じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

「教育日本一」宣言について

2008-04-30 13:26:46 | Weblog
★ 大阪府が「教育日本一」をめざして放課後学習を始めるという。

★ 平和で豊かな国を築くには、現下の政治経済改革と長期的な展望に立った教育改革が必須であると思う。しかし、教育というものは結果が見え難い。その上、手間、時間、カネがかかる。

★ 政治家としては教育の重要性はわかっていても、政策の優先順位が必ずしも高くないのはこうした背景からであろう。

★ にもかかわらず、教育への「想い」を具現化しようというのは、橋下大阪府知事の英断であると思う。

★ ただ、具体化するにはまだ多くの課題がありそうだ。放課後学習は先の教育再生会議でも提言されて、東京の和田中では藤原校長の下、「ドテラ」「夜スペ」として実施されている。大阪府はどのような構想で実施するのだろうか。

★ まず根本的な点は、知事の掲げる「日本一」という意味である。教育という営みは曖昧になりやすい。京都府の堀川高校が注目されたのは、結果を見えるカタチで示したことだ。

★ 文科省の学習調査の平均点をあげるなら、底上げと「対策」が必要だ。ただ調査のための「対策」=学習になるなら虚しいものになってしまう。

★ ブランド大学への進学者数をアピールするなら、「エリート」を集約し、塾・予備校のような対策を講じれば、結果は明らかであろう。

★ 次の課題は運営形態と予算である。計画では教員OBや学生を当てるというが、大阪府下で一斉に実施する場合、相当大がかりな計画になりそうだ。量と質をどう維持するのか。どう管理、運営するのかが大きな課題だ。計画では受講料は無料で指導員には1回2,000円程度の謝礼がでるという。1回2,000円でも数が大きいだけに巨費の支出になるが、一方指導員の方としてもこのような半ば「ボランティア」のカタチで継続的な指導ができるのか考慮が必要だ。

★ 和田中学では、地域が「夜スペ」を運営するカタチになっている。藤原校長が意図したことは学校がイニシアティブを発揮することによって、地域に動いてもらう、地域や家庭が活性化することによって、結果として学力の向上が実現できるという構図だったと思う。

★ 「上」からの一方的な押し付けではなく、単位学校(単位学校で難しいなら、中学区単位で)がどれだけ積極的に動くか、地域や家庭の前に、単位学校がどれだけ活性化するかが課題であろう。

★ 和田中は比較的小規模な学校だったと思う。学校規模の問題や教員のかかわりも課題である。学校の管理運営、連携といったことで教員の多忙さが一層深刻になることも予想される。

★ 官僚機構にありがりな「打上花火」に終わらないことを期待したい。

★ 蛇足ながら2つの提言をしたい。1つは中退率や授業料の未払いが大阪は多いと聞く。その背景には大阪の経済的な問題がある。一層の就学援助、奨学金制度の充実を望みたい。2つ目は、塾業界の人間だから言うのではないが、放課後教室という学校での学習ではなく、子どもを学校から開放することも大切なのではないか。例えば「教育チケット」を発行し、塾などの民間教育機関を活用する方法である。

★ 大阪の改革は他県の注目を集めることになるだろう。しっかり見守りたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖火リレーとお国柄

2008-04-29 23:16:56 | Weblog
★ チベット問題をめぐり大混乱の聖火リレーだったが、ベトナムを最後に国外でのパフォーマンスはなんとか終わったようだ。

★ 今回の聖火リレーではそれぞれのお国柄がでて面白かった。さすがに自由の国、フランス、イギリス。警備の油断もあったのだろうが、さまざまな自己主張が見られた。

★ アメリカや日本や韓国は結局は政府が中国を気遣って、抗議する人々を封じ込めたというところか。

★ 一方、北朝鮮はすごい。大通りの両側に並んでいつもの歓迎ムードだ。どう見ても自主的な歓迎には見えないが、画像を見ただけで「北朝鮮」とわかる。

★ それにしても中国のナショナリズムが高揚しているなぁと思った。体制側としては経済格差や政治への不満をナショナリズムによって外に発散させようとしているのだろうが、いつ暴発するかわからないね。

★ 経済的には資本主義、政治体制は共産党の一党独裁。下部構造と上部構造がごっちゃごちゃで、マルクスもびっくりと言ったところか。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内田朝雄著「いじめ学」の時代

2008-04-29 22:57:52 | Weblog
〈いじめ学〉の時代
内藤 朝雄
柏書房

このアイテムの詳細を見る


★ 「いじめ」という現象を記述する本は数多くあるが、「いじめ」の発生メカニズムに迫ったものは見かけない。この本はこのメカニズムの解明に挑戦した「いじめ学」の入門書である。

★ 本書の特色はまず、著者がなぜ「いじめ」研究をはじめたのか、自らの生い立ちを掘り下げている点である。両親との葛藤、管理教育との戦いなどリアルの描かれていた。

★ 私は著者とほぼ同じ世代だが、当時の京都の公立高校は愛知県とは大きく異なっていた。高校三原則(京都府は長期にわたり革新勢力が政権を握っていた)があり、とにかく「自由」を謳歌していた。もちろん大学への現役進学率は芳しくなく、京都の高校生がどうして地元の京都大学に行けないのかとよく批判されていたし、「一浪」は「ひとなみ」として浪人は当然のように考えられていた。

★ 高校は大学進学への予備校ではないといったムードがあった。

★ 教師も組合活動には活発だったが、管理教育には全く関心がないようだった。それで生徒に問題行動が多かったかといえば、決してそうではなかった。

★ もちろん京都府の公立高校の平均的なレベルが今よりは高く、小学区制(小学校ごとに行ける高校が決まっている)、総合制(普通科、商業科、家政科などが1つの学校に設置されている)の影響で勉強の得意なことそうでない子が1つの学校に共存していたということもある。

★ 府政が革新から自民党に変わり、また80年代の中学校が荒れた時代を経て、京都府の高校教育制度も大きく変わった。

★ 話は戻って、東郷高校の管理教育や封建時代の小役人のような教師達に怒りを覚えながらページを進めた。

★ いじめ発生のメカニズムは実に興味深かった。「世界がうまく開かれている」感覚の喪失→無限の生の腐食感=「欠如」→全能感の要請。表現は難しいがなんとなくわかるような気がする。

★ 学級に存在するヒエラルキーや「ノリ」が支配する環境も鋭い指摘だと思う。

★ 最後に処方箋を提示しているのもすごい。短期的解決策として提示された「暴力は法で裁け(警察の介入に躊躇するな)」はまったくその通りだと思うし、「学級制度を解体せよ」というのはとりわけ高校レベルではごく短期間で実行できるのではないだろうか。

★ 私が高校生時代は大学に模した形で、ホームルームはあったものの授業はほとんどが講座制だった。そして今の「単位制」高校よりももっと選択肢が多かった。

★ 警察の介入については、警察が民主的に運営されているといった前提だけは留保したいものだ。そうでないと学校にかわって警察によって管理される社会になってしまう。

★ 中長期的な展望については誰もがそれぞれの「カタチ」を想定できるだろう。脱学校も1つの方法だし、インターネットなど新しい技術が開発されるにともなって、「学校」自体が変わって当然だと思う。

★ 「いじめ」問題は、子どもの世界だけの問題ではない。封建社会、ムラ社会、全体主義、さまざまな時代背景の中で「いじめ」は展開されてきた。背後には人間の嫉妬や劣等感、優越感など根源的な心理があるのだろう。実に人間的な事象だとも言える。

★ 内田氏の「いじめの社会理論」を読み進めて、思考を深めたい。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民意発言

2008-04-29 11:39:41 | Weblog
★ 山口補選ショックが広がっている。ニュースを見ていると自民党の選挙対策の首脳が「(補選の結果は)民意じゃない」といった趣旨の発言をしていたが、全く選挙民をバカにした言い方だ。

★ 300選挙区のうちの1つの結果ではあるが、それはそれで民意には違いないし、最も新しい民意であろう。どうしても「民意」を確認したいなら、総選挙を行えば良いものを。

★ 先の発言は選挙対策の責任者として鬱憤があったのだろうか。

★ よけいなお世話だが、自民党がますます国民から遠ざかっていくように思える。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

本の個性

2008-04-28 12:37:24 | Weblog
★ 多読していると本にも個性があるのに改めて気づく。新書、文庫の類を中心に読んでいるが、島田紳助氏やみのもんた氏の本は実に読みやすい。いつもの語り口調で、言葉がわかりやすい。こうした本は著者の人生の厚みが勝負になる。とても個性的だ。

★ 対極をなすものが大学の先生が書いた本だ。論文を噛み砕いて説明されているのだが、「アカデミズム」からなかなか脱却できないらしく、その真面目さからか数字や引用が多くなる。実証や科学性、普遍性を重んじてなのだろう「脱個性」が個性である。こうした本は読む側にも構えが必要だ。

★ これに最近増えてきたのがジャーナリストによるもの。出版社側もさすがに大学の先生の文章ではセールスに影響があると見えてか、アカデミックな内容を更にわかりやすくしたものなどが見られる。

★ ルポ、ノンフェクションといった領域ではジャーナリストの文章が冴える。ただジャーナリストのジャーナリストたる所以は「現場にいる」であったり、目撃者、体験者であるということだろう。豊富なインタビューや取材に基づいて構成するもよい。ただ文献をまとめただけのレポートには閉口する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高齢者パワー

2008-04-28 10:42:41 | Weblog
★ 山口県の衆議院補選。保守の強い地盤だが、野党・民主党の候補が勝った。

★ 年金、道路、ガソリンなど争点はいろいろあったが、自民・公明の与党が推薦する候補者にとっては後期高齢者医療制度が致命傷となったようだ。

★ 高齢者パワー炸裂といったところか。これから益々増える高齢者。選挙に勝つには高齢者にアピールする政策をどう掲げるかが今後の大きな課題になりそうだ。

★ 「利・善・美」というのはどこかで聞いた価値観だが、「利」というもののインパクトは大きい。理念ばかりが高尚でも支持されないことが実証された。

★ 「道路、道路」と叫ぶ政治家と庶民との間の温度差も感じるし、内閣としては仕事はしているのに評価されないのは、首相のキャラクターの問題か。

★ 山口といえば安倍前総理のお膝元。福田総理も応援に駆けつけたが、負けてしまっては面目まるつぶれか。

★ 政変近しの様相だ。かつて村山氏を首班に、自社連立政権といった離れ業をやった自民党。政権にしがみつくためには、再び奇策があるかも知れないね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「休みたいなら辞めろ」発言

2008-04-27 23:50:22 | Weblog
★ 某会社社長が言ったという「休みたいなら辞めろ」発言が波紋を広げているという。

★ メーデーで連合会長が披露したことから話題になっているが、組合としては格好のネタを見つけたということだろう。

★ 社長の発言は乱暴ではあるけれど、民間の会社であることから、そこまで大きな問題ではないと思う。要は、この会社の従業員がこの会社で働き続けたいと思うかどうかだし、今後この会社への就職を希望する人は、この会社の社長はこういう考えをもった人だと理解した上で就職を決めれば良いことだ。働いただけ給料をもらえるという主張に賛同できる人が就職すればよいだろう。

★ 個別の労働条件については、労使で話し合って決めれば良いことだろう。もちろん法律違反はいけないが。

★ 不当な労働行為はいけないが、最近「勤勉」を正当に評価しない風潮がある。

★ 階級思想をベースとし、企業を搾取の装置と考えれば、労組側の闘争も理解できないわけではないが、労働(働くこと)はそれほどまでに「いやいや」することだろうか。「いやいや」ならそれこそ本当に辞めてしまい、自ら、あるいは何人か集まって起業でもすればよいものを。

★ 資本主義という社会システムの中で労働者が団結しその権利を守ることは大切だが、労働者=弱者といった構図は必ずしも当てはまらないのではないか。

★ 労働者といっても大企業と中小零細企業では大きな差がある。正規雇用と非正規雇用の格差も生まれているという。民間企業労働者と公務員の意識の差もあるのではないか。

★ 低成長下で労働者間でもパイの取り合いが起こっているようにも思える。ワークシェアといっても理念はともかくとして、誰でも給料が減ることは望まないだろう。

★ 古い言葉であるけれど「共通の敵」を見つけないとね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

硫化水素の恐怖

2008-04-26 11:11:26 | Weblog
★ 硫化水素自殺が広まっている。ネットやメディアを通じてこの新種の自殺法が普及してしまった。

★ 「混ぜるな危険」。何気なく見ていたこの表示だが、「危険」を求める人には逆効果だったようだ。

★ 硫化水素の恐ろしさは近隣の人々を巻き添えにすることだ。ご丁寧に「ガス発生中」と掲示されても、ガスはすき間をぬって拡散する。

★ サリンほども殺傷力はないとは言え、人命を奪う毒ガスだ。自殺のみならず犯罪にも使われるのではないかと危惧される。

★ 今のうちに対策を講じないと、やっかいなことになりそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖火リレーから

2008-04-26 11:01:56 | Weblog
★ 厳戒態勢の中で行われた聖火リレー。まるで幕府への献上品を運ぶ御一行だね。こうまでして聖火をリレーする意味はどこにあるのやら。隣国のメンツを保つのも大変だ。背後には大きな市場もある。

★ 「中国にチベット問題あり」と世界中にふれまわっていることが最大の貢献か。

★ 「内政干渉」をするつもりはないが、チベットの人々が虐待されているのならそれを見過ごすわけにもいかない。チベット人にもいろいろな主張があるのだろう。それはパレスチナやイラクでも同じだ。過激な行為はやめてほしいが、過激でないと世界にアピールしない。難しいところなのだろう。

★ 大国、多民族国家の苦労がわからないわけではないが、ジャーナリストを追い出し、世界の目から隔離したのはまずかった。

★ 前触れでつまずいた北京オリンピック。中国人のナショナリズムが一層高まる中、無事終えるコトができるのかいささか不安だ。便乗犯や目立ちたがりの横行も気になる。せめて、今やビジネスとなったスポーツの祭典を考えるよい機会にしたいものだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野村進著「千年、働いてきました」

2008-04-26 00:21:55 | Weblog
千年、働いてきました―老舗企業大国ニッポン (角川oneテーマ21)
野村 進
角川書店

このアイテムの詳細を見る


★ NHKテレビの「知るを楽しむ」を見て、老舗企業に興味をもった。企業の寿命はおよそ30年とも言われる中、50年、100年、そして1000年も継続する企業というものはすごい。

★ 政治体制が変わり、経済状況が変わり、技術が革新される中で生き残り続ける秘訣は何か、これが最も興味のあるところだった。

★ それについては事例研究(経営者へのインタビューなど)を通じて詳細に書かれている。私が注目したのは「コアミッション」という考えと「チャップリンのステッキ」という考えだった。

★ 企業を維持しようとすれば堅固な節操と時代にマッチしたアイデアが必要だと思った。これらによって蓄積された技術力が生かされるのである。

★ 考えさせられた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加