じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

拈華微笑から

2017-07-17 11:12:28 | Weblog
☆ 美しい響きのある熟語だが、仏教の悟りは、文字で伝わるものではないということを表すそうだ。

☆ ある時、お釈迦さんが手に持っていた花をひねった。それが何を意味するのか周りにいた人々にはわからなかったが、迦葉というお弟子さんだけが、意味するところを悟って微笑んだというエピソード。

☆ このエピソード自体は後世につくられたらしいが、仏教の学び方がよく示されている。

☆ 難解難入と言われる悟りの境地。仏教では文献研究など形のあるものから学ぶ「教相」と自身の内側を観察することによって直接アプローチする「観心」という方法があるという。

☆ いくら文献研究をしても、最後はインスぺレーションの一撃が必要と言うことだろうか。そのあたりが宗教の宗教たるゆえんであろうが、疑い続けて真相に迫る哲学と、信じることによって真相に入る宗教との違いであろう。

☆ 哲学は思索すればするほど深淵に入り込み、苦悩は増えそうだ。哲学の原語はフィロソフィ(知を愛す)だから、愛することだけで満足すればよいのかも知れないが、より深く考えてしまうのが人間の煩悩。

☆ 救いを求めたければ、法(あるいは仏)に「南無(帰依)」するのが良さそうだが、信じようと思っても信じきれないのが凡夫の悲しさか。

☆ 以心伝心の仏教。「はじめ言葉ありき」のキリスト教(あるいは西洋思想)との大きな違いなのだろうか。また煩悩が騒ぐ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「太平記」を見る | トップ | 「老婆の休日」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。