月19日、自衛隊の双発ジェット機が伊勢湾菅島に墜落。14人が死亡。

★ 4月26日、海上自衛隊の対潜飛行艇が訓練中に墜落。10人が死亡。

★ 4月27日、フェーン現象の影響で東北、北陸で山火事。岩手県久慈では民家104棟が焼失。

★ 5月5日、中国民航の国内線が武装した中国人グループに乗っ取られ、韓国領内に着陸。台湾への亡命を要求。

★ 5月26日、日本海中部地震。M7.7.津波によって102人が死亡。

★ 6月8日、歴史家、羽仁五郎氏が死去。82歳。

★ 6月26日、参議院選。比例代表制の導入により、ミニ政党が乱立した。

★ 6月28日、俳優、沖雅也さんが飛び降り自殺。31歳。

★ 7月23日、中国地方西部で集中豪雨。死者不明105人。

★ 8月5日、俳人、中村草田男氏が死去。82歳。

★ 8月8日、グアテマラで軍事クーデター。

★ 8月11日、映画監督、山本薩夫氏が死去。73歳。

★ 8月21日、マルコス独裁政権を打破するため亡命先からフィリピンに戻ったベニグノ・アキノ氏がマニラ空港で暗殺された。

★ 9月1日、予定の軌道を大きくそれた大韓航空機がサハリン上空でソ連の戦闘機によって撃墜される。死者269人。

★ 9月4日、バレーボールの名セッター、猫田勝敏氏が死去。39歳。

★ 10月3日、作家、花登筺氏が死去。55歳。

★ 10月3日、伊豆半島三宅島で火山が爆発。560戸が壊滅。

★ 10月5日、ポーランドの自主管理労組「連帯」委員長にワレサ氏にノーベル平和賞が授与されることが決まった。

★ 10月9日、ビルマ訪問中の全韓国大統領暗殺を狙った爆弾テロが起こる。全大統領は予定より遅れたために無事。しかし4閣僚をはじめ韓国、ビルマの要員19人が死亡。

★ 10月12日、ロッキード事件で東京地裁は田中角栄元首相に懲役4年の判決を下す。

★ 10月14日、東北大学医学部付属病院で、日本初の体外受精児が産まれる。

★ 10月16日、元参議院議長、河野謙三氏が死去。82歳。

★ 10月23日、ベイルートの米海兵隊司令部とフランス軍駐屯地がゲリラの自爆攻撃をうける。死者139人。

★ 10月25日、左翼急進路線をとるグレナダに米軍を中心とする多国籍軍が侵攻。

★ 11月7日、55年6月の衆議院選での1票の重みの格差をめぐって争われた訴訟で最高裁判所は3.95:1違憲状態であるが是正期間であるとの判断を下した。

★ 11月11日、レーガン米大統領が日本の国会で演説をした。

★ 11月22日、静岡県掛川の「つま恋」でプロパンガス爆発、14人が死亡した。

★ 12月7日、濃霧のマドリード・バラハス空港でイベリア航空機とアビアコ航空機が滑走路で衝突、104人が死亡。

★ 12月12日、クウェートのアメリカやフランスの大使館などでイスラム過激派による同時爆弾テロ。50人以上が死亡。

★ 12月19日、第37回総選挙。自民党が敗北。公明党、民社党が議席を増やし、再び保革伯仲となる。

★ 12月20日、前日本医師会会長の武見太郎氏が死去。79歳。

★ 12月25日、シュールレアリズムの画家、スペインのミロ氏が死去。90歳。

★ 12月26日、自民党と新自由クラブが政策協定を結ぶ。

★ 12月26日、第2次中曽根内閣発足。自治大臣に新自由クラブの田川代表を起用。昭和23年以来の連立内閣となる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

亀井VS竹中論争

2009-11-28 20:55:47 | Weblog
★ 朝、テレビで亀井大臣と竹中元大臣が郵政問題を中心に論争していた。

★ 亀井氏にしてみれば小泉氏と戦った総裁選の怨念か。竹中氏にしてみれば苦労して作り上げた民営化の道筋が中断されたことの無念さか。

★ 現実論と理想論。政治家と学者といった論戦で、噛みあわないのは仕方のないことか。

★ 竹中氏にしても小泉氏が口を閉ざしている中で、政策の責任を一身に負わされるのはかわいそうな気もする。

★ 皮肉屋の亀井氏と一見穏やかそうだが頑なな竹中氏。どちらもなかなかクセのある人物だ。

★ 極端な2人だが、議論があることは良いことだと思う。どの政策が正解かは、もっと時間がたってみないとわからないし、その場その場で当面の課題に一生懸命対処するしかない。私利私欲がないなら善しとせねばなるまい。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々に「朝まで生テレビ」

2009-11-28 14:47:16 | Weblog
★ 久々に「朝まで生テレビ」を見る。今回のテーマは「官僚」について。パネリストも元官僚を多く起用していた。

★ 民主党の政策の評価はまだわからない。政治は結果責任だから、「三重苦」と言われるこの難局をうまく乗り切り、景気が回復すれば「よかった」ということなのだろう。

★ 民主党は大塚氏、細野氏と政策通の論客が出席。自民党はいつもながらの山本氏。野党となった自民党としては寂しい限りだ。

★ 共産党の小池氏は理路整然としていてなかなか好感がもてた。

★ 長谷川氏の解説は明快だし、高橋氏はなかなかの事情通だ。

★ それに比べて、女性陣や若手はイマイチだった。何が言いたいのかよくわからなかった。

★ それにしても大塚さんはタフだ。暴走する亀井大臣のもとでよく頑張られていると思う。郵政会社の人事については理解できないが、政治の世界のことだし、立場もあるから、言いたいことと言えないことがあるのだろう。

★ 山本氏もそうしたことがわかっててつつくから人が悪い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜の「深夜食堂」

2009-11-28 01:28:09 | Weblog
★ 今夜の「深夜食堂」も良かった。

★ 今夜のメニューは、焼きそばの目玉焼きのせ。シンプルな料理なのに、このメニューに父と子の物語が絡み合って、感動した。

★ 深夜に放映するのがもったいない番組だけれど、深夜に放映するからいいのかな。

★ 小林薫さんの静かな雰囲気がいい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドバイショック

2009-11-27 15:14:53 | Weblog
★ 不幸は重なるものだ。アラブ首長国連邦・ドバイ首長国政府系企業の経営不安から株価が連鎖的に暴落している。

★ 一方、円高が一層進んでいる。円高と言うことは本来なら日本の経済が評価されていると言うことだろうが、行く当てのない投資マネーが金と円に動いているようだ。

★ 輸入業には朗報だが、急激な円高は輸出企業大きなダメージを与える。株価が下がれば含み損が生じる。カネ回りがますます悪くなるのではなかろうか。

★ 人間の体で言えば血管が詰まった状態だ。このまま放置すれば、詰まった先は壊死するのみだ。へパリンでも注入して血栓を溶かさなければ。

★ 政府はG7での取り組みをほのめかしているが、はっきりとしたメッセージを出して欲しいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不景気

2009-11-27 12:36:17 | Weblog
★ 師走を前にして倒産や破産の記事が目につくようになってきた。

★ 円高、失業、デフレ。政府としては早急に手を打つべきだが、総理大臣は政治資金問題で先行きが怪しくなってきた。秘書や実母が逮捕と言った事態になれば、その地位にとどまることは難しくなるだろう。

★ そうなると新年早々からピッチャー交代か。当面は菅氏でつなぐのだろうが、その後は不透明だ。衆議院で圧倒的な議席をもつのにこの不安定感は残念だ。

★ 毎日新聞は共同通信社に加盟。マスコミ界も不況の波には勝てないようだ。情報はどの時代でも価値は失われないだろうが、「新聞」といった媒体の寿命はそう長くないかも知れない。

★ うちでも夕刊をとるのをやめて数年。情報だけならインターネットのサイトが早い。読み物としての価値を維持できるかどうかが勝負と言うことか。

★ 人口動態が変わらない限り、国内市場の縮小は避けられない。不景気は技術革新によって克服できるというのは古典的な経済学か。今の日本はモノ的には成熟社会。かつての3Cのように国民のライフスタイルを変えるような新製品の出現はあるのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スクラップブック(1982年)

2009-11-27 04:55:13 | Weblog
★ 1月13日、大雪のワシントンでフロリダ航空機が氷結したポトマック川に墜落。65人が死亡。

★ 1月15日、フィリピン、ミンダナオ沖を航行中の日本ケミカルタンカー「へっぐ」がフィリピン空軍機に銃撃される。ゲリラ船と誤認したもよう。

★ 1月25日、ソ連共産党最長老の一人であるスースロフ政治局員兼書記が死去。79歳。

★ 1月29日、落語界の最長老、林家彦六さんが死去。86歳。

★ 2月8日、東京永田町のビジネスホテル「ニュージャパン」で火災。宿泊客32人死亡。

★ 2月9日、羽田空港で日本航空機が東京湾に墜落。死者24人。原因は機長の精神的病い。

★ 2月11日、俳優の志村喬さんが死去。76歳。

★ 2月13日、歌手の江利チエミさんが死去。45歳。

★ 3月4日、ぼやき漫才で有名な人生幸朗さんが死去。74歳。

★ 3月16日、コメディアンの藤村有弘さんが死去。48歳。

★ 3月26日、プロ野球巨人軍の元監督水原茂さんが死去。73歳。

★ 4月2日、アルゼンチン軍は英領フォークランド諸島を占領。

★ 4月26日、韓国南部の田舎で夫婦げんかの末、酒に酔った警官が銃や手榴弾を乱射。住民73人を殺害。

★ 4月26日、広州空港で中国民航機が墜落。100人以上が死亡。

★ 5月23日、「核兵器廃絶と軍縮をすすめる東京行動」が代々木公園を中心に行われ40万人以上の人々が参加。

★ 6月5日、詩人の西脇順三郎氏が死去。88歳。

★ 6月6日、イスラエル群がレバノン南部に侵攻。

★ 6月8日、ロッキード事件全日空ルート公判。橋本登美三郎元運輸相に懲役2年6か月(執行猶予3年)、佐藤孝行元政務次官に懲役2年(執行猶予3年)を判決。

★ 6月9日、鈴木首相が第2回国連軍縮特別総会で日本の首相としては初めて演説。

★ 6月12日、ニューヨークで反核デモ。100万人以上が参加。

★ 6月14日、イギリス軍がフォークランド諸島を制圧。

★ 6月17日、フォークランド紛争敗北の責任をとってアルゼンチン、ガルチェリ大統領が辞任。

★ 6月23日、東北新幹線が開通。

★ 7月7月、憲法25条をめぐる堀木訴訟。最高裁は上告を棄却し堀木さん敗訴。

★ 7月7日、児童文学者、坪田譲治氏が死去。92歳。

★ 7月9日、ニューオリンズでパンアメリカン航空機が住宅街に墜落。乗員乗客143人と住民6人が死亡。

★ 7月16日、参議院全国区の改革を盛り込んだ公職選挙法改正案が賛成多数で可決。

★ 7月23日、九州西部で集中豪雨。長崎氏を中心に死者不明329人。長崎市では1時間に102ミリの雨量を記録する。

★ 8月8日、埼玉県警は陸上自衛隊朝霞駐屯地で自衛艦が殺された事件にかかわったとして滝田修こと竹本信弘を逮捕。

★ 9月3日、推理作家エラリー・クィーン氏が死去。76歳。

★ 9月5日、漫才師、中田ダイマル氏が死去。68歳。

★ 9月9日、自衛隊の憲法判断で注目された「長沼ナイキ基地訴訟」で最高裁は憲法判断を避け、訴えの利益が失われたと門前払い。

★ 9月13日、ニセ五千円札事件で犯人を逮捕。

★ 9月14日、レバノンの次期大統領ジェマイエル氏が爆弾テロで暗殺される。

★ 9月15日、モナコのグレース王妃が自動車事故で死去。52歳。

★ 9月22日、俳優の佐分利信氏が死去。73歳。

★ 10月8日、ポーランド国会は自主管理労組「連帯」を非合法化する法案を可決。

★ 10月12日、自民党、鈴木善幸総裁が辞意を表明。財政再建計画の失敗による。

★ 10月24日、総評が主催する「’82年反核・軍縮・平和のための大阪行動」が大阪城公園を中心に行われ、50万人が参加。

★ 10月26日、歌手、灰田勝彦さんが死去。71歳。

★ 10月28日、スペインの総選挙で社会労働党が勝利。約半世紀ぶりに左翼政権が成立した。

★ 11月10日、ソ連共産党書記長であるブレジネフ氏が死去。75歳。

★ 11月12日、ソ連共産党中央委員会は書記長にアンドロポフ政治局員兼書記を選出。

★ 11月14日、航空自衛隊「ブルーインパルス」が航空ショー中に墜落。パイロット1人が死亡。

★ 11月24日、自民党総裁選、予備選で中曽根氏が勝利する。

★ 11月27日、中曽根内閣が発足。

★ 12月8日、コメディアンの三波伸介氏が死去。52歳。

★ 12月29日、司会などを務めたロイ・ジェームズ氏が死去。53歳。 

★ わずか20数年前、世界はまだ米ソ冷戦の真っただ中だった。国内では田中派の支持を得て中曽根内閣が誕生。戦後政治の見直しが行われる。アメリカではレーガン大統領が「強いアメリカ」を目指し、イギリスでは「鉄の女」と呼ばれたサッチャー首相が改革を進める。フランスなどでは左翼政権が社会改革を進める。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加