じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

大義なき解散

2017-09-17 13:01:35 | Weblog
☆ 安倍総理は臨時国会冒頭に衆議院を解散するようだ。

☆ 衆議院の解散は憲法第7条に天皇の国事行為として定められ、それは内閣の助言と承認により行われるのであるから、実質、内閣総理大臣の専権事項となっている。

☆ ただ、憲法第7条には「国民のために」とあるから、果たして今回の解散が国民のためになるのかどうか。

☆ はっきり言って、大義なき党利党略解散だ。臨時国会での論議があり、国論を分けるような争点があるなら総選挙も良かろう。今、そんな争点があるだろうか。(「モリカケ」問題や国会議員のスキャンダルぐらいだ。)

☆ 自民党が議席を守るための解散としか思えない。


☆ ただ、愚痴っていても仕方がない。

☆ 憲法改正への道が妥当かどうかが争点だとして、戦うより仕方がない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心のやりとり | トップ | 重松清「青い鳥」 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です! (どさんこじーじ)
2017-09-17 13:25:31
まったく同感です。
権力者の末期は、敵を作って、民衆の眼をそらす、といいますが、本当でした。
加計問題が下火になった今、北朝鮮のミサイルを出して、日米軍事同強化や憲法改悪、言論弾圧をめざすのでしょう。
マスコミはなめられていませんか?

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。