じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

「猟奇的な彼女」が好きだ

2017-08-20 22:13:59 | Weblog
☆ 韓国映画「猟奇的な彼女」は何度見てもその都度感動する。

☆ 主人公のキョヌはある夜、駅で酔っ払って電車にぶつかりそうになる女性を助ける。それが「彼女」との出会いだった。

☆ それからキョヌは彼女に振り回される。振り回されるも、だんだんお互いにひかれていく。しかし「彼女」は心に大きな傷を負っていた。

☆ やがて疎遠になる二人。大きな樹の下に手紙を埋め、時を置くことにしたが、それからがすれ違い。

☆ 離れれば恋しくなるのが世の常。そしてラストシーン。おもわずニヤリとしてしまうのだ。

☆ 脚本がうまいね。見事な構成だと思う。

☆ チョン・ジヒョン、かわいい。名曲「カノン」も美しい。


☆ 韓国映画と言えば、「シュリ」も良かった。愛してはいけない人を愛してしまった悲劇。せつないなぁ。水槽のシーンは日本映画「そのときは彼によろしく」を思い起こさせる。

☆ マイナーな映画だけれど「おばあちゃんの家」は良かった。小学生の主人公が田舎に住む耳の不自由な祖母と過ごす日々が描かれていた。おばあちゃんの愛情がじわじわと伝わってくる。

☆ 「シルミド」は考えさせられるなぁ。実話に基づく映画。韓国政府によって金日成暗殺のために集められた部隊が、政策の変更によって切り捨てられる話。彼らはやがて暴発する。最後の銃撃戦はすごい。

☆ 「ブラザーフット」も印象に残っている。戦闘シーンがすごかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「あの日見た花の名前を僕た... | トップ | 9回の攻防 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。